梅しごとスタートしました。忙しいけど今年も煮梅作ります。

毎年この時期になると作る「煮梅」。
青梅を砂糖で煮るものです。
これを作ろうと思ったきっかけは、
新潟県内では有名なお菓子屋さん「大阪屋」の夏の定番商品「流れ梅」の中に入っている梅だけをたくさんたべた~いとう欲求からでした。
(ちなみに全国発送していますので、興味のあるお方は検索してみてくださいませ)

「流れ梅」の中に入っている梅は小さな小梅ですが、私は普通にスーパーで売っているサイズの青梅で作ります。
流れ梅に入っている梅は本当に小さいサイズなので、どうやってあの梅を手に入れているのかも興味あります。
独自のルートがもちろんあるんでしょうけど・・・。

作り方は、婦人之友社から発行されている「四季のジャムと甘煮」という書籍をの中のレシピを参考にしています。

この本には煮梅だけでも4種類の作り方が掲載されています。

皮が破けないようにする丁寧な作り方から、たくさん梅があるときには重宝な簡単な作り方まで。

もう10年くらい毎年作っていますが、丁寧な作り方にもチャレンジしたこともあったけど、近年はだんだんと手を抜く傾向にあります・・・。

そして、今年初、昨日今年1回目を作り始めました。
なにが面倒って、うめのなり口を取るのが面倒なんですけど、今年は次女がお手伝いしてくれて、3kg分、全部取ってくれました。

そして、次の難所は、梅に竹串などでひとつ、ひとつ穴をあけること。

昨晩、うっかりして、穴を空けるのを忘れたまま、一晩、水につけてしまいました・・・。
大失敗です。

でも、一晩後に穴をあけてもしょうがないので、穴を空けずにそのまま決行です。
一応、本には、梅の皮が破けてしまうのを防止するために穴をあける、とあるので、皮がやぶけてもいいならば、穴はあけなくてもいいのではないか・・・と思い至りました。
見てくれが悪くなるだけなので。
そしてどんなに慎重に作ってもある程度は皮は破けてしまうので・・・。

一晩水につけたあとは、ごくごく弱火で一度火を通す。(レシピには7,8分とありますけど)
この加減がまた難しい。

そしてそのあとはごくごく細い流水で4,5時間水にさらす。

その後、水を捨て、梅の重さの60%の砂糖をかけ、しばらくおき、もう一度ごくごく弱火で火を通す。(←今ココ)
(ちなみにまたまた三女が熱を出したため、この気の遠くなるような梅仕事が今、できています。三女に感謝)

あとは、瓶を煮沸して、できたものを入れるだけ。

夏のお楽しみの完成。

梅はもちろんそのまま冷やして食べます。

残りのシロップは水で割って、梅ジュースとして飲みます。これが、またおいしい。我が家の子どもたちには人気です。

この夏の楽しみのために今頑張るのです。

どんなに忙しくても。

似たような商品は検索すれば、あるのでしょうけど、値段も高いだろうし、味も好みでないでしょうから。

毎年、身近な人たちにおすそ分けしていますが、大変喜ばれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

皇帝梅・梅甘露煮・極上紀州産・
価格:2160円(税込、送料別) (2017/5/31時点)



うちの子たち食べ過ぎなの?それとも母の節約スキルが足りないのか?

とある統計結果と見て衝撃を受けました。
40代5人家族の副食物費の平均(53591円)と比べて、我が家の食費が1万4千円ほどオーバーしている・・・。(67763円・2016年副食物費1ヶ月平均)
一応、必要な栄養から割り出した適正な食費の予算を立てているんですけど・・・。
しかも我が家は夫実家から野菜類をもらうことが多いので、若干少なめに予算を設定しているのですが・・・。

やっぱり我が家は食べ過ぎているんだ・・・。
私と長女の体形をみると納得。

買いものへ行くのが面倒なので、
生協の宅配で頼むものが多すぎるのか・・・。(生協はスーパーに比べると値段は割高なので、商品の質は明らかにいいですけど)

割安な食材でやりくり、かさ増し料理・・・・なんてスキルがまったくないので
特に考えもせず、いつもフツーに作ってますけど。

やっぱり節約スキルを身に着けて、
安い食材を使って、やりくりした方がいのだろうか・・・?

今までの自分の食事作りの一連の行動がが全否定されたようで相当ショックを受けました。

それにしても皆さんは何を食べているのでしょう?

