おやつを賢く食べてやせられるか?実験開始。

最近買ったみた本
「太らない間食」管理栄養士 足立香代子
最近図書館から借りてきた本
「おやつで痩せる」安中千絵

どちらもおやつはを食べてもいいよ、というスタンス。
でも賢くね・・・。

流行に敏感な方ならヘルシースナッキングなんて言葉を知っているかも?

欧米のセレブの間で流行っているらしい。

おやつを食べないで、夕食までの時間をガマンするなら、栄養のあるおやつを少し食べて、空腹を満たせば
自然と夕食のバカ食いをしなくなるらしい・・・。

もちろんポテチのバカ食いや、チョコレートのバカ食いなんてしたらアウト。

栄養の補給になるようビタミンCの入ったフルーツ(キウイがおすすめだそうな・・・)、カルシウムの補給になるヨーグルトやチーズや小魚、鉄分を補給できるプルーンやレーズン、マグネシウムや亜鉛の補給のためにナッツ類などなど。

普段の食事で不足している栄養素をおやつで補おう、という考え方。

実はこれ、幼児の食事の摂り方と共通している。

幼児は3回の食事では十分な栄養を摂ることができないので、その不足分を補給する意味で、おやつを摂るのです。

おやつも1回の食事ととらえて「はやね はやおき 4回食」婦人之友社発行 という本もあります。

よぉ~し、私もチャレンジするぞ~。

っていうか、今までも十分すぎるくらいおやつを食べていましたけど。
もちろん痩せることなんてなかったけど。

一応、昼食から6時間後ほどで夕食を食べることができる人はおやつを摂らなくてもいい、とは書いてありましたが、でもやっぱり4時くらいになると小腹がすくので、食べてもよいとされているものを選んで、罪悪感をもつことなく食べることにしました。

ただし、適量でやめる。(でもそれができない・・・)

不足している栄養素を食べているんだという認識でおやつを食べるようにしようと思います。