末井昭著「結婚」を読んでみた。結婚の意味ってなに?

先日、某地方紙の書評欄で見つけた本です。

結婚している身分として、また結婚をなんとか継続させている身分として、
そしてこの結婚に意味があったのか疑問を持つ者として、
素直に答えを求めたかったので
さっそくネットで購入し、読んでみました。

失礼ながら、末井昭さんなんてこれまで全く知らず、ただ単純に結婚する、結婚しているということに対して、
なにか自分にピッタリくる答えはないだろうかと探すつもりで、いや、すがるつもりで読みました。

これまでも結婚について書かれている本は多々読んできたのですが(悩み多きゆえ必然的に・・・)
これまでの本と違ったところは、聖書に基づく男と女の解釈が書かれていたことです。

聖書的な解釈では結婚とは何なのか、男と女は何なのか、夫婦とは何なのか・・・

それらに対する見解が書かれていて、私の心にスッと落ちるものがありました。
クリスチャンではなくても一応信仰を持つものとして、やはり一番の大元の聖書ではどのように解釈されているか、ということは今の私の心には一番しっくりくるものがあります。

ちなみにこの本での聖書的な解釈は千石剛賢さんという方がされていたイエスの方舟という宗教団体での解釈なのですが・・・。
かつていろいろと世間を騒がせた団体のようですが・・・。
これまたそんな宗教団体があったことも、また千石さんなんて方も一切、知りませんでしたが。

それでもこの方が言われていた言葉にはしっくりくるものがあります。
さっそくネットでこの方が書かれた書籍を検索してみたらとんでもない値段がついていて、購入できませんでしたけど。

古い本、おそらくもう絶版なので法外な値段がついているのでしょうけど。

幸い、わが県の県立図書館にはおいてあるようなので、取り寄せて読んでみようとは思いますが。

なかなか聖書のなかでの、男や女、夫婦、結婚についてなんか書かれている書物をあまりお目にかかったことがないので、逆に新鮮でしたし、求めていた答えはこれだ!!って感じがしましたけど。

前半は末井さんのこれまでの人生が淡々と書かれているのですが、恵まれない家庭で育ったゆえに身に着けてしまった処世術には私にも共通するものがあり、共感できる部分でした。

一応断っておきますが、末井さんとやっていることは全然違いますが・・・。

後半からは聖書の話が出てくるのですが、今まで聞いたこと、読んだこともないような聖書に対する解釈が出てきて(私はクリスチャンではありませんが、聖書は時々読んでいて、信仰はしています)新しい発見が多々ありました。

いくつか紹介します。

「相手のしあわせをたえず祈れ」これは千石さんがクリスマスの集会のときに言われた言葉なのですが・・・。
それに対する末井さんの解釈になるほど、と思わされました。

相手のしあわせを本気で祈っているときは、自分というものが一瞬消えてしまいます。(略)つまり相手のしあわせを祈り続けることが、二人がうまくいく最善の方法

千石さんは女が作られた意味を次のように言っています。
「人間が神のことばを聞いてすばらしいものとなるためには、神のことばを聞いとるだけではあかんのです。聞いたことを、自分以外の誰かに間違いなく正確に伝え受け取らさねば、自分のすばらしさというものが現実にあらわれてこないんです。そこで、受け皿というか、すなおに男の伝えることを受け止める人格、つまり女がつくられたわけです。」(『隠されていた聖書』)

引用ばっかりで申し訳ないですが・・・もうひとつ
こちらは末井さんの文章より

愛されたい者同士が一緒にいてもうまくいきません。愛するということは、愛されるという意識を持つ者がいて成立します。(略)極端なことを言えば、男であっても女であっても、愛する者と愛される者がいれば愛は成立するのではないかと思います。