ざっと副食物費の金額だけを見ただけなので、食費合計でどうなのかは見てはいないのですが・・・。

とくに高級な食材を買っているわけでもなく、いたってごくフツーの食材を買ってはいるのですが。

しかも我が家は乳製品はあまり買わないので、その分ほかの家庭と比べて出費も抑えられていそうなのに。

ちなみに副食物費とはいわゆるおかず代といわれるもので、肉や魚、野菜、乳製品、卵、果物などの購入代金のことです。おかし代や、惣菜購入代なども含まれています。

参考・2017年1月食費内訳

参考・2017年2月食費内訳

参考・2017年3月食費内訳

参考・2017年4月食費内訳

ちなみに本日5月分も月末締めをしましたが、5月分はもっとえらいことになってします(笑)後日公開します。
ちなみに冷蔵庫も冷凍庫も、食品庫も現在、パンパンな状態になっています・・・。

なんか、4月からほぼフルタイムみたいな仕事状態になったため(でも実際は3つのパート&アルバイトの掛け持ちなので、身分はパートで変わらず)常に食材が家にないと不安な心理状態になっているからだと思います。

いやーそれにしても、家計簿をコツコツと記帳して1年の合計を出しているからこそ分かることで、(とある団体に入っていますので、全国の会員が同じ基準で家計簿を記帳していますから・・・)確かな数字のパワーというものはやっぱりすごいと実感したのであります。(食べ過ぎている分、体形に如実に表れている)



やっぱり面倒だったiDeco。2号被保険者の場合。

iDecoの手続きがようやく進んだ~♪と思ったのもつかの間、
申し込み時は夫さんの扶養に入っていて、3号被保険者だったけど、
4月からめでたく?パートにも関わらず、2号被保険者となれることになり、
せっかく手続きを進めていたiDecoの手続きがまたまた振出しに戻ってしまいました。

さっそく変更手続きの書類を取り寄せてみると・・・
なんと、雇用主のハンコがいるではないか・・・!

自分一人では手続きが進められない、と判明。
ガーン。

小心者の私はここで凹む。

たかだかパート従業員の分際で、
会社(役場の臨時従業員だけど)へこの書類を持っていって、事情を説明して
ハンコまでもらわないといけないのかい!

レベル高すぎる~。

いっそのことiDeco自体をやめてしまいたい衝動にかられました・・・。
でも実は今日まさに1,2回目分の掛け金(46000円)が引き落とされるし~。

節税効果もあるし~。

自分年金積立たいし~。

正直辞めたくないし~。

と思い悩むこと数日。

たかだかこんなことでここまですすめてきたことをおじゃんにするのはもったいない、と思い直し、
今日、役場の窓口へ行くぞ!と改めて決意したのでありました。

なぜ、決意できたのかと申しますと・・・

幸いにも三女さんが熱を出し、
メインのパートを休むことになり
役場へ持っていく時間の余裕ができたのであります。

まさに天からの恵みの時間。
(フツーに働いていていたら、窓口へ持っ行く時間すら実は忙しすぎてなかったりする)

それにしても、3号被保険者だったら結構簡単に進められた手続きも
2号被保険者だと、しかもただのパート従業員だったりすると
いろいろと面倒だということが判明したのであります。

小さな会社であれば、手続きの窓口もすぐそこにあるだろうから簡単だけど
もし、これが、大手の会社のパート従業員だったとしたら
まず、本社総務課宛に書類を送らなければならなかったりするのかしら・・・?

まずその時点で私ならあきらめてしまうだろうな。
ハードル高すぎ。

しかもあの人個人年金やってんだ~、投資やってんだ~なんてことがばれてしまうではないか・・・
もちろん投資だけではないけれど
ただの定期預金として掛け金を預けておくこともできるらしい・・・

もうなにもかもがいやずぎる

こっそり一人で手続きを進めたかったよ~

でも意を決してこれから窓口へ行ってまいります



断捨離スイッチようやく入りました!過去と未来は手放すのだ!

