私はいったいどこで寝ればいいの?

フツーの夫婦で考えたら、子どもが成長してそれぞれの個室で寝るようになり、子どもが生まれて以来、川の字で寝ていた状態から、ようやく子ども抜きで二人で寝られるようになって、うれしいのでしょうけど、我が家の場合は違います。

今、まさにその時。

小学1年生の三女もようやく自分の二段ベットで寝たい、と言い出しました。
初めのうちこそ、「ママも隣で寝ていいよ。」なんて言っていたのですが、最近では「今日も私の二段ベットで寝るの?」と逆に迷惑がられる始末。

そうかといって、今さら夫さんと二人だけで寝るなんて無理~。
そもそも三女が誕生して以来ずーっとレスですから、今さら二人で寝るなんてことは私にはできません。

そもそも夫さんはもともとあまりする気のない人ですから、求められすぎて困る~なんて悩みではないのですけど、何もしない二人が並んで寝ること自体に私自身が疑問を感じているので。
(三人の子どもは私の努力の結晶ですから・・・その時から私の悩みは始まっていたのですけど)

ホント、切実な夜のお悩みです。

こんなおバカなお悩みを抱えているのは私だけでしょうか・・・?

でも昨日の読売新聞、人生案内コーナーでも同じような家庭の状態の方の記事が・・・・。

記事の内容は、家庭内別居状態の息子夫婦を案じる母親の立場からの投書でしたけど。
お嫁さんとお孫さんはカギをかけて、息子さんとは別室で寝ているのだとか・・・。
(我が家よりさらに上がいた)

似たような状態のご家庭が我が家以外にもある、と知っただけでも救われる思いが。

さてさて、我が家はどうしましょう?ということで。

解決策1
このまま三女の二段ベットで迷惑がられながらも寝続ける。
三女が迷惑がるので、じゃあ、次女のベット寝させてもらおうかな、と言ったら三女はそんなんだったら私の隣で寝て、というのでもうしばらくはこの作戦で寝ることができそうです。
最悪、次女&三女の部屋で、布団を敷いて寝る、という最終選択も可。

解決策2
思い切って夫さんと同じ寝室で寝る。(想像しただけでも無理)
今は、ベットを2台横に並べています。
今さら2台を離すのもおかしいしね・・・。
思い切ってこの部屋で寝れば、この先の夫婦関係は改善するのでしょうか?
毎日、別の意味でドキドキしながら寝るなんて精神衛生上よろしくない。
求められない毎日を過ごしながら横で寝る、なんてむなしすぎる~。
求められても今さら困るけど・・・。
私にはもう必要ありませんから。

それにしても、広い寝室兼書斎を夫一人で独占していることに腹が立つ。
ムカつくので、最近は使っていない客布団とか、いらないけどメルカリで売れない本、だけど捨てられない本とかをどんどんこの部屋に詰め込んでいます。

解決策3
1階リビング横にある、和室で寝る。一応、ここは私の部屋だと主張している。
リビング横なので、テレビの音が聞こえてうるさいし、夏はクーラーもないのであまり現実的ではないけど・・・。
おまけにサンルームに洗濯物をを干すときに通らなくてはならないので、半分通路となっている。

誰にも言えない私のお悩みです。
今のところの解決策はとりあえず、1を選択。

世の中の夫婦別室で寝ていらっしゃるご夫婦はいったい、いつからそうなったのでしょうか?
そして、それぞれどこで寝ていらっしゃるのでしょうか?

たいていはもう少しお子さんが大きくなった状態で、巣立った子供部屋を妻の部屋としているのでしょうけど。

我が家はその問題が早めに来てしまった、ということで。

「死ぬほど読書」丹羽宇一郎著を読んでみた

地元の書店でランキング1位になっていたので、思わず買ってみた本。

著者は2010年に民間出身で初の駐中国大使になられた方。
そして伊藤忠商事の社長、会長を経て、現在は名誉理事をされておられる方。
恥ずかしながら、本を買ってから、どんな方が書かれたか知りました。

