ペアディナー券が当たったんだけど、どうする?

ディナー券が当たってもね・・・

とある抽選会で、三女が地元、といっても車で30分くらいかかるところにあるけど・・・のホテルのペアディナー食事券を当ててきました。

三女は、ママと一緒に行く、とのこと。
いやいや、ディナー1人前を小学1年生のあなたは食べられないでしょ・・・。

じゃあ、小6長女と私でディナー券を使うことにして、三女&次女は別料金を払って何か別のものを食べることにするか・・・。

ちょっと、ちょっと・・・・
夫さんはどうするんじゃい?

普通のお宅でしたら、子どもたちをおばちゃんに預けて(車で5分のところに住んでいます)、たまには二人でおいしいものを食べに行ってきなさい、となるところでしょうが、我が夫婦の場合はそんなこと、絶対にありえません。
そこまで、もう夫婦関係は崩壊していますから。

2人っきりになるなんて、私自身が絶対に無理~ってことで、なんとか夫さんと行かなくてもよい方法を画策しているのでありました。(もう、夫婦ではありませんね・・・)

百歩譲って、夫さんと私でペアディナー券を使って、子どもたちは別料金で、なんてことが本来は普通でしょうが、それも無理、ってことで(夫さんと一緒に食事なんて行きたくないので、本当に)

結論。

10月に泊りがけで夫さんが出張に行く日があるので、その日に行こう、ということになりました。(月曜日だけど・・・)

地元のちっちゃなホテルなので、月曜日になんか行ったら、お客さんなんかいなさそうなホテルなんですけど・・・。

もちろん、家族旅行も無理ってことで、昨年から家族旅行も行っていません。

夫&子どもでスキーやUSJへ行ったり、私&子どもで実家へ帰省したりすることはあっても、家族全員での旅行はもう、私自身が気持ち的にムリです。楽しむことができないのに、心に嘘をついて行くことはできません。

子どもたちには本当に申し訳ないけど。

Google AdSense審査通過から半年。ついに大台に?

あおったタイトルにしながらなんなんですけど、期待しないで下さい。たいしたことないですから・・・・。

2016年はGoogle AdSenseの審査が厳しくなった、なんてことがささやかれてはいましたが、2017年に入り、一気に審査が緩くなったのか、なぜかこんなちっぽけな我がサイトでも2017年3月の時点でなんと審査に通過してしまいました。

それからというもの、Google AdSense様の威力には頭が下がる思いです。
他のアフィリエイトのように自分で広告を貼らなくても、自動的に広告を配信してくださるのですから・・・。

そうはいっても記事の内容には一貫性がないサイトなので、Google AdSense様もさぞやお困りでしょうが、それでもなにかかしらの広告を配信してくださっています。

もうちょっと広告の配信しがいのある、力のあるサイトに昇格したいものですが・・・。

Google AdSense様に嫌われないように、良質な記事を今後も書き続けるのみであります。

何しろGoogle AdSenseやアフィリエイトに関しては未だによく分かっていないことが多々ありすぎて、初心者なのですが、今までは、Google AdSenseの収益を見る、といったら家のPCでしか見ることができない、と思っていたのであります。

なので、ついつい見るのがおっくうになるといいますか・・・。それ以前に収益が本当に微々たるもので・・・。わざわざPCを開いてみるほどのものでもないといいますか・・・。そんなわけであまり見ていないほうが多かったのであります。

でも、つい先日、スマホのアプリでもGoogle AdSenseがある、ということを知り、さっそくダウンロード。
このアプリを入れたおかげで、現在の収益がすぐに見ることができるという、素晴らしい環境を得ることができました。

そして、ついさっきのぞいてみるとなんと1日の見積もりが3ケタになっているではありませんか!
一瞬目を疑いました。
何度もいいますが、他の皆様にとっては大したことがない数字です。

でも私にとっては大きな数字です。
だってこれまでは、1ケタや2ケタ、下手したらゼロなんてことが当たり前だったのですから。

いや~これからも頑張るぞという気力が一気にわきあがりました。

次は4ケタ目指して頑張るぞ。

2017/9/25追記
なんと、なんと2日連続で3ケタを更新。どうした?Google AdSense?