ちなみに千石さんの解釈では、「女は男を愛せない」です。
「あくまでも神の絶対意思として、男は女を愛し、女はその愛を受け止める」だそうです。

こんなことを書いていたら、ふと思い出したことがありました。
かつて(遠い昔)我が夫さんもいいこと言っていたな・・・と。
「○○は好きなことすればいい。俺はその姿を見ているだけでうれしいから」と。
まさに千石さんがいうところの男が願う真実のしあわせなのでではないかと。

いったいどこで道を間違えてしまったのやら。

おそらくその答えはまたまた千石さんのことばのなかにあります。

夫婦というものは一体になれさえすれば、何ものにもかえ難い宝を手に入れたようなもんで、打ち出の小槌をふるようにその夫婦のありかたから、いくらでもしあわせが湧き出ます。ところが、その夫婦の中に嘘が生じたとします。たかがちょっとした嘘くらいと思われるかもしれませんが、ちょっとであろうとそっとであろうと夫婦の中に嘘が入り込みますと、もうどんなにがんばっても、その夫婦はしあわせには絶対におとずれません。

末井さんの解釈では、

嘘が入ったとたんにお互いが引き裂かれてしまう、つまり他人意識が生まれるからです。

我が夫婦は最初から嘘のかたまりのようなものですから。少なくとも私は・・・。
ここで懺悔しますけど。

末井さんの言いたいことは一番最後の章「結婚の意味」に書かれています。
嘘がなく何事も包み隠さず付き合える相手、それがパートナーであると。

結婚はしてみたけれど、人生のパートナーにはなり得ていない、我が夫婦には痛いお言葉であり、全然遠い道のりです。
今まさに人生の岐路に立たされている我が夫婦はいったいこれからどうなるのでしょうか?
またどうすればいいのでしょうか?

末井さんと現在の奥様との間には聖書という共通の指針があったけれど、
残念ながら我が夫婦にはない。
私は聖書に親しんでいるけれど、夫さんは聖書には無関心。おまけに私にもおそらく今は無関心。

いったいどうすればいいのやら・・・?

再生の道はあるのかしら?

生きるって何?ディープな本を読んでみた。

「悩みぬく意味」諸富祥彦著
ちなみにこの著者の方は、心理カウンセラー

この本は2016年の8月に実家へ帰省したときに、某古本屋さんで見つけました。
タイトルからしてもすごいのですが、読んでみるともっとすごい。

「悩みぬく意味」のはじめにには
「生きてゆくことは、悩みゆくことである」とあります。

また、こうも書かれています。
「悩み方」の質が、その人の「生き方」の質を決めるのです。とも・・・。

初っ端からなんて深いのでしょう。
2016年夏に購入してから何回か読んでいたのですが、最近また読んでいて気づいたことがありました。
この著者の方はどうやらビクトール・エミール・フランクルという人の影響を強く受けているようだと・・・。

そしてフランクルという方はアウシュビッツでの体験を基に記した「夜と霧」という超有名な本を書いているらしい・・・。(お恥ずかしながら、ちなみに私は全くこれまでの人生で知りませんでした)
さっそくメルカリで検索して、なんとか古本をゲット。
出品数は多いけど、ほとんどがSOLD OUTになっている。
やっぱり有名な本なんだ・・・。

さっそく読んでみると、やっぱりすごい内容だった。

なんで今までこのことをスルーしていきたのだろう?
なんでフランクルの本を読んでみようかと気づかなかったのだろう?
そしてなぜこのタイミングで読んでみる気になったのだろう?

