洗いかごについた白い水アカはどうすりゃいいの?

井戸水はつらいよ

なんてったって、住んでいるところがド田舎なもんで、水道水なんかきていない地域にお住まいですので、水は当然、井戸水なんて地域に住んでいるゆえ、普通の水道水よりミネラル分が多いのか、やたらと頑固な水アカがすぐにこびりついてしまいます。

洗いかごに限らず、洗面所も、お風呂のカランも、お風呂の壁もあらゆるところに水アカがこびりついている家に住んでいます。

昔は私もこのにっくき水アカと格闘したのですが、もうどうにもならないので半ば諦め、水アカさんの思うがままに任せた状態にしていること数年・・・・。水アカさんの勢力は日々拡大しています。

もう仕方のないもの、と諦めておりました。

水アカはどうすりゃ落ちる?

なので、もうこの頑固な水アカは落ちないもの、と決め込んでいたのですが、やっぱりどうしても気になる~ということで、再度水アカと格闘してみることにしました。

どうにかカンタンにできる方法はないものか?とネットで検索してみると、クエン酸水に浸すとどうやらいいらしい・・・・ということがわかったので、さっそくチャレンジしてみることにしました。

幸い、洗いかごがまるまる入る45リットル用のおおきなビニール袋が家にあったので、そこへクエン酸(こちらも何年も前に買ったものですが)をドバドバと投入し、お湯をを入れ、しばらく放置、というかそのまま仕事へ。

午前の仕事が終わり、帰宅してみると、ステンレスの洗いかごのつなぎ目にこびりついていた頑固な水アカもちょっと古歯ブラシでこするとスルッと落ちるではありませんか!

なんで今までやらなかったのだろう・・・と激しく後悔。

それでも一番頑固な部分はまだ落ちなかったので、再び浸したまま午後の仕事へ・・・・。(今ココ!)

なんか、酸に浸すとステンレスが錆びるのではないか?と勝手に思い込んでいたのですが、ネット情報ではそんなこともないらしい、とわかったので、チャレンジしてみることにした次第です。

今はドラッグストアにもクエン酸水として売っているものもあるので、わざわざ自分で調合してクエン酸水も作らなくてもいいので、お手軽にできるしね・・・。

でも洗いかごを浸す場合はクエン酸を大量に使用するので、クエン酸(粉)を買ってきた方がお安いと思います。

よぉ~し、この勢いでお風呂にこびりついている大量の水アカも退治するぞ~。

やっぱり片づけられなかった魔窟と化した和室(一応客間なのに)

春休みが終わっていく~

学校関連のパートゆえ、子どもと一緒に春休みを満喫していた12日間。
やりたいことはいっぱいあったのに
思ったほど事は進まず、
一番やりたかったリビング横にある和室の片づけが結局何もできていない現実。
それでも、冬物の衣料の洗濯や洗濯槽の徹底掃除やら、冷蔵庫や食器棚の上のほこりとりなんかは、なんとかできて、少しだけ満足。

でもでも、和室が・・・・。
歩くスペースがほぼなくなってきている。
なんとかせねば・・・。
和室南側にサンルームがくっついてるので、通り道を確保しないと、これからの季節洗濯物も干せなくなってしまいます。

和室ゆえ、もともと収納は押入れしかない。
そこには3段飾りのひな人形一式と客布団2組が鎮座していて、すでにそこには余地はない。

本当は将来的に仏壇を置く半間の仏間?も収納スペースと化し、それでも足りず、
本来は掛け軸などを飾る床の間にまで本棚をおいている現実。

ちなみに仏間には引き出し式衣装ケース&カラーボックスを置き、私の服や本を置く場所となっています。
床の間にもカラーボックスを置き、こちらは子どもたちのおもちゃやら絵本やらが置かれています。

そして、収納しきれていない私のモノ&子どもたちのモノたちが畳の上に置かれてしまっている、ということ。

だ・わ・へ・しするぞ~!

あまりにもモノが多すぎて、どこから手を付けていいのやら?
「だ・わ・へ・し」の「だす」はすでにできている状態(笑)
次は「わ」=わけるだ~。

とりあえずは、たたみの上に置かれてしまっている子どもたちの服をなんとかせねば。

そして、私の本たちは仏間へ収納せねば。

最後に私の手芸&洋裁グッツたちをどこへおさめるか・・・。

子供服の管理がしっかりできる母になりたかった

やっぱり、子供服の管理がいつまでたってもできないダメ母です。

なにが面倒って、子どもの今!着る服を入れておくタンス(一人2段ずつしかない・和室にある)
季節外の服は2階へ持っていかなくてはならない。

この移動が面倒なわけだ。
和室に子供服全部を置けるスペースがあれば、ラクだったのに・・・と今になって思います。

だって、子どもが2階で着替えをすることなんてないんだもの。
(小6の長女は一度は自分の部屋で着替えをするようにしたんだけど、結局階段ののぼりおりが面倒で、やっぱり衣類を1階に置いている現実)

