毎月1日はメルカリの日っていうけれど、実際は・・・?

実際のところ、毎月1日からメルカリとにらめっこしている人はいないんじゃないの?と思っているのは私だけ?

だって、前の月に獲得したポイントも付与されてもいないし・・・。

ポイントが付与されたら、期限が切れる前に使わなくては、と思うので、実際は15日位からみんなポイントを使って商品を買い始めるのではないか?とにらんでいます。

と、いうのも今月は10日過ぎまで、全くといていいほど、メルカリからの動きがなく、今月は全然売れないな~なんて思っていたところ、ここ2,3日で毎日なんかかしら、といっても我が家のメルカリ商店の場合は書籍ばっかりですけど、毎日取引が発生しているので・・・・。

あくまでも我が家のメルカリ商店に限った話ですけどね。

世間一般的にはどうなんでしょう?

という訳で、今月もぼちぼち売れているのでなんとか3回目の売上金振込み申請を目指したいところです。
(ちなみに2017年6月からメルカリに挑戦しています。1万円以上になれば手数料無料で振込みが可能なので、1万円たまるまで頑張っています。)

6,7月は順調に売れて、売上金申請ができたのですが、その後はいまひとつで、低迷しておりました。

2017年家計簿9ヶ月平均出してみた

使っているのは婦人之友社発行の予算生活の家計簿

家族構成は夫&子ども3人(小6・小3・小1)
夫は団体職員・50代前半(やる気なしおまけに生きる気力もない)
私は自治体臨時職員&土日はドラッグストアで早朝品出しアルバイト

ここ数ヶ月家計簿の集計をおろそかにしていたので、一発奮起して頑張ってみました。

予算修正後予算9ヶ月平均
副食物費
おやつ代9000含む
840008400074467
主食費
給食費3人分含む
225002250027696
調味料費
発泡酒・嗜好飲料含む
11000110009420
光熱費
調理はプロパンガス
給湯は灯油
太陽熱温水器あり
165001650017460
太陽熱温水器が壊れていて機能していなかった時期あり
住居・家具費
住宅ローン45783
870008700099712
太陽熱温水器修理代(予算外)
衣服費200002000013594
教育費
習い事は長女のみ(習字)
285002850018772
昨年支年払いで払ったタブレット学習を途中で解約したため、返金あり
交際費500050002045
教養費
新聞・テレビ受信料・ケーブルテレビ契約料
550055005957
娯楽費10000100005416
夫&子どものみでスキーへ2回ほど
保健・衛生費
長女歯科矯正一括払い予定
765007650016142
今後歯科矯正費用80万ほどの支払い予定あり
職業費
夫こづかい64000
通勤定期代25000
8900089000107002
夫こづかいより娯楽費や外食費、ワイン購入費等あり
特別費
かけすて保険
実家への帰省費など
290002900034950
公共費150015001042
自動車費
2台所有
1台分車検あり
新車購入予定だったが来年以降へ
28400034000
新車購入費を除いた
35018
車検1台分、任意保険1台分支払い済み
妻・自由費300003000013154
フリマアプリの売上金はここで差し引きしている
純生活費合計770000520000481847

明らかに予算外の出費は太陽熱温水器の修理代80000円ほど

食費の細かい内訳も出してみました。
合計が上記の数字とあっていないけど、細かいことは気にしない・・・ということで。

食費の予算は食べるべき目安の量から必要な量を算出して、買うべき必要量を設定し、金額の設定を一応しています。
でも、それぞれ家族によってほとんど食べないものなんかもあるので、その辺はどうしたらよいものか・・・。

たとえば、夫さんは普段、果物なんてほぼ食べていませんけど、一応買うべき必要量には入れてありますので・・・。
夫さんの分を家族の他の誰かが食べてしまっているということになります。(主に長女と私か?)

