自分を許そう。あらゆる自分をまるごと受け入れたい。

ここ数ヶ月で、自分に対する理解が一気に進んだ。

幼少期において、母から愛情を受けることが恐らくできていなかった、ということがわかった。

それゆえに、自分、という存在を自分自身で受け入れることができていない=自分を愛することができない、ということもわかった。

ゆえに、人を愛することができない。

誰とも親密な関係を築くことができない。

母を恨んだり、父を恨んだり、夫を無視したり。

そんなことをいつまでも続けていても大元の、自分を自分で受け入れることをしないと、何にも前へ進まない、ということもわかった。

自分で自分にダメ出しをしていたら、いつまでたっても私がかわいそうじゃないか。

もうそろそろ、私が私にそのままの私でいいんだよ、と言ってあげたい。

人に気に入られるように、無理に自分を偽って生きるのは、もうやめにしよう。

自分で自分にウソをつき続けるのは、やめにしよう。

自分の心が拒否するものは、拒否しよう。

一度に全部はできないけれど、少しずつ私の本当のきもちを表現できるようになってきた。

今までの私とは、明らかに違う。

あのとき、母に向かって本当に言いたかったこと、あのとき、父に向かって本当に言いたかったこと、あのとき、夫に向かって本当に言いたかったこと。

全部、言えずに心の奥底に押し込めたままだ。

はっきりと言うことが出来なかった私は、それを言ってしまうと、相手から拒絶されてしまうかもしれない、という恐怖があったから言うことが出来なかったんだ、ということもわかった。

でももう恐れることは、ない。

本当の私を出して、私の目の前から消えてしまう人なんて、私はいらない。

本当の私を受け入れてくれる人だけでいい。

ウソ偽りのない私を受け入れてくれる人に出会いたい。

ただそれだけで、いい。