しかも、一人2段じゃやっぱりおさまりきらない。
しかも、長女はもうほとんど大人用の服なので、スペースも取るわけだ・・・。
小さかった子どものころのようにはいかない。

変化していく子どもたちに対応できていないダメ母です。



今日の断捨離それでもやっぱり躊躇する

火・木・土曜日は燃えるゴミの日なので、
ゴミ袋に余裕があったら
基本、いつでも断捨離しています。
ゴミ袋を持って家の中をウロウロ。

今日、断捨離できたものは
子供たちの保育園時代の
昼寝布団用のシーツ(2枚)と、シーツと布団の間に敷いていた中敷?のようなもの=おねしょしたときに布団まで濡れてしまわないようにするためのもの(2枚)

もう2度と使わないと分かってはいるんだけど
何かに使えるかな~なんて思いつつ、三女の保育園でのお昼寝が終わってから早5ヶ月。
(年長さんは10月からお昼ねなしになりますので)

中敷のようなものも
何かに使えるかな~なんて思って、一応とっておいたけど
やっぱり使わず・・・

それでもやっぱりゴミ袋に入れる前に
風呂の足ふきマットになるんじゃない?っとおもったけど
分厚いから乾きづらいか・・と思い改め

頭に浮かんだ数々の思いを振り切って
ゴミ袋の中へようやく入れることができました

今日も断捨離できた自分を自画自賛

もうあと1ヵ月で、長女が2歳の頃から9年間続いた
保育園の送迎も終わりを迎えようとしています
なんか、幸せと感じていたころの思い出を捨ててしまうようで
ちょぴりさびしいけど



人生の新たなステージの幕開けかな
なんて感じている自分もいる

古い自分を脱ぎ捨てて
新しい自分になりたい
そんなことを書いていたら
4月からの働き方の確認がきた

諸事情により、今の仕事が一人体制から、2人体制になると思っていたのですが
どうやらその話はなくなったらしい・・・・
給料が半分にならなくて
よかった

おまけに法改正のおかげで
希望すれば
フルタイムにもさせてもらえるかも・・・とか
こちらは全ての希望が叶うわけではない、とのことですが

社会保険にも入れるかも
今の仕事では無理、と思っていたので
この知らせには正直うれしい

断捨離したおかげか

なんか、いろいろと心配していたことが
いい方向へ回り始めたぞ

やっぱり断捨離って効果あるかも
ただ、モノを捨てるだけではない

良い気を取り込むために
今ある不要なものを捨てる、ということなのかも

本当は、実はもうひとつ
お昼ね布団本体が断捨離できていないけど
(掛け布団4枚含む・分厚いのと薄いのとそれぞれ2組あるので)

これは3月の粗大ゴミで出すぞ、とココで決意。
早く、捨てねば・・・

まずはなくなっても困らないものから
自分に遠いところから
もったいない、なんて思わずに
思いきって
ゴミ袋へGO!

そして、良い気をたっぷりと取り込むのだ
(なんか、ゆばーばみたい・・・)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

母・妻・主婦はいったいどこでくつろげばいいのでしょう?

夫の部屋である書斎はあるけれども、妻の部屋なんてない
子どもの部屋はあるけれども、母の部屋なんてない
家事コーナーとか家事室はあるけれども、主婦の部屋なんてない

世の中、男女平等、女性はもっと活躍を、なんていうけど
いつまでたっても
女性は
家の中で
たったひとつの部屋を与えられることもない
そもそもそこからして
おかしいでしょう
なんで部屋がないの?

私は20年以上前
学生時代の夏休みの宿題で
将来住みたい家の図面を考えたとき

真っ先に自分の部屋を持ちたいと思った

あれから20年以上経つのに
日本の多くの家庭では
いまだに
妻の部屋・母の部屋・主婦の部屋なんて見かけない

もちろん注文住宅で初めから
そのように建てている家もあるでしょうけど
ごく一般的なモデルハウス等では
いまだ見たことがありません

なんで女はないがしろにされるのでしょう

本当に我慢がならない

ちなみに我が家は私が嫁いできたときには
すでに諸事情により
家が建てられていたので
(夫はバツ1で、家を新築したのに、前妻さんがその家には住みたくないと言い出し(夫実家と近いため?)離婚したそうな・・・まったくもって意味不明な離婚理由ですけど)

私が夢見た
私の部屋なんてものは
存在しない

もし、今後家を建てるようなことがあったら
絶対に私の部屋を作るのに
(ほぼ100%そんなことは起こりえないけど)