あと、三女は卵が嫌いなので、ほぼ食べないのですが、一応買うべき量には入れています。

必要な栄養を摂っていないから、他のモノを食べてしまっている(お菓子やジュースなど)という現実。

お米は夫さんの実家からもらっているので、予算には入れていません。

夫さんのみ朝食にホームベーカリーで焼いたパンを食べます。

食パンや菓子パン等はほぼ子どもたち&わたしののおやつです。(摂りすぎた糖質はすべて私のおなかの肉となってしまった)

今年前半はもち麦を入れてご飯を炊いていましたが、あまり効果は見られず・・・途中でやめました。

甘酒ブームがやっている前から甘酒作りを毎年楽しんでいましたけど、今年は種麹屋さんが自分が住んでいる県にあるということを知り、ちょっと大量に買ってみました。

今現在は、糖質制限ダイエットに取り組もうと、決意し、作ってしまった冷凍保存してある甘酒をどうしようか?と思案中。

副食物費内訳予算9ヶ月平均
120007627
1500015273
野菜1800016194
豆腐・大豆製品50003754
牛乳・乳製品50003117
30001521
果物1400013220
調理食品30004837
おかし代90009860
主食費内訳予算(ざっくりですけど)9ヶ月平均
食パン1000421
菓子パン20004834
粉類500740
麺類10001283
カップめん等5001761
もち1000240
もち麦など1000628
麹など10001578
給食費1170010738
外食費30005222
調味料費内訳予算9ヶ月平均
いわゆる調味料65003214
酒類25003226
嗜好品飲料
コーヒー・ジュースなど
20002981

我が家の収支年計表&資産管理表はエクセルでカンタンに

毎度おなじみ家計簿ネタです。

家計簿は婦人之友社の予算生活の家計簿を使って13冊目。

賞与を含めた1年の収入予測をして、それを12等分して、1ヶ月に使うことのできる金額を割り出し、それを各費目ごとに予算わけをする、という一般の会社と同じようなやり方で、家計簿としてはちょっと変わった家計簿です。

でもその歴史は古く、その原型は100年以上も前に、羽仁もと子氏(雑誌:婦人之友の創刊者・日本で最初の女性新聞記者)によって作られました。

記入の仕方もちょっと変わっていて、毎月の各費目の予算から使った分を差し引いていき、その月に使えるお金を常に把握することができる、という便利なものです。

そして、ひと月の終わりには、予算に対して使ったお金、剰余金(予算に対しての余ったお金)を出していき、それを各月累計していく、というやり方です。

毎月のやり方はこんな感じに進めていくのですが、この家計簿の優れた点は、収支年計表があることなのです。

ちなみにこちらの家計簿を愛用している方々の団体では、毎月の剰余金を書き、収支年計表も書き、ひと月の収入と支出が合っていることを確め、それを1年間抜かりなく続けることができたことを完全記帳とよんでいます。

これはなかなかできることではありません。
なぜって、結構計算が大変だからです。
でも一応、カンタンにできるようにはなっているのですけど・・・。

それでも手計算だとやっぱり間違えてしまうことも多々・・・。
計算まちがいが発覚すると、もうそれだけでやる気が失せてしまうことも・・・。

そんな過去を経験し、近年では収支年計表だけはエクセルでちゃちゃっと打ち込んでしまっています。
そして合計や平均の計算はエクセルさんにお任せってことで。
お話を聞くところによると、こちらの団体では、意外と30代、40代の若い世代はこんなやり方で収支年計表を作成している方々が多いようです。もちろんパソコンのできる方は60代、70代の方でも同様になさってはいますが。

一番初めにやるときはちょっとだけ表を作るのに時間がかかりますが、できてしまえばこっちのもの。
手書きの表では6ヶ月平均と1年の平均しか記入する欄がないのですが、エクセルで作った表なら3ヶ月平均や9ヶ月平均なんかもサクサクっと出せてしまいます。

ひとつ、この家計簿で残念なのは資産を記入する箇所がない、ということ。数年にわたって築いてきた財産(預金等)を記入しておくページというものが存在しないのです。
なので、これまでは白紙のページに前年末の銀行預金等の各残高を記入し、合計していたのですが、これもだんだんと記入することが大変になってきたので、こちらも近年ではエクセルで打ち込んでしまっています。

