「愛するということ」を読んでみたけど、夫を愛せないと思う40代パート主婦



そもそも夫を愛するとは?

何度読んでもわかりづらい。
(たった2回しか読んでないけど)
図書館からまた、借りてきました。

なんですが、よくよく読むとやっぱり手元にぜひおいておきたい本なので、結局、フリマアプリで買ってしまいました。
アマゾンや楽天でチェックしたい方はこちらからどうぞ。
楽天市場はこちらから。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛するということ新訳版 [ エーリッヒ・フロム ]
価格:1362円(税込、送料無料) (2018/12/21時点)

アマゾンでチェックされたいお方はこちらから。

結局、私は今後、夫さんを愛することはできるのだろうか?

私の知りたいのはこの1点のみ。

広く解釈するならば、夫婦の愛ではなく、人類愛として愛しましょう、ならなんとかできそうですが、
一番身近にいる一人の人格として、夫さんを愛せるか、というと今のところはナシ。

本には

成熟した愛とは、自分の全体性と個性を保ったままでの結合。二人が一人になり、しかも二人であり続ける

と書かれています。

もちろんこれは肉体的な結合を意味しているのではありません。
精神的な結合のことです。

羽仁もと子は著作集の中で、夫婦でひとつの人格を作り上げる、といっておられますので、同様の意味のことだと私は解釈しています。

そもそも、夫を愛する、とはどういうことをいうのか、どういう状態を指すのか、どういう感情を抱くものなのか・・・・わからないことが多すぎる。

2016年の夫さんとの決別以前は、夫さんを愛している、と錯覚していたのですが、そもそもその愛している、ということ自体もこの本を読んでみると、やっぱりその時抱いていた感情は愛ではなかった、と気づくことができました。

本の中の言葉を借りれば

互いに夢中になった状態、頭に血がのぼった状態を、愛の強さの証拠だと思いこむ。だが、じつはそれは、それまで二人がどれほど孤独であったかを示しているにすぎない

要は、孤独をなぐさめあっていただけ。
ハタと気づいたら、私ってこの人のこと何にも知らないし、これからもそんなに知りたくもないかも?なんてことに冷静に気づいてしまった、ということです。そもそも、この人に関心がもう、ない。
ゼロ以下になってる?

いやはや、どうしたものか?

知れば知るほど夫さんを愛するなんてできない

そもそも愛とは次のようなもの、だそうな・・・。

愛とは人間の中にある能動的な力。
人を他の人々から隔てている壁をぶち破る力。
つまり人と人を結びつける力。

つなり、私はもう夫さんに対して、能動的に壁をぶち破ろう、なんて思っていませんから。
っていうか、まずまず壁が高く、分厚くなっていっている、確実に。

なんだかわけがわからなくなってきました。

結局は自分自身をも愛せない=自己肯定感の低い私は、人を愛すること、なんてできないのかな・・・なんて思いました。

自分自身すら愛せないのですから、いわんや夫をや、です。

唯一の救いは子どもたちのことは愛することができている、ということです。

人生の難題って、結局は全くの他人である、と気づいた夫=隣人、であっても夫さんを愛せますか?ということなのでしょうか?

結婚15年目にして、気づいた事実です。

ただの隣人と思って、夫さんをイチから観察しようと思います(笑)