宮本浩次カバーアルバム「ROMANCE」聴き入っています



私自身は、1974年生まれで、宮本浩次さまとは9歳年が離れていますので、「ROMANCE」に収録されている曲の中でリアルタイムに聴いていたのは、実は「赤いスイトピー」「白いパラソル」「恋人がサンタクロース」「First Love」くらいなのですが・・・。

逆に原曲を知らないので、私の中では、宮本浩次さまが歌う歌、として認識しています。

雑誌「ROCKIN’ON JAPAN」12月号や「CUT」12月号を購入して、カバーアルバムに込めた想いも一言一句熟読させていただいています。

当たり前ですが、「すばらしい!」の一言です。

どれもおすすめですが、「ROMANCE」がロックしていてカッコいいです。
思わず、原曲はどんな感じだったのだろうかと、Youtubeで聴いてみました。

あと、「化粧」も・・・。
こちらも原曲を知らなかったのでさっそくYoutubeで探してみました。

ちなみに「異邦人」なんて私は大学生のときに先輩がカラオケで歌っているのを聞いて、初めてこの曲を知りました。

少年時代に歌謡曲に魅了された浩次少年を想いながら聴き入っています。

初回限定版ボーナスCDに収録されている「翼をください」が、狩野英考さんのクセ歌並みにアレンジが効いていて面白いです(笑)

ちなみに私の少女時代は中森明菜さんでした。
歌の意味を深く考えもせず、そのたたずまいや歌い方、衣装に魅了されていました。

11/23、今日は、なんと宮本浩次さんがヒルナンデスに出演。
外出していたので、帰宅後に録画しておいたものを拝見させていただきました。

喫茶店めぐりをされ、タルトやオムライス、ナポリタンを爆速で食べながら、食レポを一応している浩次さん。
めっちゃおもしろかったです。

カバーアルバム「ROMANCE」のプロモーションとはいえ、しっかりと楽しまれている浩次さん。

こんな感じでたまにはバラエティー番組に出てほしいな・・・とは思いつつ、同年代のファンがますます増えてしまうでないか・・・とちょっと心配。いやいや、浩次さん目線ではファン獲得できていいのか・・・。