自動車購入資金、生活準備金、こどもそれぞれの教育資金・・・ってな感じで、預金名義、預け入れ額、満期期日などを打ち込んで・・・。

そんな感じで、日々の家計簿の記入は大変なのですが、これを続ければ収支年計表&資産管理表に打ち込んで、ながめることができる、という壮大な目標に向かって毎日の記帳に励んでいるのであります。

って、いうかぶっちゃけ、毎日のお金の記録はできなくても毎月月末にそのひと月のプラスかマイナスかだけでも把握しておくだけでもモチベーションが全然違うと思うので、とりあえず、今日は通帳記帳をして、残高を記録し、明日の夜に財布の中の現金を記録しておくだけでもいいと思います。

2018年用予算生活の家計簿・手帳・主婦日記・こづかい帳注文完了

2018年はどう生活する?

婦人之友社から発売される2018年用の予算生活の家計簿、手帳、主婦日記、子どものためのこづかい帳の注文を完了しました。
まだ楽天市場やアマゾンでも発売されていませんので、注文をされたい方は婦人之友社のサイトへ直接注文されるのがベストかと思います。もちろん書店などにもまだ置かれていませんから・・・。

2017/9/29追記
楽天で販売開始されました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

予算生活の家計簿(2018年) 羽仁もと子案 [ 羽仁もと子 ]
価格:1360円(税込、送料無料) (2017/9/29時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こづかい帳(2018年版) [ 婦人之友社編集部 ]
価格:324円(税込、送料無料) (2017/9/29時点)

いろいろ浮気はしてみたけれど・・・

2017年はいろいろと新しく試してみたかったので、ジブン手帳やら、KOKUYOのB5サイズのCampusDiary weeklyやら他のバーチカル手帳をいくつか買って、使ってみたのですが、バーチカルは私の生活には不向きだったようで、結局これまで使っていた婦人之友社の主婦日記に立ち戻っていったのでありました。そして2018年も、主婦日記(日記と銘打っていますが、中身は手帳なのです)、ということで基本に立ち戻ることにしました。

ジブン手帳のLIFEはとってもよかったけど、保存版にするにはしては紙が薄すぎるのが難点。
LIFEだけもっと大きいサイズにして、紙質をもっとグレードアップしてくれたら、それだけ再購入するのですが・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

主婦日記(2018) 四季の献立付き [ 婦人之友社編集部 ]
価格:939円(税込、送料無料) (2017/9/29時点)

家計簿はこれに限る

家計簿は同じシリーズで14冊目に突入。途中パソコン家計簿に1年だけ浮気しましたが・・・。
私の持論ですが、家庭簿は断然手書きに限ります。
お金の流れが見えにくい世の中だからこそ、家計簿は手書きにして、自分の頭の中にお金の流れをしっかりと叩き込まなくてはなりません。
それでも、結婚当初の今現在の生活は変化してきているので、この家計簿の費目分けになじまなくなってきてはいますが、この家計簿の基本的な考え方である、1年の収入予想を12等分して、1ヶ月の収入予算とし、支出も1年間にかかる費用を12等分して予算を立てる方法は、理にかなっていると思うので、今後も継続して使い続けたいと思います。

2018年は、予算の立て方を少し工夫して、変えてみようと思います。
今までは、毎月必要な費用・1年を通して考える費用という分け方だったのですが、2018年は必ず必要な費用・加わる費用という分け方で、我が家は最低いくらで生活できるのか、ということを把握したいと思います。

予算立ての用紙も原本を大切に保存しながら毎年コピーして使っています。
こちらは雑誌「婦人之友」の愛読者の団体である友の会のなかの町田友の会のサイトへいくと、予算立てのフォーマットがダウンロードできるようになっています。

