やっぱりホリエモンはすごい!これからの生き方はかくあるべき。

堀江貴文著 すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 を読んだ。

一応、本業は、学校関係の臨時職員をしているのですが、
これからの時代の学校の在り方に非常に興味があったので、読んでみました。

これからの時代、学校なんて、本当に必要なのだろうか?
と素朴な疑問を持ちつつも、学校関係の仕事についていますが。

自ら、勉強をしようと思ったら、ネットを活用していつでも、どこでも勉強ができる時代。
学校へ行って、先生の話をおとなしく聞いて・・・
なんてことをしなくても自分が学びたいことはいくらでも学べる。

学校へ行きたくないと思ったら、行くことをやめて、いくらでも自分で学べばいいのに、そうしようとしない不登校の生徒たち。

勉強することが嫌いなのに、周りの人たちが行くから、高校へ行ってみたいからなどと不純な動機で高校へ進学してしまう子どもたち。

いったい、そこで何をしたいの?と大人からしたら疑問に思いますが。

学校へ行きたくないなら自分で道を探せばいい。

学校という場所のおかしさに気づいている鋭い感覚をもった不登校の生徒の子どもたち。

そのまっとうな感覚を信じて、次の一歩を踏み出してほしい。

以下本文より引用
今を生きる人たちが向かうべき課題は、「いかにいい大学に入るか」ではなく、「いかに自分だけの幸福を見つけ、追求するか」なのである。
(中略)
何のため何をするのか、どんな風にするのか、すべてを自分で決め、自ら責任を負いながら突き進む力。新しい時代を楽しく生きるために必須のこの能力を、僕はシンプルに「没頭する力」と呼んでいる。
引用終わり

学校が嫌い、将来は○○になりたい、なんて言いながら自分からは何もしない子どもたち。

どうやったら夢に近づけるのか自分でいくらでも調べられるのに。

「没頭する力」を次へつなげていけばいい。

以下はとっても共感できた部分。

以下引用
おそらく今後、かつて絶対に不可欠なものとされてきた共同体の多くが解体されていくだろう。国民国家しかり、会社しかり、学校しかり、さらには家庭しかりだ。
それぞれぼんやりとした形は残しながら、もっとゆるやかでフレキシブルな、集合と離散を繰り返す共同体になっていくと僕は考える。
理由は簡単だ。閉じた共同体なんて、もう時代に合っていないのだ。
僕は、こうした閉じた共同体こそがいじめの温床であり、あらゆるトラブルの元だと考えている。家だの教室だのオフィスだの、狭い閉塞空間にいつも同じ顔触れが揃って日常を共有していれば、関係が歪んでくるのは当然のことだ。
引用終わり

家庭も解体されていくのか。
早くそんな日がおとずれてほしい。

夫と妻なんて共同体は必要ない。
必要なのはほんの一瞬だけだ。
そんな一瞬もなくてもいいけど。

父と子もしくは母と子という共同体は必要かもしれないけど。

父と母と子なんていう共同体はなくてもやっていける。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村