本当に神様は絶妙なタイミングでいろいろなことをはからうものです。
今まで、全く気にならなかったのに、今回だけは、このフランクルという人とはどんな人なんだろう?
著作を読んでみたいという衝動にかられたのです。

フランクルからのメッセージは

人間は「人生から問いかけられている存在」である

ということ

この人生の部分を神様、とか偉大なるものとかにかえるともっとすっきりくると思います。
ちなみに私はクリスチャンではありませんけど。
でも、神に対する信仰はあります。

今まさに夫との関係に悩んでいる私。

別に夫が不倫をしているとか、DVを受けているとか、お金を入れてくれないとかそんなことは全くないのです。
むしろ世間的にはとてもいい夫さんに映るでしょう。
でも私にはそんな表面的なことはどうでもいいことです。

もっと人生のパートナーとして精神的な深い結びつきが欲しかったのです。
残念ながら夫さんとはそんな結びつきは得られませんでした。(これまでは)

私がこんなことで思い悩んでいるなんてことは夢にも思わないでしょう。
そもそも私がどんな本を読んでいるかすら興味が全くないですから。

それでもフラクンルに言わせれば、人生からの問いに答えなくてはならない。
この状況の中で私は何ができるだろうかと考えなくてはならない。

しかもフランクルに言わせれば

「人生の状況」の「正しい意味」はたったひとつしかない

人間は意味を勝手にねつ造することなく、その「正しい意味」を「具体的な行動」で見つけ出さなくてはならない

さてさて私にはその意味が見つけられるのでしょうか?

最近の流行りは旦那ネグレクト

結婚当初は甲斐甲斐しくいろいろとお世話をしてあげていたけれど
最近はなぜ私は、夫のハンカチにアイロンをかけなければならないのかさえ疑問を感じ、日々悶々としています。

と、いうわけで、徐々に徐々に夫ネグレクトしています。
どんだけネグレクトしようが大の大人が飢え死にするわけでもありませんので。
要は自分のことは自分でしろってことです。
私はあなたの召使ではない。

おまけに食事作り係りでもない。

あくまでも子どもの食事を作るついでにあなたの分も作っているだけですから。

洗濯だってそう、あくまでもついでにやってあげているだけですから。

本当は洗濯物だってしたくない。
いっしょになんか洗いたくない。

もちろん洗濯物だってたたみたくなんかない。

以前のかわいらしかった私は夫の洗濯物をたたんで、タンスにまで入れるところまでやっていたけれど、
よくよく考えたら、それって、私がしなくてもいいのではないかと思い至り、最近はたたんだ洗濯物は自分で片づけろと言わんばかりに、放置しておきます。

あとは、土曜日、日曜日の昼食。
12時になったら食事が勝手に出来上がっているもの、と言わんばかりの態度に本当にムカつきます。

12時まで2階に引きこもっていて、ごはんができたよ、と呼ばれたら下に降りてくる。

その態度に本当にムカつきます。

テーブルを拭いたり、お茶を用意したり、やることなんていくらでもあるのに、いっさいやろうともしない、いやそんなことをすることに思いが至っていない、非常に残念な夫さん。あんたはいったい何様だ?

最近は頭にくるので、わざとその時間外出していることにして、昼食を作ること自体を放棄しています(笑)

こづかいが64000円もあるんだからそこから昼食代でも捻出しろって感じです。

そもそも家庭の中での男女平等なんてまったくもって進んでいない。
イクメンなんて騒がれているけど、実際やっている内容なんて母親がやっていることの数パーセントくらいでしょ。

家事分担だって。
主要な家事はほぼ妻がやっているでしょ。
少なくとも我が家ではいまだにそうですけど。

この不公平感は半端ないです。
年々殺意さえわいてくるくらいです。
少しは危機感感じろよって。

おそらく夫の中では、自分は正社員、妻はただのパート労働。
だから自分は家事なんてしなくていい。
妻がやるもの。
こういう思考回路でしょうね・・・。

どんなに私が忙しそうに立ちまわっていても自分の分担された家事しかしない。

他に自分にできることはないだろうかと考えもしない。
想像が全く働かない。
=空気が全く読めない。

これじゃあ、普段の会社での仕事もどんな風にやっているかうっすら想像ができます。
だから左遷されるのでしょうけど。(笑)