いわゆる手帳に新シリーズが・・・

そして2018年は婦人之友社ではいわゆる「手帳」として販売されている「手帳」シリーズにB6サイズのものが新発売となったので、そちらを新たに購入してみることにしました。カバーが「プラネテ」といって、カラフルな織物になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

女性手帳(プラネテ黄)(2018)
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/9/29時点)

予算生活の家計簿ではなくて、羽仁もと子案家計簿の方はなんとカバー付きのものも発売されます。
予算生活~の方でもカバーが付いていたらいいのに・・・と思います。
いかんせん、予算生活の~を使っている人は少数派ですからね・・・。
私は当座帳と家計簿の二つに記入するのは面倒なので、1冊で済ませることができる予算生活の家計簿のほうがおすすめですが。

2017/9/29追記

そろそろ来年の予算立てもはじめようかな?

毎年、この時期になると、来年へ向けての予算立てが始まります。
と、いっても来年まで3ヶ月もあるんですけどね・・・。
それでも、実態に即した丁寧な予算立てをしようと思うなら、今の時期からコツコツと立てていった方がより丁寧な予算立てができるかと思います。

何から予算立てするかは人それぞれだとは思いますが、私の場合は、まずは来年必要な大きな費用は何かな?とまず考えます。

ちなみに我が家は長女が来年、中学校へ入学なので、その準備費用がかかります。制服、通学用自転車等々。15万ほど?
その他は車1台の車検か?それとも新車購入か?
車検をしてまだ乗り続ける場合は、スタッドレスタイヤを交換しなくてはならないかも?

ダイニングテーブル&ソファを買い替えたいけど、まだまだガマンか・・・?

こんな感じで、本当は夫さんや家族と楽しく会話しながら、予算立てが始められればいいのですけど、ご存知の通り我が家は夫婦機能はほとんど破たんしていますので、私が勝手に一人で考えています。

そして次は収入予算を立てます。
ちなみに、婦人之友社の各家計簿には初めのページに予算立ての詳しいやり方が掲載されていますので、それに沿っていけば、大まかな予算は立てられるようになっています。予算を記入するページもきちんとあります。

2017年5人家族家計簿6ヶ月平均出してみました

6ヶ月平均は7月早々に出せていたのですが・・・
こちらに掲載できずにいました。
今日、ようやくできました。

小学生3姉妹含む5人家族です。
夫50代(訳アリ)団体職員
妻40代 二つのパート(かけもち)と土日の早朝アルバイト
長女 小6 習い事は習字 よく食べる=太め
次女 小3 習い事なし 
三女 小1 習い事なし

2017年の6ヶ月平均はこんなんでました。
とりあえず、数字のみ報告。
ほぼ、予算どおりだけど、太陽熱温水器が壊れたので、光熱費がオーバーしています。
今後修理代も請求されます・・・。10万ほどだとか・・・。

 予算6ヶ月平均
副食物費8400076942
主食費2250029335
菓子パンの買いすぎ、食べ過ぎ
カップめんの買いだめなど過剰にしすぎ
調味料費110009094
食費合計117500115371
光熱費1650019564
住居・家具費87000
住宅ローン45783
84744
衣服費2000014585
教育費28500
長女のみ習い事あり
22486
交際費5000313
どんだけ交際していないのでしょう・・・
教養費55007384
NHK/ケーブルTV年払い済み
娯楽費100007670
夫&子どもでスキーへ2回ほど
夏休みは夫&次女・三女でUSJへ行くそうな・・・勝手に夫が決めた(怒)もちろん私&長女は行かない
保健衛生費76500
長女歯科矯正予定あり
10811
職業費89000
通勤定期代含
夫のこづかい64000
(夫が勝手に行く外食や娯楽代、食品の買いもの等含む)
94347
特別費29000
掛け捨て保険
実家への帰省費など
15123
公共費1500493
自動車費284000
新車購入予定だったけどなしになった
42508
車検&任意保険1台分済み
妻・自由費3000011870
習い事月謝2000円
とある会の会費2000円ほど
あとは書籍代など
純生活費合計800000447268