ブログ開始から3年半経過。カテゴリー分けを改めた。階層構造を明確にしてGoogle先生に対抗するぞ


自己表現としてのブログ

ヤフーの無料ブログからスタートして3年半経過。
スタート時から明確なビジョンがあったわけでもなく、思いつくまま、気の向くままに細々と続けてきたブログ。
一応、広告を貼って、収入を得たいとは思ってはいたが・・・。全然うまくはいっていない。

ようやく自己表現としてのブログに少しはなってきたのではないかと自画自賛しています。
(最初はこんなことになろうとは思ってもみなかったけど)

ブログも自己表現の仕方のひとつなのだと思う。
記事が400を超えて、改めて、私はこのブログを通して、何を発信しているのだろうか?と思いとどまってみた、ということです。

世の中にはいろいろな媒体を通して自己表現をされている方々がおられます。

私の敬愛するエレファントカシマシ宮本浩次さまは歌、音楽を通して・・・
作家は小説を通して・・・
アーティストは作品を通して・・・

私はブログを通して、私という人間が、思っていること、考えていることをただ文章にして記している。
だれに支持されようがされまいが・・・

本音は支持された方がいいに決まっているけど。

一応、ページビューは確実に伸びてはいる。
ブログから得られる収入も微々たるものではあるが、一応ゆるーい右肩上がりだ。

結局、私って何者?

私という人間の中身はいったいどうなっているのか?

顔がどうとか、スタイルがどうとか・・なんて私からしたらどうでもいいわけ。
私にとっては人間の中身の方が大事だから。

だって、死んで燃やしたら何も残らなくなるのですから。外見は。
まあ、一般的には私というん人間の中身も何も残りはしないのですが・・・

でも、私は江原啓之氏がいうように、生きるのは魂を磨くため、と思っているので、私がこの世で積んだ経験や体験を通して磨いた私という魂は、死後、再び、帰るべきところへ帰るのだと信じている。

何を思い、何を経験し、何を考え、どう生きるか、生きたかの方がよっぽど大事、私にとっては。

顔がきれいとか、スタイルが美しいとかなんて、ほんとどーでもいいんだけど。

まあ、それを重視する人は、この生でそれを経験しようと思って生まれてきただけのこと。
私のこの生はそうではない、というだけのこと。

ただ、ただ、私という人間の生き様を表現しているだけ

世の中の多くの表現者は、ただ本当に思っていること、考えていることをただ表しているだけなんだな・・・と気づいた次第です。
それが、いいとか、わるいとか、受け手に伝わるとか、伝わらないとかは、どうでもいいんだね・・・実は。

と、いいつつ、それなりにこのブログから収入を得たい、と思ってはいるので、Google先生にはこのブログの意図することを正確に伝えなくては・・・と思って、Google先生に理解してもらえるように、カテゴリーを分け、親カテゴリー、子カテゴリー、孫カテゴリーと階層構造にした、というわけです。

3年半も経過しているのに、初めて孫カテゴリーを作るれることを知りました(笑)

そもそもカテゴリー分けを変えようと思ったのは、カテゴリーの順番を変えることができるプラグインがある、ということを知ったからだったのですが・・・。

もっと早く知っていれば、もうちょっと収入が得られたかも・・・。

カテゴリーの次はメニューも変更

カテゴリー分けがすっきりしたので(自分の中で・・・)次は、メニューとカテゴリーを連動させて、より訪問者が興味のある記事へ導かれるように、メニューの方もテコ入れしてみました。

これも、3年半経過して、初めて、こんなことができると知りました(笑)

やっぱり独学はいけませんね。