「<喧嘩とセックス>夫婦のお作法」おおたとしまさ著を読んでみた

帯には・・・セックスレス、産後クライシス、家事ハラ、夫婦喧嘩を乗り越える
それでもうまくいく夫婦はどこがちがうのか?とあります。

タイトルや帯につられて買ってはみたけれど・・・

読んでいてだんだんと辛くなってきました。
我が家の夫さんに、本に書かれていることを認識していただくことは程遠いな・・・と感じてしまって。

我が家の問題解決には全く役にたたなかったな・・・
結局は問題だと認識している方はどうしたらいいだろうか?と思い悩むけど
問題だ、と認識していない側は何にも行動を起こさない、ということで・・・・
どんな本を読んでも一向に問題の解決には向かわない(我が家の場合に限った話ですが)

今さら、本気でぶつかるのも面倒くさいので、すべてを回避している自分です。
ぶっちゃけ、夫さんも問題を回避するタイプの人間ですので、
結局問題は発生しているのにお互いが回避しているだけ。

何も問題は解決しない。

まあ、私は別にそれでいいけど。
いまに始まったことではないから。
考えてみると初めからおかしかったのだ、私たち夫婦は。
おかしくないように、私がだいぶ頑張ったけど、もう頑張るのも疲れてしまった、ということで。

社会的、世間的に夫婦を演じなくてはならない場面に出くわすと、違和感がありすぎてつらくなりますが、
そんな事態は年に数回なので、我慢しています。

ちなみに今日がまさにその日ですけどね=子供たちの運動会

お昼ご飯を皆でいっしょに食べなくてはならない。
大変苦痛です。

ふつうは、運動会のお弁当を作ることの方が苦痛に感じるかとは思いますが、私の場合は、5人分のお弁当を作ることよりも5人で一緒に昼食を食べなくてはならないことの方が苦痛です。(どんだけ、夫さんといっしょにいたくないんだって・・・)こういう気持ちは同じ悩みを抱えている人にしかわからないだろうな・・・。

もう、本当に同じ時を共有すること自体が苦痛なので、極力回避しているのですけどね。
外食なんて家族で行かないし。

夫さんの実家へ行くことも苦痛。
うまくいっている夫婦を演じなくてはなりませんからね。

そのうち私の心は病気になってしまうかもしれませんね。
でも私は、夫ごときのために自分の心を病んだりは絶対にしないぞ。
くやしいじゃないか、私は悪くないのに。

世にいう「夫源病」ってやつですね。
これは、定年退職後の夫が原因でなるものらしいですけど、
我が家ではもうすでに発生していますから。

楽天より。

同じく楽天より。

「内向型人間のすごい力」スーザン・ケイン著を読んでみた。

気軽に本が買えるってすばらしい

「メルカリ」、「メルカリ カウル」、「ブクマ!」、「ラクマ」に登録しているおかげで、
わざわざ書店や某古本屋さんへ行かなくても気軽に本を買えるおかげで
明らかに本を買うハードルが下がっています。
だって、読んでしまえばまたフリマアプリで売れるもの・・・。
某古本屋でバカみたいな値段で買取をお願いするよりかよっぽどいいですよ・・・。

内向型人間でなにがわるい?

最近買った古本
「内向型人間のすごい力」スーザン・ケイン著 講談社+α文庫 定価840円+税
ちなみに「ブクマ!」で726円で購入。
かつて新聞か何かで紹介されて、読んでみたいなぁ~と手帳に書き留めていたのだけれど、その後すっかり書いたこと自体も忘れていて、最近再びその手帳に書いていたところを目にして、さっそくフリマアプリで検索してみた次第です。

実はこの本は2013年に講談社から出版された「内向型人間の時代ー社会を変える静かな人の力」を文庫化した書籍です。

私が長年抱いてきた違和感を見事に明らかにしてくれています。
自分は内向型だな、と自覚しながらもそうであってはいけないと、ずっとちがう仮面をかぶってきたけれど、この本を読んで、内向型でもいいんだな、とはじめて自分を肯定できました。