近年まれにみる断捨離スイッチが入りました。
長年、ため込んでいたモノたちをようやく手放す決心ができました。

ラクマで売れるかも?と淡い期待を抱いて、我が家のラクマ商店に並べていたモノたちもいくつか手放すことにしました。(たった今、商品を削除いたしました)

そうはいってもただゴミにだすのではなく、とある団体の不用品セールの品物として無償で提供するのです。
売り上げ金は私のところには一切入ってはきませんが・・・。
その団体の活動資金になります。

ちなみに手放したモノたちは・・・
子ども用のいす、2点
子ども用のトランポリン
子ども用の乗り物
ぬいぐるみ、数点
おさがりで頂いた子ども用の服、たくさん
かわいくてもったいないからと保存しておいて子どもの服、数点
おデブになって着られなくなった私の服、たくさん(笑)=過去
いつかハンドメイドで何かを作るかも?とため込んでいた生地、数点=未来
ラクマで売ろうかなと思っていた新品のキャラクターもののコップ(とあるビンゴ大会で手に入れた)
などなど・・・

車のトランクがいっぱいになりました。
明日、提供する団体へ持っていきます。

必要とする人のところへ届くといいのですが。

たったこれだけのことなのに、
なんて晴れやかな気分なのでしょう。
なんだか、いいことがおこりそうな気がする。

空いたスペースがたくさんある~。

ちょっとだけ、整理整頓が進む気がする~。

一応、今年の「住」に関する目標は、
ハンドメイド用品の整理整頓を掲げていますので・・・。
これまでに目標が達成されたためしはないけれど。

なんとか、2階納戸にあるハンドメイド用品の棚に収まるだけにしたい。

こうやって、文章にしているだけでも、心の整理ができてくる。

もうひと頑張りして、さらに断捨離しようかな、という気力がわいてくる。

さてさて、やっぱりもうひと頑張りしてこようかな?

あれも、これも手放そうという気持ちになってきた。





やっぱりガッツリ引かれていた厚生年金保険料

厚生年金に加入できたパート主婦

4月から厚生年金に加入することになった40代パート主婦です。
4月分のお給料の明細が届きました。
やっぱり、ガッツリ厚生年金保険料が引かれておりました。
ちなみに、93198円の働きに対して、引かれていたのは、17482円。
18.7%引かれています。手取りがおそろしく減っています。
ちなみに、4月は平常時に比べて働きが少ない月なのですが・・・。(学校関係のパート仕事なので、5月もゴールデンウィークがあったから、少し少なめだね。ダブルワークをしているので、+αがあるけれど)

2017/6/3追記
よくよく考えたら、メインパートの給与明細ってものは、厚生年金にいくら、健康保険にいくら・・・とは記載されておらず、社会保険料17482円としか記載されていなかったことに気づきました。
ということは、厚生年金と健康保険、雇用保険、介護保険を合わせて、17482円引かれていた、という言うことであります。

将来受け取れるであろう年金が増えるのだと信じたい。
もちろん、長生きするのだ、私は。
しっかり元を取るぞ~。

1年分をざっと計算しただけでもクラクラしてきますね。

そう考えると扶養の範囲内で・・と考えるのもうなずけます。

でも私はもう決めたのだ。
これからはガッツリ働くと。
多少、家族を犠牲にしてでも。

それゆえ、子どもたちには少し不憫な思いもさせていますが・・・。
いわゆるかぎっ子です。

学童がない地域ゆえ、仕方なし。
児童館はあるのだけれど、子どもたちはそこへは行きたくないというし・・・。

だから姉妹で仲良く、5時半すぎまで留守番です。

海外だったら虐待を疑われて、通報されてしまいますね。

日本の田舎だからできることです。

今の時代は田舎でも危ない、とは言われていますが・・・。



iDecoもようやく届いた

ちなみに昨日はすっかり存在を忘れかけていた「iDeco」の書類も届いたぞ。
ようやくこちらも次の手続きへ進められます。
4月11日の申し込み書類受理(先方に届いてから)から約1ヶ月ですね。

ちなみにこちらの処理を行っているのは
日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社という会社だそうな。
略して「JIS&T
なんかあやしいな・・・。何かの規格と間違いそうなネーミングですね。
私の確定拠出年金は大丈夫でしょうか・・・?
消えた年金問題みたいにならなければいいけれど・・・。
すべての書類をとっておかねば。

それでも、個人型確定拠出年金は、確実にお得なシステムなので、加入してみます。
60歳まで引き出せないけど。

また、経過をここで報告してみたいと思います。

ちなみに、私は楽天証券から申し込んでいます。
ちょっと、購入してみたい投資信託があるので。

2017/6/3追記
3号被保険者から2号被保険者への変更手続き書類を5/31に送付しました。
別の記事にも書いていますが、働いている事業所のハンコがいるんですよ・・・。
たかだかパートの分際でも。
レベルたかし・・・。

もし、パートをやめたり、変わったりしたらその都度、事業所のハンコがいる、ということではないか・・・。

面倒くさすぎる~。

ほぼだれでも加入できるようになったとはいえ、ただのパートの2号被保険者には相当難易度の高いiDeco
です。