誰でも簡単にすぐ作れる「わが家の食材在庫帳」



食材在庫帳って何ですか?

「我が家の食材在庫帳」を作って、毎日活用すれば、出先でも家の冷蔵庫に何があるかすぐに確認できます。
「我が家の食材在庫帳」を作って、毎日活用すれば、出先でもそれを見ながら今夜の献立がすぐに考えられます。

「我が家の食材在庫帳」を作って、毎日活用すれば、何を買えばいいのかもすぐに考えられます。
「我が家の食材在庫帳」を作って、毎日活用すれば、賞味期限が切れそうな食材を優先的に使って、献立を考えられます。

こんなに便利なものをどうしていままでだれも思いつかなかったのでしょう?
こんなものは世に存在していなかった。

だから私は自分で作りました。

だれでも簡単に自分で作れます。

食材在庫帳の作り方

①まずは、いらなくなった子どものおたよりなどの裏が白い紙を5枚ほど用意し、ホッチキスでとめます。

②ホッチキスの針の先が出ている方を表にして使い始めます。(ここが重要です)

③紙を縦に4等分にして折り目をつけます。(この辺は自分の好きなように・・・)

④冷蔵庫に入っている食材、冷凍庫に入っている食材、常温保存の食材、作ったけど残っている食材などを書きこんでいきます。(この辺も肉、魚、野菜などと食材ごとに書く方法もあり。お好きなように・・・)

⑤新たに入った食材を日々、もれなく書いていきます。使った食材は二重線で消していきます。

⑥しばらくすると消した食材が多くなってくるので、消した食材はテトリスのように合体させて、四角いゾーンにしてしまい、視界にはいらないように斜めの線でさらに消していきます。(この辺も各自都合のいいように・・・)

⑦さらにしばらくするとそのページに残っている食材が少なくなってくるので、そのような場合は、残っている食材を新たなページに書き写し、そのページを取ってしまいます。(この時にホッチキスの針の先が表になっていると、ページごと抜き取りやすいです。(まあ、表にしていてもびりっと破くだけですが・・・)

私は毎日この「食材在庫帳」を見ながら献立を考えています。

今日もこんな感じに・・・。

今日は冷凍庫にある合いびき肉を使って、ハンバーグにしよう、と思いつく。トマト缶もあるから、ソースはトマトソースで・・・。

いやいや、まてまて、賞味期限が切れそうな厚揚げと豆腐があるぞ・・・。

予定変更。

厚揚げと豆腐でマーボー豆腐だ。
レトルトのマーボーの元もあるし、ネギもあるし・・・。

ってな感じで、「食材在庫帳」を見ながら自由自在に献立を考えられるのであります。