内向型であってもいんだよ~というメッセージをもっと広く発信すべきと思いました。

こういう認識が社会全体に広がれば、就活で苦しむ学生も減るのでは?と思います。

社会に望まれる人間は明るく、社交的な人ばかりではないはず。
また、そんな人だけが人生において成功できるわけもない。
そろそろ、そういう過剰なポジティブシンキングをやめるときなのではないかと思います。

でも今の就活ではそういう人間を装わなければ採用してもらえませんからね・・。

なんか人生の初期の段階で自分を偽らなければならないってすごい罪悪感ですよ。
そしてまた、内向型の人間はそういうことを過剰に気にしてしまいますから・・・・。

赤ちゃんに対する実験

未知の体験に対して泣いたり、足をばたつかせたりして反応する「高反応」の赤ちゃんは一見、社交的と思われがちだが、実は逆で、将来内向的になる。一方、未知の体験に対して、反応が薄い「低反応」の赤ちゃんは、一見、もの静かで内向的かと思われがちだが、実は逆で、将来「外交的」になるそうな・・・・。
なぜなら刺激に対して強く反応するか、あまり反応しないかの違いだから。刺激に対して反応しない=何事にも動じない神経系だから。
へ~と妙に納得。
「高反応」ゆえにいろいろと察知してしまってむしろ消極的になってしまうのか。
危険を察知して回避しているとも言えるけど。

我が子たちを振り返ると・・・

長女は赤ちゃんのときはかなりの、高反応タイプ。
小6の現在は、どちらかといえば内向的。
実験の通り。

次女は赤ちゃんのときはかなりの低反応タイプ。
小3の現在は、全く外交的ではありません。むしろ内向的。
でも、次女を慕ってくれる友達は多いそうな。(担任の先生談)
=人あたりがとってもいい。だれからも好かれるタイプ。争い事など大嫌い。
実験結果の通りではないような気が・・・。
これから変化していくのか?

三女は3人の中では最も高反応タイプ。
小1の現在は、3人の中では一番外交的。
だれにでもすぐに話しかけれるタイプ。
こちらも実験結果とは違うような気が・・・。
今は、新しい環境に適応しようと必死です。
小さい保育所から入った少数組なので、多数派に圧倒されていて、毎日イヤなことを報告してきます。

私自身はというと、
小さいころは誰にでもついて行くような社交的な子どもだったそうな。
3,4歳ころまで。
しかし、その後は人に対してはどちらかというと臆病なタイプに成長し、現在も内向的です。
でも時おり、社交的になることもある・・・。必要に迫られて。(=外交的人間を演じています)

学生の頃は必死に外交的人間を演じていたけど、
それはそれで疲れる、ということを長い人生の中で学びました。

自分が一番心地よいと思うスタンスでいられるのが、一番自分にとっていいと気づきました。
だから、行きたくない飲み会などは絶対に行きません。いろいろ理由をつけて。

やっぱりホリエモンはすごい!これからの生き方はかくあるべき。

堀江貴文著 すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 を読んだ。

一応、本業は、学校関係の臨時職員をしているのですが、
これからの時代の学校の在り方に非常に興味があったので、読んでみました。

これからの時代、学校なんて、本当に必要なのだろうか?
と素朴な疑問を持ちつつも、学校関係の仕事についていますが。

自ら、勉強をしようと思ったら、ネットを活用していつでも、どこでも勉強ができる時代。
学校へ行って、先生の話をおとなしく聞いて・・・
なんてことをしなくても自分が学びたいことはいくらでも学べる。