ちなみに著者のご実家は本屋さんだったそうな・・・。
そりゃ、小さいころから本をたくさん読めますよね・・・・。

私自身は、子どものころはほとんど本を読まない人でしたけど、大人になるにつれてだんだんと読む量が増えてきた人です。

本を読む、といってもベストセラーになるような小説はほとんど読みません。
興味のあるジャンルはもっぱら実用書。
ビジネス書、心理学関連、投資関連、などなど。
そのときの興味、関心に応じて、生きていくうえで、読んだら実になりそうな本ばかりを読んでいる、という感じです。

本当は小説や歴史書なんかも読んだ方がいいのかも?ですが、興味のわかないものは読めませんので・・・。

「死ぬほど読書」とするといったいどうなるのか?
その答えはここかな?と思う箇所を抜粋します。

以下引用

困難な問題に直面したときに必要なのは、その状況を見つめながら前向きに生きる謙虚さです。

過信や自己否定がそこにあってはいけない。

どんなに苦しい状況に陥ってもそれは天が自分に課した試練だと私は思っています。

そこから逃げることなく正面から受け止めてベストを尽くせば必ず知恵と力が湧いてきます。
思わぬ閃きも生まれる。
そうして不可能だと思っていたものに光が見えてくる。
その源泉となるのが読書と経験です。

引用終わり

そしてまた著者はこうも言っています。
以下引用

失敗しても死ぬわけじゃない。
生きていればチャンスはいくらでもある。
そもそも生きていることそのものが問題を生むんだから問題が嫌なら死ぬしかない。
問題は人との関係であり、一人で解決するものでもない。
他人への想像力と共感が解決へ導いてくれる。
問題がある限り、またそれを解決する答えも必ずどこかにある。
問題があるというのは、生きている証だ。
問題があることを喜べ。

引用終わり

結局は、「死ぬほど読書」していれば、それなりの思考力がつくので、どんな困難にであっても自分は立ち向かっていける、と自分自身を信じられるかどうか。
たいていの問題はいろんな本を読んでいれば、なんかかしらの解決方法は示唆されるとは思います。
っていうか著者の言うように、問題にぶちあたったときの、その問題に対する自分自身の心の持ち様が肝心なのだとは思いますが。

ちなみに私が今、求めている答えは夫婦とはなんぞや?ということ。
夫婦とはどうあるべきか、ということ。
まだ、これ!っていう答えは見つかっていないけど。

まだまだ模索中です。

離婚はやっぱり女性には不利なのか?

今日の午後、NHKの番組で熟年離婚についてやっていました。

最近では、夫からも離婚を言い出す場合もあるとか。

そのサインについて3段階でやっていましたけどね。(我が家も危ないかも?)

お互いに何も非もなく、離婚となった場合はあきらかに女性には不利になる、と番組を見ていて思いました。

番組の想定では、女性が55歳で熟年離婚をした場合、10年ほどで貯金が底をつき、生活が立ち行かなくなる可能性があるそうな・・・。

あくまでも番組の想定での場合ですけどね。

それに比べて男性はお金が尽きることなくおそらく生活してゆけるそうな・・・。(腹がたちますね)

あんなシュミレーションをみたら、世の女性はどよーんと落ち込んじゃいますね。

生活の破たんを防ぐにはとにかく稼ぐ能力を身につけ、生活費を少しでも抑えられるように節約術を身につけることが得策だそうな・・・。こんなことを力説しなければならない日本の世の中のシステムに腹が立ちますけどね。
要は、男性優位のの社会だからでしょ。

まあ、実際、私の両親は私が高校3年生の時に離婚をしましたけど、母が離婚に踏み切れたのは当時正社員として働いていたから、先の見通しがあったからでしょうけど・・・。

リアルな話として、母は離婚後も仕事を続け、70歳の今でもいきいきと働いています。(現在は正社員ではないですけど)

一方の父は60歳の定年で仕事をやめ、その後は一切仕事をすることなく、72歳の現在は要支援2の介護状態です。
自力で生活することが難しく、人様のお世話になっている状態です。
なんの楽しみもなく、生きがいもなく、なんのために生きているのだろうかという状態です。
離婚後の男性は本当にみじめなものです。(あくまでも実父の場合ですけどね。)

