「内向型人間のすごい力」スーザン・ケイン著を読んでみた。

気軽に本が買えるってすばらしい

「メルカリ」、「メルカリ カウル」、「ブクマ!」、「ラクマ」に登録しているおかげで、
わざわざ書店や某古本屋さんへ行かなくても気軽に本を買えるおかげで
明らかに本を買うハードルが下がっています。
だって、読んでしまえばまたフリマアプリで売れるもの・・・。
某古本屋でバカみたいな値段で買取をお願いするよりかよっぽどいいですよ・・・。

内向型人間でなにがわるい?

最近買った古本
「内向型人間のすごい力」スーザン・ケイン著 講談社+α文庫 定価840円+税
ちなみに「ブクマ!」で726円で購入。
かつて新聞か何かで紹介されて、読んでみたいなぁ~と手帳に書き留めていたのだけれど、その後すっかり書いたこと自体も忘れていて、最近再びその手帳に書いていたところを目にして、さっそくフリマアプリで検索してみた次第です。

実はこの本は2013年に講談社から出版された「内向型人間の時代ー社会を変える静かな人の力」を文庫化した書籍です。

私が長年抱いてきた違和感を見事に明らかにしてくれています。
自分は内向型だな、と自覚しながらもそうであってはいけないと、ずっとちがう仮面をかぶってきたけれど、この本を読んで、内向型でもいいんだな、とはじめて自分を肯定できました。

内向型であってもいんだよ~というメッセージをもっと広く発信すべきと思いました。

こういう認識が社会全体に広がれば、就活で苦しむ学生も減るのでは?と思います。

社会に望まれる人間は明るく、社交的な人ばかりではないはず。
また、そんな人だけが人生において成功できるわけもない。
そろそろ、そういう過剰なポジティブシンキングをやめるときなのではないかと思います。

でも今の就活ではそういう人間を装わなければ採用してもらえませんからね・・。

なんか人生の初期の段階で自分を偽らなければならないってすごい罪悪感ですよ。
そしてまた、内向型の人間はそういうことを過剰に気にしてしまいますから・・・・。

赤ちゃんに対する実験

未知の体験に対して泣いたり、足をばたつかせたりして反応する「高反応」の赤ちゃんは一見、社交的と思われがちだが、実は逆で、将来内向的になる。一方、未知の体験に対して、反応が薄い「低反応」の赤ちゃんは、一見、もの静かで内向的かと思われがちだが、実は逆で、将来「外交的」になるそうな・・・・。
なぜなら刺激に対して強く反応するか、あまり反応しないかの違いだから。刺激に対して反応しない=何事にも動じない神経系だから。
へ~と妙に納得。
「高反応」ゆえにいろいろと察知してしまってむしろ消極的になってしまうのか。
危険を察知して回避しているとも言えるけど。

小学生3姉妹・5人家族・5月の家計簿報告

毎月恒例、5月の家計簿報告します。
使っているのは婦人之友社から発行されている「予算生活の家計簿」
通常の費目に自動車費と妻・自由費という費目をプラスして使っています。

家族構成は
夫 50代前半(団体職員。ただいま他機関へ出向中=左遷?)
妻 40代前半(毎日メインパートを4時間半プラス、サブパート3時間、おまけに土日は早朝のアルバイトを3時間ほど・・・と奮闘中。稼いだお金は子どもの将来の教育費&自分のための老後資金としてせっせと投資信託&個人型確定拠出年金へ・・・・おおきくなれよ・・・激しく期待)
長女 小6(習い事は習字)
次女 小3(習い事なし)
三女 小1(習い事なし)

 予算2017年5月決算
副食物費84000100493
主食費22500
給食費3人分
47495
給食費2ヶ月分含む
調味料費1100011734
食費合計117500159724
光熱費1650016747
住居・家具費87000
住宅ローン45783
89650
衣服費200009197
教育費28500
長女のみ習い事あり
25591
交際費5000540
教養費55003072
娯楽費10000360
保健・衛生費76500
長女歯科矯正予定あり
15440
妻・美容院
消耗品まとめ買いあり
職業費89000
夫こづかい64000
通勤定期代
36201
出張費戻りあり
特別費2900021450
妻・実家への帰省費
公共費1500100
自動車費284000
2台所有
ミニバン購入予定あり、だったけど今年はやっぱり買わないらしい・・・。
95752
軽自動車の任意保険代
妻・自由費3000012171
書籍まとめ買い
ラクマ売り上げ入金
純生活費合計800000485993