学校へ行きたくないと思ったら、行くことをやめて、いくらでも自分で学べばいいのに、そうしようとしない不登校の生徒たち。

勉強することが嫌いなのに、周りの人たちが行くから、高校へ行ってみたいからなどと不純な動機で高校へ進学してしまう子どもたち。

いったい、そこで何をしたいの?と大人からしたら疑問に思いますが。

学校へ行きたくないなら自分で道を探せばいい。

学校という場所のおかしさに気づいている鋭い感覚をもった不登校の生徒の子どもたち。

そのまっとうな感覚を信じて、次の一歩を踏み出してほしい。

以下本文より引用
今を生きる人たちが向かうべき課題は、「いかにいい大学に入るか」ではなく、「いかに自分だけの幸福を見つけ、追求するか」なのである。
(中略)
何のため何をするのか、どんな風にするのか、すべてを自分で決め、自ら責任を負いながら突き進む力。新しい時代を楽しく生きるために必須のこの能力を、僕はシンプルに「没頭する力」と呼んでいる。
引用終わり

学校が嫌い、将来は○○になりたい、なんて言いながら自分からは何もしない子どもたち。

どうやったら夢に近づけるのか自分でいくらでも調べられるのに。

「没頭する力」を次へつなげていけばいい。

以下はとっても共感できた部分。

以下引用
おそらく今後、かつて絶対に不可欠なものとされてきた共同体の多くが解体されていくだろう。国民国家しかり、会社しかり、学校しかり、さらには家庭しかりだ。
それぞれぼんやりとした形は残しながら、もっとゆるやかでフレキシブルな、集合と離散を繰り返す共同体になっていくと僕は考える。
理由は簡単だ。閉じた共同体なんて、もう時代に合っていないのだ。
僕は、こうした閉じた共同体こそがいじめの温床であり、あらゆるトラブルの元だと考えている。家だの教室だのオフィスだの、狭い閉塞空間にいつも同じ顔触れが揃って日常を共有していれば、関係が歪んでくるのは当然のことだ。
引用終わり

家庭も解体されていくのか。
早くそんな日がおとずれてほしい。

夫と妻なんて共同体は必要ない。
必要なのはほんの一瞬だけだ。
そんな一瞬もなくてもいいけど。

父と子もしくは母と子という共同体は必要かもしれないけど。

父と母と子なんていう共同体はなくてもやっていける。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

本専用フリマアプリ「ブクマ!」で本を買ってみた

本の後ろについているバーコードをスマホにかざすだけで、出品ができてしまうという驚くほどラクチンな本専用のフリマアプリ「ブクマ!」

ただし、商品説明はスマホで入力しなくてはならないのが少々面倒ではありますが・・・・。
(ラクマならパソコンで入力できるから長文でもラクなのに・・・)
(スマホで入力は面倒だから、説明文が短くなりがちです)

商品説明もひな形がいくつかあって、選ぶだけならいいのに・・・と思うのは私だけ?

登録はしたものの、もっぱら出品だけで、買ったことはなかったのですが、
先日、初めて商品を購入してみました。
(結構、目にしたことがない本がたくさんあって、いいね!をしておくのですが、すぐに売れてしまって買えない、ということが多々あります)
(基本的に、本がある程度好きな人しか利用しないと思われますので、商品の質は高い印象です)

クレジットカードを登録すれば、すぐに商品を買うことができます。

しかーし、待てど暮せど出品者から「商品を発送しました」の連絡が来ない。

4日後にようやく「商品を発送しました」の連絡が入りました。

そして昨日無事商品が届きました。よかった。

ネット上で検索してみると、10日以上たっても商品が届かない場合は購入者の方からキャンセルができるらしい・・・。

取引が終わってから気づいたのですが、メッセージアプリのような画面で現在の取引状況がわかるようになっていました。(そんな画面があるなんて、気づかなかったよ・・・)

まだまだ「ブクマ!」は初心者なので、ドキドキです。

でも、出品者を見ていると、評価が3ケタの人なんかがいてスゴイですね。

ちなみに、我が家の「ブクマ!」商店はまだ1冊も売れていません。

けっこう、「いいね!」はすぐに付くのですが、購入までには結びついていません。
最安値が表示される仕組みになっているので、購入者にはありがたいですが、出品者にはちょっと残念なシステムですからね。