はしっこ弁当ってなんだ?

ズバリ、ケーキの切れ端をお弁当箱に詰めて、デコレーション。

近所の小さなケーキ屋さんで隠れた人気商品だそうな。

普通は、ただの切れ端としてしか販売されていませんけど、お弁当箱に詰めるだけで、付加価値がアップしてこんな素敵に。

自分で作って、誰かにプレゼントしても喜ばれそう。

今度自分でもチャレンジしてみよう。

ちなみにこちらはパート先の事務員さんから頂きました。

あまりにもはしっこ弁当がかわいかったので、私の子どもたちのために買ってきてくれたのです。

ありがたく頂戴し、家に持ち帰り、夕食後に子どもたちとおいしくいただきました。

 

 

2018年用予算生活の家計簿・手帳・主婦日記・こづかい帳注文完了

2018年はどう生活する?

婦人之友社から発売される2018年用の予算生活の家計簿、手帳、主婦日記、子どものためのこづかい帳の注文を完了しました。
まだ楽天市場やアマゾンでも発売されていませんので、注文をされたい方は婦人之友社のサイトへ直接注文されるのがベストかと思います。もちろん書店などにもまだ置かれていませんから・・・。

いろいろ浮気はしてみたけれど・・・

2017年はいろいろと新しく試してみたかったので、ジブン手帳やら、KOKUYOのB5サイズのCampusDiary weeklyやら他のバーチカル手帳をいくつか買って、使ってみたのですが、バーチカルは私の生活には不向きだったようで、結局これまで使っていた婦人之友社の主婦日記に立ち戻っていったのでありました。そして2018年も、主婦日記(日記と銘打っていますが、中身は手帳なのです)、ということで基本に立ち戻ることにしました。

ジブン手帳のLIFEはとってもよかったけど、保存版にするにはしては紙が薄すぎるのが難点。
LIFEだけもっと大きいサイズにして、紙質をもっとグレードアップしてくれたら、それだけ再購入するのですが・・・。

家計簿はこれに限る

家計簿は同じシリーズで14冊目に突入。途中パソコン家計簿に1年だけ浮気しましたが・・・。
私の持論ですが、家庭簿は断然手書きに限ります。
お金の流れが見えにくい世の中だからこそ、家計簿は手書きにして、自分の頭の中にお金の流れをしっかりと叩き込まなくてはなりません。
それでも、結婚当初の今現在の生活は変化してきているので、この家計簿の費目分けになじまなくなってきてはいますが、この家計簿の基本的な考え方である、1年の収入予想を12等分して、1ヶ月の収入予算とし、支出も1年間にかかる費用を12等分して予算を立てる方法は、理にかなっていると思うので、今後も継続して使い続けたいと思います。

2018年は、予算の立て方を少し工夫して、変えてみようと思います。
今までは、毎月必要な費用・1年を通して考える費用という分け方だったのですが、2018年は必ず必要な費用・加わる費用という分け方で、我が家は最低いくらで生活できるのか、ということを把握したいと思います。

予算立ての用紙も原本を大切に保存しながら毎年コピーして使っています。
こちらは雑誌「婦人之友」の愛読者の団体である友の会のなかの町田友の会のサイトへいくと、予算立てのフォーマットがダウンロードできるようになっています。

いわゆる手帳に新シリーズが・・・

そして2018年は婦人之友社ではいわゆる「手帳」として販売されている「手帳」シリーズにB6サイズのものが新発売となったので、そちらを新たに購入してみることにしました。カバーが「プラネテ」といって、カラフルな織物になっています。

予算生活の家計簿ではなくて、羽仁もと子案家計簿の方はなんとカバー付きのものも発売されます。
予算生活~の方でもカバーが付いていたらいいのに・・・と思います。
いかんせん、予算生活の~を使っている人は少数派ですからね・・・。
私は当座帳と家計簿の二つに記入するのは面倒なので、1冊で済ませることができる予算生活の家計簿のほうがおすすめですが。

「投資なんか、おやめなさい」荻原博子著を読んでみた

結局どうすりゃいいの?

