貧乏くじを引かされているアラフォー世代、どうにかならないの?


どうにかしてよ、アラフォー世代を

12月14日(木)のNHKクローズアップ現代+より
テーマは「アラフォー・クライシス」

私自身はまさにその世代(1974年生まれ)
一浪して、大学入学なので、1994年入学、1998年卒業。

教員採用試験に落ち、もう一度チャレンジしようかと思ったけれど、受かるかどうかもわからないし、1年間何もしないことにも耐えられず(っていううか、教員には向いていない=自分自身に自信もない、ということに気づき)、第2新卒でも採用してくれた地元中小企業(飲食店=ブラック)に就職。すでにこのとき母子家庭になっていたので、早く職に就きたい、という気持ちもあった・・・。

番組では調査より35歳から44歳の世代の給与が5年前の調査時より比べて、23000円も下がっているこに言及。

そう、この世代は就職超氷河期世代ですから・・・。

大学を卒業する時点で一流企業に就職できた人なんて、ほんの一握りだった世代です。

そうなると、行き先は中小企業へ=給与が少ない。
おまけに、事務職は派遣で・・なんてことが始まった時代です。
女性にも厳しい時代だったのです。

本当に切なくなる時代を必死に生きてきた世代なのです。

だから、少し上のバブリー世代を間近でみていると、本当に腹が立ってきます。

1963年生まれの夫さん→ほぼほぼ公務員みたいな団体職員ですけど、私からしたらビックリするような給料をもらっているくせに、常に仕事辞めたい病に取りつかれている・・・。その仕事私が代わりに就きたいくらいですけど・・・。アラフォー世代を目の前にして、そんな泣き言いうものではありません。

1958年生まれの専業主婦さん→夫さんは某一流企業にお勤めだったゆえ、一度も企業で働いたこともないらしい・・・。それでも生活していけるってスゴイ・・・。

8020じゃなくて、7040

そして、そして、今現在直面し始めたのが、「7040」問題。

そう、この世代の親が70代に突入し始めたのです。
ということはこの先介護が発生する可能性大。

私の実父は1945年生まれですけど、すでに要支援2。
時代を先ゆく父です。
そのすったもんだの騒動は違うブログにのせていますけどね。

しかも両親は離婚しているので、またまたやっかい。

幸い、私には兄がいますので、最悪母も父もとなった場合はそれぞれで面倒を見ることができますけど。
そうならないことを願います。

解決策を見ていて、悲しくなった

東京都ではこの世代への就労支援として3か月間の長期に及ぶ職業訓練を行っているそうな・・・。
企業内で獲得することができなかったスキルを身につけ、正社員として就職できることを目指すそうな・・。

その紹介映像で、パワポを使ってプレゼン資料を作っている場面があったのですが、その資料の問題点を指摘してるのが、明らかに下の世代の方で・・・=その研修会の講師なのでしょうけど。

この先就職できたら往々にしてよくある状況ですから、そんな場面に遭遇することは想定しておかねばならないとは思いますが、そういうことに耐えられるメンタルでないと無理でしょう・・・とは思いました。

でも、この世代はそんな時代背景もあり、自己肯定感が低い世代ですから、メンタルも弱かったりするのですが。

厚生労働省のお偉方も登場していましたけど、まるで他人事のような返答。
お偉方には全くわからないでしょうね、この世代の気持ちなんて・・・。

本来なら企業から支給される住宅手当を支給する、なんて案もありましたが・・。

結局は自分でなんとかするしかないと思わされました。

楽天でお得なキャンペーンやっています。
楽天を利用したことのないお方はぜひこの機会に。