給食費の引き落としが2ヶ月分まとめてだったので、主食費、そして食費全体がえらいことになっています・・・。

おまけに5月は自動車税の支払いもあり・・・。

収入<支出(税金・社会保険料含む)の結果でした・・・。

6月に入り、2017年も中盤にさしかかりました。

車を買う予定が夫さんからの申し出によりなくなったので、昨年の外壁張り替えに引き続き、今年も大きな出費を覚悟していたのですが、とりあえず、今年は貯金ができそうで一安心です。

ちなみ2016年からお世話に銀行はこちらです。
普通預金の金利が他とは違います。
楽天証券と口座を連動させればもっとお得に。

2017/6/13追記
ついでにすごいことになった食費の内訳も報告しちゃいます(笑)
副食物費A(いわゆるおかず代) 87649
内訳 魚類 予算 12000に対し、実際は9632
   肉類 予算 15000に対し、実際は23863(どんだけ肉を食べすぎているのやら・・・)
   野菜類 予算 18000に対し、実際は24412(こちらも食べ過ぎ?単価の高いアーモンド(生協で箱買いやら、煮梅用の梅3キロなども購入。今さらだけど煮梅用なので本当は果物の分類に入るのかも、と今気づく)
   豆・豆製品 予算5000に対し、実際は3811
   牛乳・乳製品 予算5000に対し、実際は1762
   卵 予算 3000に対し、実際は1658
   調理食品 予算 3000に対し、実際は3357(フリーズドライのトムヤンクンスープまとめ買い&チルドのぎょうざなど)
  果物 予算 14000に対し、実際は18614(生協で国産みかんの缶詰の箱買いあり)
  その他 生協宅配手数料 540

考察:肉、野菜の買いすぎです=食べ過ぎ。まあ、野菜は食べ過ぎてもいいのだけれど・・・。

副食物費B(我が家の場合はおかし代)
予算 9000に対し、実際は12844
一応、言い訳をしておきます。長女が友達の誕生日会用に、ケーキの材料を買ったので。(微妙な費目わけになるのだけれど・・・実際は交際費?それとも家庭教育費?)
今後の季節に備えて、ポッキンアイスのまとめ買いもしました。

主食費A
予算 8000に対し、実際は9525
カップめんのまとめ買いあり

主食費B=外食費&給食費
予算 14500に対し実際は37970
小学生3人分の給食費が2ヶ月分となっています。
他、GW中の実家帰省の際の外食費も入っています。

調味料費
予算 11000に対し、実際は11734
734円の微妙なオーバー
こちらもアイスコーヒーボトルのまとめ買いあり

改めて、生協でのまとめ買いが出費を大きくしている元凶だと気づく。
でも、家の前まで運んでくれるし、大変ありがたいので、おそらく今後もまとめ買いはやめられないでしょう・・・きっと。

2017年4月家計簿報告・小学生3人含む5人家族の実態は?

基本情報
小学生3姉妹(1・3・6年)を含む5人家族
夫は団体職員
妻はパート掛け持ち主婦
田舎住まい

使っている家計簿は婦人之友社の「予算生活の家計簿」13冊目(途中、パソコン家計簿にもチャレンジしたが挫折)

