視力を失わない生き方/日本の眼科医療は間違いだらけ 深作秀春著を読んでみた


有名な先生なのね・・・

2016年12月に発行。光文社新書。定価864円。
私はテレビでは見たことがなかったですが、よくテレビにも出ていらっしゃる先生のようです。
近いところでは2018年1月22日にもテレビ出演される、とホームページにも掲載されていました。
日本の眼科医療の向上を目指して励んでおられる方のようです。

気になる方はこちらから。楽天へつながります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ [ 深作秀春 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/1/18時点)

はじめににすべてが集約されている

こちらの本は「はじめに」だけで、13ページもある。ここを読むだけでも価値があります。

ざっくりいうと、日本の眼科医療に関する問題点が記述されています。
大学病院という名前だけを信用してはならないこと。
それよりも手術の腕を信用しなさいと。
そうしないと目が大変なことになりますよ、と。
そうはいっても、遠方からこちらの先生の病院へ行けるわけでもなく、いったいどうしたらいいのだろうか?と途方に暮れてしまいました。

残念ながら、全国のおすすめする眼科などの情報は掲載されておらず、身近なところで眼科の手術を受けたい場合は、やはり町医者よりも結局は大きな病院へ行ってしまうのではなかろうかと思いました。

一番の願いは、この本を読んだ眼科医が、自身の腕の未熟さを自覚し、鍛錬を重ねることしか救う道はないのだろう、と思いました。

身近な人で白内障の手術を受けた人がいるのですが、手術をした後も、目の見え方が一向に良くはならず、その後も何度も入院や通院を繰り返したりしている人がいるので、やはり手術をする眼科医によって、その後の見え方に差が出るものなのだな、と思わされます。

一応、この方は私の住んでいる地域では、腕のいい眼科医で名が通っている眼科医のもとで手術を受けられたのですけどね。

私自身はまだ40代なので目の不都合はないのですが(近視だけど)、今後お世話になることになるので、知識として頭の中に入れておきたいと思い読んでみた次第です。

糖質制限は目にもいい

こちらの本の最後には糖尿病性網膜症の治療と糖質制限についても書かれています。
私が現在取り組んでいる糖質制限は目にもいいことなのだ、と気づかされました。

とりあえず、今のところ自分自身で感じる大きな不都合はないのだけれど、一度予約して目を徹底的に看てもらいたいな、と思いました。

横浜か六本木まで行かないと無理だけれど・・・。
おそらく初診の予約もなかなか取れないでしょうけど・・・。


麹で菌活生活始めませんか?
腸内環境が整います。


アマゾンでチェックしたい方はこちらからどうぞ。
Amazon.co.jp(アマゾン)

ヤフーでチェックしたい方はこちらからどうぞ。
Yahoo!ショッピング

いま話題の人?に会える??
東京へ行ったら行ってみよう!


小さなお子さんにはこちらもおすすめ。