40代パート主婦・3人子持ち、時間調べをやってみた結果



時間調べとは?

とある某団体に属しておりまして、5年に一度の「時間調べ」というものをやってみました。
かれこれ、この団体には15年ほど属しておりますので、今回でおそらく3度目?の時間調べでした。(記憶が定かではない)
調査の仕方は1週間の生活時間を調べる、というもの。

時間の分け方は次の通り。

生理的時間として、①睡眠時間、②食事の時間、③身のまわり(身支度、入浴など)

家事の時間として、④食(調理、配膳、片付けなど)、⑤衣(洗濯、アイロンなど)、⑥住(掃除、片付け、ゴミ出し、庭の手入れなど)⑦その他(買いもの、生協や通販の注文、家計簿記帳など)

⑧子ども(子どもの世話、相手、付き添いなど)

⑨家族(子ども以外の家族との関わり、同居でなくても)

⑩職業

社会的活動として⑪この時間調べを行っている団体に関する時間

同じく社会的活動として⑫その他(役員、団体への関わりなど)

⑬交際

⑭文化的なこと、娯楽(テレビ、新聞、読書、スポーツなど)

以上14項目に分けて、どのように時間を過ごしているかを1週間調べたのです。

それぞれの項目の1週間を合計して、平均を出した数字です。

時間調べの結果

結果発表

①睡眠時間・・・450分(7.5時間)・・まあまあよく眠れている、と思います。本当はもう少し寝たい。

②食事時間・・・43分(1日合計デス・・・)・・意外と食事に時間をかけていません。テレビを見ながら食べていることが多いので、例えば、食事時間が20分でも、このような場合は食事10分、テレビ10分などのように分けて記録していくので、意外に食事時間が短くなります。

③身のまわりの時間・・・41分(化粧や、身支度、入浴にそんなに時間をかけていないので、こんなものです)

いよいよ気になる家事の時間(トータルでは251分・4時間ほど)
④食・・・166分(2.7時間)・・・作るのも、片づけるのもやっぱりかなりの時間がかかります。家事の中では一番しんどく感じますね。惣菜やレトルトで済ませても、片付けは発生するからね・・・。

⑤衣・・・23分・・・洗濯ものを干して、たたむ時間です。タンスへ入れる作業は家族の各自にやってもらいます。(そのまま放置されていることも多々ありますが・・・自分もついついそうしちゃうけど)

⑥住・・・24分・・・掃除機は1週間に2回ほどしかかけていません。この調べをした週は庭の草むしりを少々したので、少し時間が多くなっています。最低限の掃除しかしていません。

⑦その他の家事時間・・・38分・・・5月分の家計簿の月末締めの作業をしたので少し多くなっています。買いものは週末に行くのと、週1回の生協です。買い物へ行って、帰ってきて、冷蔵庫へ収納するのも意外と重労働です。毎週のことですから。

⑧子ども・・・46分・・・おそらく5年前の前回の時間調べでは、末子がまだ3歳だったので、この時間はもっともっと多かったハズ。現在は末子は小学3年生なので、だいぶ子どもにかかる時間は減りました。

⑨家族・・・4分・・・基本、夫さんとは絶賛家庭内別居中ですので、会話・関わりなしです。たまたま実母より電話がかかってきたので、多少この時間があった、ということです。

⓾職業・・・406分(1日平均6.7時間)・・・月~金は7.5時間、土日は3時間ほどのアルバイトをしています。

⑪、⑫の社会的活動はこの調べの集計をするのに使った30分のみ。

⑬交際・・・0分

⑭文化的なこと・娯楽・・・169分(2.8時間)・・・主にテレビやネット視聴、ウォーキングの時間です。

夫さんの家事時間は?

ちなみに夫さんの家事時間をざっと計算すると、
毎日しているのは、夕食後の自分の分の皿洗い、皿ふき、片付け。それから風呂の浴槽を洗う。
週に一度するのは、金曜日の夜だけ、洗濯ものをを干す。

どんなにざっくり計算しても、1日換算で30分に満たないでしょう・・・。

妻4時間に対し、ボンクラ夫30分。

調べを進めていくうちに、だんだんとはらわたが煮えくりかえってきましたよ・・・。

この時間調べで全国的にこっそりと夫さんの家事時間も調べてみればいいのに・・・と妙案が浮かびました。
まあ、この時間調べを行っている団体は長きにわたり、主に専業主婦の集まりの団体だったわけですから、そんな発想自体出てこないとは思いますが・・・。

先々のことを考えて、ある程度のお金を稼ぐためには、職業の時間をこれ以上減らしたくはないのです。
だから、このまま頑張るしかない・・・。

本当にわが夫さんは、家の中がどんなに汚くなっていようとも、文句は言ってはこないのですが、そうかといって、自ら進んで掃除をしようとか、家の中をきれいに整えよう。とかいう発想は全く生まれてこないらしく、ほこりが目に付こうが、髪の毛が落ちていようが、拾おうともしません。

本当に、この感覚というか、神経というかが理解できません。

あぶない、あぶない、いつものごとく夫さんへの愚痴コーナーになってしまいました・・・。

最近の雑誌なんかでは、夫さんに家事をやってもらうために、やんわりとお願いする方法とか載っていますけど、そもそもなんで、こっちから(妻側から)お願いしないといけないのだ?、という次元です。私が考えるのは・・・。気づけよ。フツーに・・・。このほこりが目に入らぬか・・・?という次元です。

同じく、トイレットペーパーなかったら補充しろよ・・・です。フツーに。

私が家の中でやっていることを列挙していったら、いったいいくつになるんだろう?とふと思い浮かびました。

きっと夫さんなんて、その百分の一もしてないでしょうね。

千分の一も怪しいかも?

なにもしないなら、なにもするつもりもないなら本当に邪魔だから。いるだけで。

そこまでの感覚になっちゃってますから。こっちは。