パートでも厚生年金に加入できるらしいけど、健康保険はどうなるの?

祝・12年ぶりに厚生年金に加入できるかも

どうやら4月から厚生年金に加入できるようです。
年金手帳を持ってきて下さい、と言われました。

そして、はたと気づく。
あれ?健康保険はどうなるの?と。

そしてあわてて、ネットで検索する。

どうやら世間一般では、厚生年金と健康保険はセットで加入らしい・・・と知る。
(私の中での勝手な解釈で私の場合は、国民健康保険に入るもの、とばかり思っていたのだけど・・・どうやら世間一般では違うらしい・・・)

でも。健康保険に関しては何にも言われていない。(役所関係の臨時の仕事なので、普通の会社と違うしね・・・)
むしろこっちの方が手続きがやっかいなのに。

夫さんの会社に申し出なくてはならないから。
(夫さんの会社からは130万円を超えそうな時点でよい、とは言われていますが・・)

もやもやしてきました。


非正規は諸手続きが大変

正社員・正規の職員でないって大変。
心配事多すぎ。
そして面倒なことが多々ある。

担当の職員さんも今時期、忙しいだろうから、ほんとはサクッと電話で聞いてみればいいのだけれど、聞くに聞けない。

女性に働け!という割に、手続きの面倒くささはちっとも変っていない。

年金も一元化したんだから、健康保険も一元化すりゃいいのに。

働く会社によって、健康保険組合が違うって・・・。

面倒なシステムですね。

昔と違って、終身雇用も崩れてきて、生涯変わらずひとつの会社で勤めあげるひとなんて、稀になってきているのだから、そろそろこの健康保険組合も機能しなくなってきているのでは?

全員、国民健康保険でいいでしょ。

一元化してくれれば、手続きも簡単だろうに・・・。

マイナンバーがちっとも役に立っていない。

正社員・正規職員には有利で便利なシステムも、逆を考えると、そうでない人たちにとってはやっかいなものでしかない。

所得税、雇用保険、健康保険、厚生年金それぞれ収入条件が違うっておかしいでしょ。

もう、一律、収入に対して何%ってすべて決めてきまえばいいのに。(累進にして)

何万以下なら、ゼロで、何万以上なら払わなくてはならないっていう考え方がおかしい。

すべて、働く人は所得税、雇用保険、健康保険、厚生年金などなど全部払うということにして。

誰かを優遇(かつては専業主婦と呼ばれていた人たち)しようとするからおかしなことになるのです。

もう、専業主婦なんて消えつつあるのだから、早くもろもろの制度自体も変えてほしいものです。

それにしても世代間格差がありすぎ

現在の75歳以上の人たちの優雅な生活と言ったら・・・(公務員や大企業だった人たち限定ですけど)
年金もびっくりするくらいもらっていますよ。

どんなに世の中がひっくり返っても、自分たちはそんなにもらえないことがわかっていますから。
うらやましい限りです。

でもだからこそ、働ける今のうちに自分年金作りをしているのだけれど。

ひそかな野望を実現するために・・・。