アマゾンの新刊本を眺めていたらキャッチーなタイトルの本が・・・。
投資を始めて1年の初心者は一気に不安に陥りました。
いやいや、きっとこれは退職金を手にした60代以上の人に対してのメッセージに違いない、と一度は心をおさめたものの、やっぱり書かれていることが気になる~ということで、丁度楽天のポイントの有効期限が切れそうだったので、楽天ブックスで買ってしまいました・・・。これこそ、いいカモではないか・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投資なんか、おやめなさい (新潮新書) [ 荻原 博子 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/9/17時点)

一応、初心者向けの投資関連の本はいくつか読みましたので、投資初心者が気をつけるべきことはいくつか知識としては知っていました。
なので、気をつけなくてはならない、すでに知っている内容のことも書かれてはいましたが、私自身が一応これはいいのではないだろうか?と思い、始めた積み立て投資や確定拠出年金がダメなことも書かれていて、やはりショックを受けました。

ドルコスト平均法に異を唱えておられ、投資できるお金が1000万円以内の人なら、利益を上げる方法はほかにもある、と述べられていますけど、やはり毎日証券会社のホームページとにらめっこする時間もそんなにないので、多少手数料がかかっても、積み立て投信にお任せしたくなります。

一応、手数料が安い投資信託を買ってはいるのですが・・・と荻原さんに反論したい。

また、運用を他人任せにする投資信託では長期投資は難しいとも述べられています。
コツコツと手数料を取られてしまうだけ・・・とのこと。

今のところプラスにはなっているので、今後様子を見たいと思います。

「はじめに」には『2018年前後から世界的な不況に突入するのではないか、と言われています』と書かれています。
今後どうなりますやら・・・。

そして私が今年加入したばっかりの確定拠出年金についてもダメ出し。
こちらも手数料だけ取られて結局目減りしてしまうそうな・・・。
しかも60歳まで引き出せないから、と。

まあ、たしかに最初の段階で2700円ほど、そして毎月160円ほど手数料がかかりますからね。

もう、こちらも様子を見るしかありません。
だって、もう始めてしまったのですから。

一応、投資信託をはじめて、1年ほど経過して現在プラスを維持しているので、いい気になっているところに、こんなタイトルの本を見つけてしまい、一気に不安に駆られてしまう投資信託初心者なのでした。

ちなみに荻原さんはデフレ状況下での現金を重視していて、銀行に預けておくだけで相対的に現金の価値があがるとおっしゃっています。
そうはいっても何もせずにぼーっとしていられないのが私です。
とにかくこれはいいのでは?と思うことは何でもやってみたいタチなので。

やっぱり何事も自分で勉強をして騙されない知識と方法を自分で身につけるしかありません。

そんなわけで、今は、もう一度投資信託について書かれている本を読み返して勉強中。

2017/9/27追記
さっそく図書館へ行ってこんな本を借りてみた
荻原博子著「怖がりだけど欲張りなあなたの投資講座 ちょい投資」2015年7月発行
こちらの本の一番最後には、こんな文が・・・
以下引用

荻原博子といえば、別名キャッシー荻原。デフレの中ではキャッシュ(現金)が大切、と言い続けて20年。(中略)
私は個人的には、投資が好きです。投資家歴は30年を超え、株も不動産も、外貨も金もひとおおりやっています。けれど、今まで他の人に投資を勧めなかったのは、長いキャリアを通して、投資はギャンブルだということがよくわかっているからです。(中略)
投資で一番大切なのは、リスクを見極めること。

引用終わり

なんだか、人には現金主義を勧め、自分はちゃっかり投資をしているって、なんだか信用ならないと思ってしまうのは私だけ?

結局は自分でしっかり勉強して、リスクを理解した上でおやりなさい、ということ。

そんなんだったら、「投資なんか、おやめなさい」なんてタイトルの本なんか出さないでほしいものです。
不安をあおるだけ。

「投資はしっかり自分で勉強してから自己責任でおやりなさい」の方がいいと思うけど・・・・。