お金の面からとらえたら女性には不利かもしれないけど、離婚後の生活や気持ちの持ち様まで考えると、女性はそうでもないと思います。

ちょっと時間があるとついついこうなってしまう・・・。

月9ドラマはやっぱりおもしろい

今週はパートの仕事が午前中のみなんて日があって、午後をまったりと過ごせる日が数日ありました。

こうなると出てくるのが私の悪い癖。

午後3時台に再放送されている月9ドラマをついつい見てしまう・・・。

そしてはまってしまう~。

はい、今現在はまっっているのが「好きな人いること」2016年の夏に放送されていた月9ドラマだったそうな・・・。
放送されていたことすら全く存じ上げていませんでしたけど。

普段の生活では夜9時以降にドラマを見ることなんてないので、っていうか子どもたちと一緒に寝てしまうという生活がもう、かれこれ11年ほど続いていますので、まず起きていることすら困難なんですけど・・・。

そんなわけで、リアルタイムでドラマにはまることはないんだけど、1年遅れくらいではまることは多々あります。

いや~やっぱり恋愛もののドラマは楽しい。
イケメン若手俳優さんたちを眺めるだけでも胸がキュンキュンしてしまいますね。

幸い、夏休み中の子どもたちもこの時間帯には友達の家にいったりしていて家にいないので、一人でじっくりと楽しめています。

そして時代遅れにはまるいい点がもうひとつ。
たいてい、ネットでネタバレされているので、すぐに結末がわかる。もやもやする気持ちを長く心にとどめなくて良いので、健康上よろしいです。

リアルの生活に潤いが全くない生活をしていますので、たまにはこういうドラマで心を潤さなくてはですね。

過去、このパターンではまったドラマは数知れず・・・。

大人でも楽しめるセン恋シリーズ

そして、最近はまっているものがもう一つ。

パートに行っている放課後児童クラブにある、児童向けの本のなかで見つけた、「セン恋シリーズ」の本。

ほとんど全教科同じ展開ですけど・・・・。

そしてぜったいに現実ではありえませんけどね。

その後どうなる?っていうところで全部終わっているので、その後が気になる~。

アフターシリーズらしき、ドラマCDなるものも発売されているらしいが・・・。

自腹を切って買う気まではしないけど。

今年の夏は疲れていない気がする、なぜ?

基本的に、夏はキライなので、夏というだけで、うんざりするタチなのですが・・・。
今年の夏はいつもの年に比べて元気な気がするので、どうしてなのか検証してみました。

ちなみに、ここ数年のこれまでの夏は、子どもとともに夏休みに入ることができる仕事だったのですが、
今年は夏休み中も通常のように働いています。

と、いうことはつまり、肉体的・精神的にはいつもの夏以上につらいはずなのですが。

いくつか考えられる理由を挙げてみます。

・三女が小学生になり、保育所の送り、迎えがなくなった。(肉体的・心理的負担がなくなった?)

・アイスをほとんど食べていない。(これまでの夏は、毎日1個以上は食べていた。やっぱり体の内側からは冷やさない方がいい?)

・手作りの甘酒を飲んでいる。(毎日ではないけど。昨年も時々飲んでいたけど。)

・煮梅を食べている。(こちらも毎日ではないけど。こちらは毎年食べているけど。)

・忙しすぎるので、気を張っている。

・りんご酢を飲んでいる。(某薬品メーカーのお高いヤツ。原液1.8Lで3000円以上しますが・・・)

・スロージョギングをしている(夏休みに入り、トータル10日間ほどしかしていないけど)

・夜、寝るときに冷房を長めにかけて、熟睡できるようにしている(明け方3時ごろまで。電気代の節約よりも、体調管理を優先)

・なんでもかんでも頑張らねば・・・という思いこみをやめてみた。

・食事作り、掃除などはできないもの、とあきらめ、手を抜いている。

・栄養バランスは考えず、とりあえず、豚肉と野菜、納豆だけはよく食べるようにしている。

一応、考えられる理由を挙げるとこんな感じ。

結論
忙しすぎるので、逆に規則正しい生活になり、結果的に疲れを感じにくくなっていると思われます。
また、時間がないので、子どもの分のお昼のお弁当といっしょに自分の分も作り、食べているので
これまでの夏よりはバランスの取れた昼食をとっているいることも一つの要因かも?