4月の家計簿を締めました。
4月は主食費が異常にオーバーです・・・。

 予算実際
副食物費8400073295
主食費22500
給食費3人分含
27013
4月分給食費の支払いは5月に請求なのに・・・
菓子パンやらカップ麺やら買いすぎ
調味料費11000
夫・発泡酒代含
7205
光熱費
16500
給湯は灯油
19160
住居・家具費87000
住宅ローン45783
62211
衣服費2000020134
教育費28500
長女習い事は習字
35684
学納金の支払いはないのに、習字セットやら鍵盤ハーモニカやらの支払いあり
交際費50000
教養費5500
新聞、NHK受信料、ケーブルテレビ受信料
14952
ケーブルテレビ年払いあり
娯楽費100001160
保健・衛生費76500
長女歯科矯正予定
5431
職業費89000
夫こづかい64000
通勤定期代含
56600
出張代戻りあり
特別費29000
かけすて保健
28871
実母へ誕生日祝い金あり
公共費15001900
自動車費
284000
ミニバンと軽の2台所有
ミニバン購入予定
111401
軽の車検あり
妻・自由費3000014989
純生活費合計800000480006

締めたあとで、記入漏れに気づいた・・・。
5月分で記入します・・・。
こういうことがあると、ぴったりお金が合わなくなるんだよね・・・。
一応、完全記帳を目指しているので。
前月繰り越し(現金)+今月収入=今月支出(税金、社会保険含む)±預金±カード差し引き額+来月繰り越し現金
この式が合わなくなる・・・。
まあ、原因がわかっていればいいんだけど。



ちなみに主食費の内訳は

子どもおやつ用食パン 4斤 234円
子どもおやつ用菓子パン 70個 8412円
粉類 427円
乾麺・茹でめん 5388円(乾麺まとめ買いあり)
カップめん 24食 2715円
その他(甘酒のための麹、など) 7213円

改めて、菓子パン70個はすごい。
ほぼ、70個を3姉妹+私で食べている。
一人あたり1ヶ月 約18個

ちなみに
今年のこれまでの菓子パン購入歴を振り返ってみた。
1月 37個 4248円
2月 47個 5702円
3月 44個 5383円
4月 70個 8412円

4月は菓子パン購入が増えた分
おかしをあまり買わなかったのだけれど。

ちなみに今年のおかし購入歴も振り返ってみた。
1月 8960円
2月 9629円
3月 13621円
4月 6933円

ついでに菓子パン+おかしも計算してみた
1月 13208円
2月 15331円
3月 19004円
4月 15345円

だいたい、15000円といったところか・・・。
30日でわると1日500円。
菓子パンとおかしで500円。

菓子パンやおかしなんて、ほぼ余計な栄養分なので、
もっと改善の余地がありそうだけど。

果物をおやつとして出すとか。
かぼちゃやサツマイモを使ったおやつをできる範囲で手作りするとか。(ムリだけど、一応言ってみた)

米は夫さん実家からもらえるので、それをもっと有効活用せねば・・・。

子どもたちがパクパク食べそうなものに変換しなくては。

かっぱ巻きにしておやつに出すとか。



我が家の家計簿の歴史(13年)を振り返ってみた

2003年12月に結婚
2004年から主婦向け雑誌の付録の家計簿で家計簿をつけ始める。このときから夫の通帳も預かり、全家計を任せられる。毎月の収入、支出を記録していただけ。
夫のこづかいは毎月3万+ボーナス時(年2回)5万ずつ。

2005年家計簿の講習会で知った「婦人之友社の羽仁もと子案家計簿」をつけ始める。この家計簿は予算を立てることが特徴だけれど、予算は立てられず、まだまだ収入、支出を記録するのみ。
支出のすべてをまだ把握できず。
長女誕生。
収入(税引き前)に対する貯蓄率18%
妻収入・年間36万円。

2006年、同じく「婦人之友社の予算生活の家計簿」をつけ始める。
この家計簿についてくるガイドに載っている新婚家庭の予算を参考におおまかに予算を立ててみる。
貯蓄率56%(生前贈与あり)

2007年、同じく婦人之友社のパソコン家計簿を購入し、チャレンジ。初期設定もし、予算もたて、1年間つけ通した。
車購入。(ミニバン)
貯蓄率マイナス5%

2008年、やっぱり手書きの方が自分には向いていると思い、ふたたび予算生活の家計簿に戻る。
以降ずっと予算生活の家計簿を愛用。
長女保育所入園。
妻・半年間のみ働く。妻収入・年間69万円。
貯蓄率28%。

