ついに夫の扶養から外れたぞ。案外手続きは簡単だった・・・。

ついに扶養から外れた

4月からメインパートの職場で厚生年金に加入させてもらい、おまけに健康保険にも入れてもらいました。
この間、自分がしたことはメイン職場の係りの人に年金手帳を持っていっただけ。
(この時期、大変お忙しいのに、しがないパートのためにお手数をおかけして、本当に申し訳ない・・・)

保険証が手元に届いたら次は?

保険証が無事手元に届いたので、次は夫さんにお願いして、夫さんが会社で書類を1枚書かなくてはいけないらしい・・・。(昨日お願いした)
実はこっちの方が面倒だったりする。(我が家の夫さんの場合)

なにしろこの4月から、元の会社に籍を残したまま出向になり、現在の職場が元の職場と結構、離れているもので、書類を書くためには、わざわざ元の職場へ出向かなくてはならないので。(ホント、ご面倒をおかけいたしますと・・・丁重にお願いいたしました)

私は何もしなくてよかった

というわけで、私自身の手続きはおどろくほど簡単だった、というオチ。
そう、本当に、年金手帳を持っていっただけ。
ここ数ヶ月、なにをビクビクしていたのだろうか・・・。

夫の扶養から外れて、妻自身の職場の社会保険に入る、という手続きは本人自身のすることは手帳を持っていくだけ。
ここのところをお手軽さをもっとアピールした方がいいです。
ほんとうにビックリするくらい、簡単です。

扶養って嫌なひびき

晴れて、夫さんの扶養から外れ、なんだかとっても晴れ晴れとした気分。
扶養されている、といことはたとえ、パートで収入を得ていたとしても、夫>妻の身分は変わらないわけで。
もちろん、これからも収入金額から考えると夫>妻に変化はないのだけれど、この「扶養」という「養ってやっている」という上から目線の言葉からは解放されました。

夢のようなあのセリフは・・・

思えば、夫さんは結婚当初、「専業主婦でいいよ、○○には好きなことをやっていてほしい」とおっしゃっておられました。
実際、子育て期間中は専業主婦の期間もありましたけど。

本当にそれができるなら=将来的にも全く困らない収入が確保されている、保障されているならばうれしいことだけど、現実はそうはいかなかったです。
3人の子どもたちにかかるであろう教育費のことを考えると、悠長に専業主婦なってやってられません。
おまけにいつ何時、会社を突然やめてくるかもしれない、やる気のない夫なのですから。
いまから考えると、よくもまあ、そんなことが言えたもんだと思いますが。

と、いうわけで、一刻でもはやく、働けるうちに働いた方がいい、という結論に至りました。

幸い、我が家の地域は田舎なので、保育所の待機児童なんてゼロ、むしろいつでもウェルカムですから、保育所問題もなく、すんなり働くことができましたけどね。