童話館の絵本の配本サービスをついにやめた


投資額は30万以上?

長女(小5)が1歳半の頃から約10年あまり・・・
毎月2冊ずつ本が配本されるサービスでしたが
ついに昨日やめる連絡をしてしまいました。
結構あっさりと受け答えされていて、こっちの方が申し訳なかったくらいです。

絵本を通して子どもたちと共有する時間は、かけがえのない時間でした。
家にある200冊以上の本すべてに思い入れがあります。

毎晩、毎晩、絵本の読み聞かせをしていました。
配本され始めた当初は、家にある絵本の数も少なかったわけで、同じ本を何度も何度も繰り返し読んでいましたけどね。もうそれこそ、飽きるくらいに。

今はどれを読んでもらおうかと子どもたちが迷うほど大量にありますけどね。

どの本もとりあえず、今は手放さないことにしています。
(自分が買った本は断捨離できるけど、童話館から配本されていた本たちはどうしても断捨離できません。それくらい思い入れが深い本ばかりです。)

ブックオフやフリマアプリなんかをのぞくと、童話館から配本されている絵本がたくさん出品されていますけどね・・・・。今のところ、私にはできません。

絵本の読み聞かせの効果はあったのか?

私は子どもの頃、本を読むことが好きではありませんでした。
でも今は本を読むことが好きですけどね・・・。

子どもたちにはぜひ、子どもの頃から本を読むことが好きな子どもに育ってほしいと願って、絵本の配本サービスに申し込みました。

どの子も本を読むことは好きなので、一応一定の効果はあったとは思います。

童話館から配本される絵本は「絵」にもこだわりがあって、同じ題名の絵本であってもとりわけ絵にリアリティがあるものが配本されています。

そのおかげかはわかりませんが、長女は絵を描くことが好きになり、地元の小さなコンクールでも何回か表彰されたこともあります。

絵本の次は何を?

ズバリ、読売子ども新聞です。
週1回木曜日に届きます。ネットから申し込みができるのでお手軽です。
子ども新聞ですけど、内容は大変読みごたえがあります。
1ヶ月500円、1年で6000円です。
絵本の配本サービスから比べると、大変安上がりです。

本当は中学生新聞も申し込みたいけど・・・・。
子ども新聞とセットで申し込むと1ヶ月1000円。
まだ、申し込みができずにいます・・・。

追記
その後申し込みました。只今2年目。
子どもたちは毎週楽しみにしています。
子どもたちにとってのトレンドが結構掲載されているので、流行を感じ取るのに役立っています。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

フリマアプリに多数出品しています

2018/1/29追記
現在は童話館のぶっくくらぶで配本されていた絵本は手放す決心がつき、メルカリ、ブクマ!、ラクマ等に出品しています。有名な本からどんどん売れていきました。

もちろんそのような一般的に知られている絵本は良書なのですが、一般的には名の知られていない、だけど優れている本は実は売れ残っています。私は絵本には詳しくはないので、ぶっくくらぶに入っていなかったら、おそらく知ることはなかったであろう絵本たちです。まあ、無理に売れなくてもいいとは思っているので、結構定価に近い値段をつけているので、今後も売れないかも知れませんが・・・。

配本されていた当時はわからなかったことですが、よく会報誌に掲載されている先輩会員さんのメッセージに、子どものためにと思って始めたけど、結局は自分のためになった・・・というようなコメントがあったのですが、今ならその言葉の意味がよくわかります。

手元に当時の絵本がなくなっても、心の中にはその時のシーンが思い出として残っています。

本当にかけがえのない貴重な時間だったな、と今は思います。

子どもが3人とも小学生となった今では、もう読み聞かせも終了してしまって、そんなひと時を過ごすこともなくなってしまいましたから。