ホントにムカつく

やっぱり夫は心の狭いヤツだった・・・

夫さんの小遣いアップ要求大爆発事件から2週間。

小遣いが今までの倍以上になり、

なおかつある程度のまとまった自由に使えるお金を手に入れた途端、

子どもたちと夏休みの計画を立て、

好きなところへいろいろと連れていくらしい。




いろいろな場所へ連れていってあげようという気持ちはいいのだが、

あまりに露骨でしょ。

海、山、レジャー施設、花火、祭り・・・

どんだけ連れていくつもりよ。

それぞれの行き先で食事代もかかるのよ・・・

そんなに余裕がある家計ではないのに

海なんて自宅から5分で行けるのに、なぜ遠いとこへ行こうとするの?

いままで節約していたからこそ貯金できていたのに

今までの私の努力が水の泡だね

ホントムカつく。

いろいろと言ってやりたい気持ちをぐっとこらえるのが精いっぱい

あんまりムカつくので、私は私で隠し財産作ることにするわ

すでに実行中だけど

さらに加速させます

今まで節約のため、と思ってガラケーできたけど

スマホもこっそり買っちゃおう♪

もちろん夫には内緒で

子どもたちのタブレット学習も内緒で申し込んじゃったし・・・

夫さんには見つからないようにやらせています

もともと子供たちにタブレット学習させたい、と相談したら、

オレの小遣いは少ないのに・・・と逆切れされたことに

小遣いアップの要求のことの発端はあるので

2017/6/8追記
その後、スマイルゼミのタブレット学習を3姉妹分申し込みましたが、当時小5の長女は、学校の宿題に手いっぱいで、タブレット学習をする時間がなく、数か月後に解約。

次女と、三女もあまりやる時間がないので解約しました。

解約後のタブレットは長女、次女のものはしらべる→ヤフーキッズ→インターネットへ入っていけば、ネットにつながります。でも、すでに充電が満タンにならない現象がおきているので、いつ壊れてしまうかわかりません。

三女のものはどうやらアンドロイドとして使えるらしいです。(解約時の説明では・・・)
6月末で解約なので、まだ本当にアンドロイドとして使えるかどうか試していないのでわかりませんが・・・。

ちなみに2017年の夫&次女・三女の夏休みの旅行先はUSJ。
早々に予約していましたよ(笑)
長女&私は行きません。
っていうか一緒に行動したくもありません。

子どもたちには申し訳ないけど、今後家族全員で旅行に行くなんてことはもうないでしょう。



 

 

 

 

 

 

 

決意表明

絶対に夫を許さないぞ。
もう修復不可能でしょ。
以前のようには戻れません。決して。
私はそんなおバカではありません。
長い間違う道を歩んできたように感じます。
どこから道が分かれてしまったのでしょう?
はじめはちょっとわき道にそれたぐらいだったのが、今はもう全然違う道を歩いているように思います。
私は私の思う道。
あなたはあなたの思う道。
それぞれの道を歩いていけばいいじゃないか。
別にそれでなんの不便もないでしょ。
私は3人の子どもを育てる。
あなたは土日に子どもを好きなとこへ連れていって、好きなもの食べさせて、自己満足していればいいじゃないか。
私は好きなようにさせることが決して子どものためになるとは思わないけど。
価値観が違うんです。
あなたとは。
それはいずれ子どもたちが大きくなったときにわかる事。
本当に子どものためを思って接しているか、ただその場しのぎ的に接しているかの違い。
今はわからなくても子どもにはいずれわかるときが来る。
本当の親のあるべき姿が。
物や食べ物で子どもの気持ちを釣っているあなたは、教育の本質が何たるかを知らないだけ。
そんなことをしたって子どものためにはならない。
今は喜んでついて来るだろうけど。

子どもたちには申し訳ないが、完全に仮面夫婦。
ただの同居人。
給料を稼いで来る人。

バツ1なのに全く学習能力がないね。
バツ2になるおつもりなのかしら?
バツ2なんかになっちゃったら完全だめ人間扱いでしょ。
っていうか、すでにだめ人間だけど。
コミュニケーション能力ないから。

予知能力あり?