あまりにもうだつの上がらない夫すぎて嫌になります。

2017年5人家族家計簿6ヶ月平均出してみました

6ヶ月平均は7月早々に出せていたのですが・・・
こちらに掲載できずにいました。
今日、ようやくできました。

小学生3姉妹含む5人家族です。
夫50代(訳アリ)団体職員
妻40代 二つのパート(かけもち)と土日の早朝アルバイト
長女 小6 習い事は習字 よく食べる=太め
次女 小3 習い事なし 
三女 小1 習い事なし

2017年の6ヶ月平均はこんなんでました。
とりあえず、数字のみ報告。
ほぼ、予算どおりだけど、太陽熱温水器が壊れたので、光熱費がオーバーしています。
今後修理代も請求されます・・・。10万ほどだとか・・・。

 予算6ヶ月平均
副食物費8400076942
主食費2250029335
菓子パンの買いすぎ、食べ過ぎ
カップめんの買いだめなど過剰にしすぎ
調味料費110009094
食費合計117500115371
光熱費1650019564
住居・家具費87000
住宅ローン45783
84744
衣服費2000014585
教育費28500
長女のみ習い事あり
22486
交際費5000313
どんだけ交際していないのでしょう・・・
教養費55007384
NHK/ケーブルTV年払い済み
娯楽費100007670
夫&子どもでスキーへ2回ほど
夏休みは夫&次女・三女でUSJへ行くそうな・・・勝手に夫が決めた(怒)もちろん私&長女は行かない
保健衛生費76500
長女歯科矯正予定あり
10811
職業費89000
通勤定期代含
夫のこづかい64000
(夫が勝手に行く外食や娯楽代、食品の買いもの等含む)
94347
特別費29000
掛け捨て保険
実家への帰省費など
15123
公共費1500493
自動車費284000
新車購入予定だったけどなしになった
42508
車検&任意保険1台分済み
妻・自由費3000011870
習い事月謝2000円
とある会の会費2000円ほど
あとは書籍代など
純生活費合計800000447268

旦那デスノート・リアルに欲しいかも・・・

リアル旦那デスノートが欲しい

先日美容院へ行き、女性週刊誌を読んでいたら、
巷では「旦那デスノート」なるサイトがひそかに人気らしいと知りました。

どうやらサイトを運営しているのは男性らしいのですが・・・。

あまりにも内容がひどすぎるので、逆に擁護する書き込みもあるとか・・・。

私自身はまだ、そのサイトを覗いたことがないのでなんとも言えませんが・・・。

ちなみに30代向けのサイトはあるけど、40代向けはまだないらしい。

今日、7月11日付の新聞の朝情報番組欄の内容にも「旦那デスノート」が・・・。

どうやら時代は、ようやく私の思考に追いついてきたみたいだ。

そんなことは3年ほど前から私も心の中でひっそりと抱いていましたけど・・・。

もちろん声を大にして言えませんがね。

夢や希望は手帳に書いたり、人に言ったりすると実現しやすい、いや実現すると言いますからね。

いいことも、わるいことも。

私の中では、心の中ではとっくの昔に抹殺していますけど。

家の中でもほぼ完全無視ですから。

そこにはいない人として扱っています(笑)

最近は私の思いを察してか、イヤ、身の危険を感じてか?夫さんは2階の寝室に引きこもることがめっきりおおくなりました。めでたし、めでたし。

一生、そこから出てこなくてもいいんだけど。
もちろん会社に行く以外は。

逆精神的DVで訴えられそうですが・・・。旦那ネグレクト。
最近は土日の昼食を作ってやるのも面倒になってきたので、作ってやらないことが多くなりました。
用意しなくても何も言ってこない、か弱い夫さんです。

どこかの国会議員さんみたいにおもいっきり言ってやりたいものですがね。
ちなみに先日は、某国会議員さんのセリフとあくまでも前置きした上で、子どもたちといっしょにそのセリフを大きな声で叫んでいました。(一応、夫さんは同じ部屋にいたけど)