スイッチインタビューを見て凹んだ何事も成し遂げていない40代主婦

3月25日土曜日の22時からNHKで放送のSWITHインタビュー
普段は全然見ていないのですが、番組宣伝を見て、興味が惹かれてこの回だけ録画してみました。

連続テレビ小説「べっぴんさん」のタイトル映像を手掛けたアーティスト清川あさみさんと、気鋭の建築家永山祐子さんのSWITHインタビュー。

なぜ興味を惹かれたかといえば、べっぴんさんのタイトル映像だったから・・・。
両者の作品はどれもとってもすばらしいものばかりだったけど・・・。

でも、正直、見た後、かなり凹みました。

ほぼ同年代の女性が仕事で大成功し、しかも子育ても頑張っている・・・。
もちろんテレビで取り上げられるような人なのだから、ほんの一握りの人だとは十分わかってはいるのですが。

その現実を突きつけられただけで凹みます。

テレビで活躍しているような超有名人なら、超越しているから全然凹むことはないけど、
仕事で成功をおさめつつ、子育ても頑張っている女性って、やっぱり嫉妬の対象になっちゃいます。

もしかしたら、周りに子育てをお手伝いしてくれる人がいるのかもしれないけど、テレビを見た限りではそんなニュアンスはなかったので、本当に綱渡りで仕事と子育ての両立をされてきたんんだろうな・・・・と思わされる内容でした。

やっぱり神様は不公平なのか?

仕事で成功し、なおかつ子育てもがんばるスーパーウーマンなんてテレビに映しちゃいけません。

そうでない世の中の大半の女性は凹んでしまいますから。(いや、私だけか・・・)

自分が凡人なのは十分わかっちゃいるけど、なんだこのもやもやは。

自分がいかにこれまで頑張っていないかを改めて突き付けられた現実。

一番凹んだのは、永山さんは生まれたばかりのなかなか寝てくれない赤ちゃんを夜中に抱っこしながら
新しい建築の構想を頭の中で一生懸命考えていたっていうところ。

私も同じ経験をしていたけれど、頭の中は、全然違うことを考えていたから・・・。

ただ、子育てしているだけじゃダメってこと?

じゃあ、今からでもがんばればいいじゃないって軽く言われそうだけど

自分が何をなすべきか、未だにわからない残念な40代主婦です。

子どものころから夢なんてなかったし・・・。

今でもないけど。

キラキラ輝く人たちはまぶしすぎてみていられないよ。

そういう人たちは私の目のつかないところに閉じこめておいてください。

正直、そんな人たちは見たくない。

もし、そういう輝く人たちを放送するなら、その人たちのダメな部分もちょっぴり織り交ぜなきゃ。