ブクマ!の運営会社が変わったLabit→トリスタへ

これからどうなる?

どうやら本専用のフリマアプリ「ブクマ!」を立ち上げた鶴田浩之氏は2017年7月にメルカリの子会社である「ソウゾウ」へ行かれたようです。個人ブログで発表されています。「ソウゾウ」はブランド品専用の「メゾンズ」や「メルチャリ」を運営している会社だそうな・・。鶴田氏は本が好きだから「ブクマ!」を立ち上げたのに、全然関係のない分野のお仕事で納得されているのかしら?どうせなら「メルカリ カウル」に関わってほしいですけどね。「ブクマ!」ファンとしては。

「ブクマ!」は本についているバーコードをスマホにかざすだけで、出品できてしまう超簡単なフリマアプリですけど、その後メルカリでも同様に「メルカリ カウル」ができて、ブクマ!は大丈夫かな?なんて心配していたのですが・・・。全然関係者でもないけど。ブクマ!のコンセプト自体はとっても好きなので。それは以前に鶴田氏のブログで読んだのですけど。

ブクマ!は確実に本好きな人の集まりのような気がする。でもあんまり売れないけど。
やっぱりメルカリには勝てないよね・・・。
出品数も売れ方も全然違うし。

買いたいな、と思ってその方が出品されている他の本のラインナップを見ると、自分も読んだことのある本がいくつかあったりすると、なんだか興味・関心が似ているのかしら?なんて思ってひとりうれしくなっている自分です。

自分と考え方が似ている人がこの世の中にいる、と思えるだけでもなんだかうれしくなってしまうのは私だけ?

そのうち、ブログとメルカリが連動できて、こんな商品を出品したからメルカリ見に来てね、なんて宣伝できるシステムができればいいのですけね。

まあ、自分で告知すれば今でもできるのでしょうけど。


変わってしまったメルカリ

それはそうと、メルカリの画面がアップデートして使いづらくなって残念。
今までは新出品されたものがトップ画面だったけど、今は「おすすめ」が出てきてすごい嫌なのですけど。

いったい何をもっておすすめなんでしょう?
おそらく以前に検索したものや、いいね、したものからなのでしょうけど、それは少し前の興味であって、今は違うかもしれないのに・・・・。
余計なお世話というものです。

全出品がみられるようなっていた、以前の仕様に戻してほしいです。
もしくは自分の選択した複数のカテゴリーだけの全出品を見られるようにしてほしいです。
こっちの方がいいか。
どう考えてもメルカリで買おうとも思わないカテゴリーのものは、明らかに除外できるようにしてほしい。

ちなみに「トリスタ」は読書メーターを運営している会社です。
私は読書メーターは全く使ったことがないので、わかりませんが。