私、昔から何かが流行る前に自分がそれをやっていること、買っていることが多々あります。

例えばヨガ。

ヨガ、流行っていますね。
でも私は声を大にして言いたい。
私は世の中にがこんなにヨガブームになる前からヨガをやっていたぞ。
ちなみに4,5年前です。
近所の公民館でおばちゃんたちに混じって、一人若いもんで珍しがられましたけど。
今では、その先生のほかの教室は、大人気です。
でも私は昔からやっていたぞ、と心の中で叫んでします。

予知能力は他にもあります。

15年ほど前ですが、若かりし頃3年ほど
大人のバレエ教室に通っていました。
これも今のように大人のバレエが流行る前からです。
ここも周りはおばちゃんばっかりでしたけど、若いもんは私ひとりでした。
本当は今もやりたいけど、田舎なのでそんな教室が周りにないのよね、残念。

はいはいだれも信じてくれませんね。
まあいけど。
一人心の中で私って予知能力あるんじゃね、と楽しんでいます。

他には
今ほど下駄がブームになる前から
夏になるとかわいい下駄をはいていまいした。

去年の今頃くるみボタンのブローチに目をつけていました。
いいでしょ、と周りに同意を求めてもあまり相手にされなかったけど。

この力をマーケティングに生かしたら商品売れます、きっと。
でも逆に世の中の商品をみて、これはだめだね、と思うことも多々あります。
だれか雇ってくれないかな~。
はい、ただのつぶやきです。
どんだけ自信家だって話です。
すみません。

早朝の仕事(家計簿記帳)

今朝の朝イチ仕事は、家計簿記帳でした。
普通は一日の終わりの夜に記帳するなり、PC入力するなりしていかとは思いますが、私は家族が起きてこない早朝に記帳することが多いです。
7月に入り、1週間も経つのに前月からの累計等を記入していなかったので、今朝終えられてほっとしています。
私が使っている家計簿は「婦人之友社製の予算生活の家計簿」です。
この家計簿の特徴は、1年の収入見込みをを12で割って、1ヶ月の予算とすることです。ボーナスなどの収入を含めて1年の収入とするので、それを12で割ると、1か月分の予算は実際に手にする収入より多くなってしまうので、変な感覚になりますが、この原理さえわかっていれば、たとえ収入よりも多く使う月があったとしても、安心してお金を使うことができます。会社の会計と同じ原理です。
1ヶ月分の予算を、食費、光熱費などど各費目に割り振って予算を立てます。
なので家計簿の記入の仕方は、1ヶ月の予算から使った分を差し引いていきますので、今月はあとどれくらい使えるのか、ということが日々わかるようになっています。
ひと月の終わりには予算から使った分を差し引いて、余剰金もわかるようになっていますので、その余剰金も次の月へと引き継ぐように記入するようになっています。

100年以上続いている家計簿です。

7/20追記
家計簿をつけて12年目にして、夫の反乱が起きました(笑)
小遣いが少ない、もっとよこせと。
家族の幸せを願ってつけていた家計簿だったのに、逆にお互いを不幸せにしていました・・・。
やっぱりお互いある程度自由になるお金を、持っていた方がいいのではないかと思います。
いつでも家計簿は見られる状態にしてあったのに、関心を示さなかったのはあなたですけどね。
あなたはうれしいでしょうね。
3万円の小遣いが66000円にアップするんですから。
管理職手当ては部下におごるための金だ、なんて本気で言う人初めて見ましたよ。
笑っちゃいますよ。
管理職手当ては残業代の代わりでしょ。普通。
あほ過ぎるんであなたの言うとおりにしてあげますよ。
これで十分でしょ。

昨日の生協の配達で・・・


常温保存できるパンを注文していました。
配達されたほかの商品とともに一枚の紙切れが・・・。
「会社が倒産したので商品をお届けできません。」
あら残念。
6月末まで頑張ったけどダメだったのかね。

生協ではよく野菜などで「天候不順で生育が遅れていて、配達できません」のパターンはあるけれど、
今回のパターンは10年来生協を続けているけど初の展開でした。

今日は生協の配達日で○○が来る~と思っていて、何かの理由で配達されなかったときの落胆といったら・・・。

ちなみに生協の品物の味に慣れた長女はスーパーに売っているハム、ウインナーは絶対に食べません。
グルメな娘です。グルメというか余計な味に敏感というべきか。