なので、唯一空いている
リビング横の和室を私の部屋とするべく
徐々に徐々に
私の荷物を増やしていく

そこにおいてある
子どものおもちゃや子どもの衣類を入れてあるタンスは
もうそろそろ各自の部屋へ
移動させたい

でもなぁ~
エアコンもついていないので
夏は暑いんだよね

とりあえずその部屋が完成するまでは
キッチンの一番すみっこにある
パソコンコーナーが唯一ほっとできる場所

ここは私が作り出した場所
食器棚とか冷蔵庫とかを動かして
なんとかパソコンラックが入るスペースを確保して

もちろん私しか触ることのできない専用のパソコン
唯一の難点は
ガスコンロが近いので
汚れやすい

でもレシピをみたりしながら料理を作れるので
本当に楽

一人になりたいときは
いつもそこにいます

本当はそこにパーテーションでも立てて
個室風にしたいくらい

子育てが一段落しつつある今
(と、いってもまだまだ続くけど一応そんなに手がかからなくなった、という意味で)
我が家での、自分の立居位置を模索中

母であらねばならない比重がだいぶ減ってきて

主婦をしなくてはならない比重も、手抜き加減を覚えたおかげでだいぶ減ってきて

もともとほぼないに等しい妻である比重なんて、さらにほぼゼロに近づいていき

ようやく本来の自分の比重が大きくなってきた、と感じている自分です

自分でいられるってすばらしいって本当に思います

今朝の朝活・キッチンの引き出し1段のみを整理整頓

朝活はキッチンの引き出し整理

今日は新聞配達がお休みだったので、いつもは新聞を読む時間(15分くらい)
がぽっかりと空いたので
キッチンの引き出し(1段のみ)を整理整頓した(完全な思い付きです)

おたまや菜ばし、キッチンバサミなんかが入っている最重要な引き出し

かれこれ数年間そうじをしていないので

すっかり汚れがたまっていた

さすがの私でも限界を感じたので

思いつきで整理整頓を始めた



まずは全部、中のものを出した

次はすみずみまできれいに拭いた(側面や裏側も)

汚れ防止にカレンダーの裏紙を敷いた

仕切りに使っていた

牛乳パックや空き箱たちが

すっかり汚くなっていたので

新しくした

ぴったり合いそうな

空き箱たちを探すのにちょっと時間がかかったけど

今回は水筒の収納に使おうかなと考えてとっておいた水筒の箱

昨日我が家へやってきた(=義母からの頂き物)

のりの缶など

次は使用頻度を考えて

カテゴリー別に収納

おたま・あくとり・さいばしのカテゴリー
(ちなみに分かりやすいように、持ち手じゃない方を手前にして収納しています。)

しゃもじ・ゴムベラ・みそこしのカテゴリー
(ゴムベラも昨日新しくしたばかり。お気に入りは100均で売っているものです。ほんとうに使いやすい。)

計量スプーン・ピーラー・缶きりのカテゴリー

という感じに分けています

おたまとかしゃもじとかは基本ひとつずつで
予備のものは奥のほうに入れています(=使用頻度が低い)

次に掃除をする目安を忘れないように

すみっこに今日の日付をマステに書いて

貼っておいた

おしまい

たったひとつの引き出しを整理整頓しただけで

味わえる

このすっきりさ

今日の朝活は充実していた

なんか最近は断捨離を心がけているおかげで

やる気モードがアップしている

いい「気」の循環を感じる

朝活で菌活

もうひとつの朝活は

昨日の夜から仕込んでおいた

米こうじをつかった「甘酒」

本当は60度を保つために、初めから炊飯器で保温しながらするのがいいのだけど

炊飯器は翌朝のご飯を炊くためにタイマーをセットして、使っていたから

今回は大きめの水筒に

仕込んでみた

でもやっぱり

60度くらいが保てなくて

十分に発酵していなかったから

ご飯が炊き上がったあとの

炊飯器で3時間ほど保温してみた

途中、60度くらいを保てるように

1時間ごとにかきませながら

そうしたら

いい感じの甘酒ができた

今日からまた菌活ができるぞ

ちなみに我が家の人たちは
甘酒なんてだれもお飲みになりませんので
完全に自分のために
楽しんでします

2017/9/17追記
菌活はなるべくたくさんの種類の菌を体に取り入れた方がいいそうな・・・。
ヨーグルトなんかはいつも特定のメーカーのものを買ってしまいがちだけど、いろいろなものをローテーションで買ってみるのもいいらしい。

我が家では最近はカスピ海ヨーグルトを牛乳から手作りすることがブームになっていたけれど、やっぱり手間がかかるので、最近はまたお休み中。

また継続できる気力が出てきたら再開したいです。