2009年、遺産相続あり。住宅ローン半分ほど繰り上げ返済。(ちなみに諸事情により、住宅は結婚前に夫が購入済み)次女誕生。貯蓄率0%。

2010年、貯蓄率21%

2011年、三女誕生。
貯蓄率25%。
次女保育所入園。

2012年、軽自動車購入。
貯蓄率8%。

2013年、サンルーム設置、給湯器交換。
貯蓄率23%。
妻4月より・週2日のみで働く。妻・収入年間24万円。
三女保育所入園。

2014年、妻週5日で働く。貯蓄率17%。妻収入年間58万円。

2015年、妻週5日で働く(時給が少しアップ)妻・収入79万円。
貯蓄率26%。

2016年、住宅の外壁リフォーム。
妻週5日で働く。土日の早朝アルバイトも始める。妻収入・年間112万円。
貯蓄率マイナス7%。
夫のこづかい上げろの反乱勃発。
夫こづかい月64000円にアップ。(夫が勝手に企画・実行する娯楽費、外食費も含まれる)

2017年、車の買い替え予定だったけど、夫曰く、どうやらもう少し乗り続けるらしい・・・。
今年は貯蓄できないもの、とあきらめていたけど、今年も貯蓄できるかも?

ちなみに貯蓄額は2005年当時に比べると約3倍に増えていた。
ほぼ今後の教育費で消えていくだろうけど・・・。

よく頑張った、私。
だれもほめてなんかくれないので自画自賛です。
だれにもこんなこと自慢できないのでブログでこっそり自慢です。いや、ただの報告です。

そもそも自慢になっているのかどうかよくわからないが・・・。
貯蓄率ってどのくらいが妥当なのかしら?



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

2017年家計簿・100分で3月の月末締め&3ヶ月平均を出す

今朝の朝活

夫さんが6時半に出勤してから、春休み中の子どもたち(3姉妹)がのそのそと起き出してくるまでの間の100分間に、2017年3月の家計簿の月末締めをし、3ヶ月平均を出しました。
月末に行う、私の大仕事です。電卓&パソコンと格闘し、完全に経理のおばちゃんと化します。

1月から3月までの収支年計表をエクセルに打ち込み、3ヶ月平均を出しました。(ひな形は作ってあるので打ち込むだけです)

格闘した結果はこちら

 1ヶ月予算3ヶ月平均
純生活費合計800000457039
副食物費8400071699
主食費22500
給食費込
25123
調味料費110009670
食費合計117500106492
光熱費1650021604
冬場は灯油代のため予算オーバー
住居・家具費8700096865
町内会費年払い済
水道代(地下水)年払い済み
衣服費200009361
教育費2850014676
交際費5000447
教養費55007735
娯楽費1000014834
夫+子どもスキー宿泊2回
保健・衛生費76500
長女歯科矯正予定あり
14666
職業費89000135560
6ヶ月通勤定期支払済み
出張代前払いあり
特別費290009408
公共費1500318
自動車費284000
車購入予定あり
11902
妻・自由費3000013170

主食費、光熱費、娯楽費が予算オーバー気味
主食費には外食費や給食費も含まれているのですが、それ以外の部分で予算オーバーです。→菓子パン買いすぎ
そもそも菓子パンってどのくらい買うのが妥当なのかがよくわからない・・・。
ほぼ、子どもたちのおやつなんですけどね。

町内会費(住居・家具費)、水道代(住居・家具費)→田舎ゆえ上水道の整備がされていないので、共同利用の井戸があり、その設備の利用料、および電気代です、NHK受信料(教養費)、等、年払い済みのものがあります。

今年は車の購入予定と長女の歯科矯正の予定があるので、予算は大きくなっています。
上記の予定のため、今年は預金引き出しの年になるので、家計簿をつけるモチベーションが下がりますが、なるべく預金からの持ち出しを少なくするためには、やっぱり日々の家計簿記帳と、月末締め、3ヶ月、6ヶ月・・・の平均を出して、、予算と照らし合わせることが大切です。

とりあえず、3ヶ月平均を出せたので今日の大仕事はおわり。

2017年1月家計簿

2017年2月家計簿