でも、中には法外な値段設定されている人もいて、???だったのですが、出品キャンペーンなんか開催されていると、とりあえず、出品しておこうかな、という感じで出品だけしているのかと思われます。
○冊出品すれば△ポイントゲットみたいなキャンペーンがあるので・・・。

そんなわけで、我が家の永久保存版だった絵本コレクションもとりあえず、出品だけでもしておこうかと思いまして、何冊か出品しました。(法外な値段ではないけど・・・手放してもいいかと思うものだけ)

「ブクマ!」に登録してみようかな、と思われる方は
ぜひぜひこちらの招待コードをご利用くださいませ。

A9D01

2017/10/10追記
ブクマ!は、2017年10月4日をもちまして、サービス開始時より続いていました販売手数料無料キャンペーンは終了しました。
2017年10月5日より販売手数料(10%)がかかりますのでご注意を。

ラクマと違って、母体がないので、やっぱり手数料で収入を得ないとやっていけないでしょ・・・。

これからアプリがどんどん使いやすくなることを期待しています。

Amazon Kindle Unlimitedからアンケートが届いた

8月のサービス開始時からひとまず1ヶ月間の無料期間を経て、
その後数ヶ月間利用していたのですが、現在は利用をやめています。

利用をやめてから数ヶ月経っているのに、
Amazon Kindle Unlimitedからアンケートが届いていた。

こんなアンケートが数ヶ月たってから届くこと自体おかしいでしょ。

最初の1ヶ月は無料だし、
どんなラインナップがあるのかも気になるところだったので
申し込んでみたけれど

そうそう本ばかりも読んでいられない。

しまいに980円の元を取りたいがために
無理やりに読んでいるような気持ちに次第になってきて

おもいきってやめた、というのが現状です。

どうしても読みたい本なんかは、読み放題にはなっていないことが多かった。

あと、検索する時間が無駄。
興味のないジャンルを検索から除外できればいいのにね。
洋書を読む日本人なんていったい何%いるのでしょう?
普通に画面に出てきてかなりウザかった・・・。

読み放題専用の検索にしてくれりゃいいのに。
普通の本と同じ検索を使わなきゃいけないっておかしくない?
わざわざ980円払ってんだから、専用の検索ページくらい設けなきゃでしょ。

なんか、ユーザーを大事にしていない感が伝わってきて、とても残念な気持ちになりましたよ。

雑誌は読みづらいし。

世の中には雑誌の読み放題サービスもいくつかあるけど、
読みづらくないのかしら・・・?

時代は確実に電子書籍へ向かっているのだろうけど
やっぱり紙の書籍の方がいい。

基本的に小説とかは読まないので、
目次を見て、読みたいところから読んだりするので
そういうときはやっぱり紙の書籍のほうが断然読みやすい。

こんな田舎ものの、タダのパート主婦に向かって、Amazonさんからアンケートが送られてくるなんて・・・。

Amazonさん、大丈夫なのかしら?

しかも、直接送りつけてくるくらいなら、なにかしらサービスつけなきゃだめでしょ。
貴重なユーザーの時間をアンケートに差し出しているのだから・・。

Amazonポイントつけるとか・・・。たとえ50ポイントでも。

しかも最近は、Amazonさん、在宅で仕事できる人募集してるし・・・。
なんか、ホント大丈夫?って感じ。

もちろん宅配問題も。

アンケート結果を分析して、よりよいサービスを打ち出してくれればいいのですが・・・。
現状を改善しないのなら、再び申し込むことは決してないと思います。

人は継続して一定量の本を読めるわけでもないと思うので、
仕事やプライベートが忙しくて、今月は何も読めなかった、なんてときは潔く返金してくれればまだマシだけど。

もしくは読んだ量に応じて金額が変動するとかね。基本料金プラスいくらか、みたいな。

さてさて今後はどうなりますやら・・・。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村