家計簿の月末締めをする大切な日

1ヶ月、家計簿をきちんと記録してきたならば、
最後のしめくくりもきちんとしなくてはなりません。

まずは31日の23:59でなくても
締めることができる費目から締めていく。
(まあ、別に厳密に31日で締めなくてもいいわけで、自分の都合のよい時間にすればいいだけのことなんだけど)

例えば、税金や社会保険料は給料明細から書き写した時点で、
もうその月の支出としては終わっているから
締めることができます。(=後述する収支年計表にも書き写すことができる)

今月の支払い合計、累計と記入していきます。
ちなみに1月は合計=累計なので、累計の記入の必要はありませんが。

あとは、もう買い物に行かない費目から順に、費目を締めていけば、いいだけ。



ちなみに婦人之友社発行「予算生活の家計簿」では、予算から差し引いて日々の記帳を行っているため、月末の締めの処理が非常にカンタンにできるようになっています。

各費目の合計額、累計額を出したあとは、預貯金欄の締めも行います。
預貯金欄というのは、銀行の口座の出し入れを記録しておくページです。
いくつもの銀行で出し入れがあったとしても、全てを記録しておきます。
この作業をスムーズに進めるためには、27日とか28日あたりで、
出し入れのあったすべての通帳の記帳を済ませておくことが必要です。

要はそのひと月の中で、銀行の口座からの出し入れを記録し、月末時点でプラスかマイナスかが分かる、ということです。
あくまでも銀行の口座の中でですが。

次はクレジットカードの支払いの合計額を出して、その月の引き落とし額を引いて、月末時点での、クレジットカードでも未払い額を把握しておく。

それから、現金の残高、電子マネーの残高、ギフトカードなどを把握しておく。
現金の残高は次の月のページに書き写す。

これらが終わった後、「予算生活の家計簿」の巻末にある収支年計表に合計を書き写す。
そして費目の合計を計算すると、その月の純生活費が出てくるというわけです。
そして
収入-税金-社会保険費-純生活費=その月プラスかマイナスかが分かる
ということになります。
まあ、実際には毎月積み立てているお金や、貯蓄性の保険料の支払いなんかがあるので、
預金はしているんだけど、マイナスなんてこともありますが。

ぶちゃけこれだけの作業をまとめてする時間がとれないため、できるうちにコツコツとできる作業から、作業ををすすめていくのがベストな方法かと思います。

自分はうつ病だという夫はうつ病でないと思う・・・

夫の知人がどうやらなくなったようです。
葬儀は近親者のみで執り行いますので・・・とやらだったみたいで
新聞にも載ってなく
だいぶ後になってから、風のうわさで聞きました。
(結構近くにすんでいるのに)

この方は数年前にうつ病になった、と聞いていました。
その後治って、職場復帰されたので
元気になったのかな、と思っていたのに・・・

この話をした夫は
次は自分だ、と申しておりますが
そんなことを平気で言える人って
絶対にうつ病でなんかないと思う

しかも会社へは行きたくない、としきりに言うのに
レジャーへは喜んで行けるのですから

どこかのだれかさんみたいに・・・



今流行の新型うつ?
いやいや、あれって若い人がなるんじゃないの?

夫さんはもう十分お年なので
新型うつになるような年代の人ではありません。

世の中の無常というか、神さまの采配というか
私が、勝手に思っていることだけど

死にたい、と思っている人、もしくは自分は早くに死ぬもんだと勝手に思っている人
(=夫さんのことだけど)って、そうカンタンに死なないから

生きる、ということの意味が十分にわかっていない人に
死は訪れないと思う

だって、命の重みが分かってないから
平気で死にたいなんて言えるんでしょ

死を目の前にして、苦しんで、悲しんでいる人なんて世の中にたくさんいるのに
一方で、早く死にたいとか、自分は早く死ぬなんて平気で言える人がいるっておかしいでしょ
そんなことを平気で口にするなんて、良識のなさをさらけ出してしるようなものです(我が夫ですけど。お恥ずかしい。)

そういう人は生きることの意味が、ちゃんとわかるようになるまで死にません。残念ながら。



毎度、毎度の死ぬ死ぬ詐欺にはいい加減腹が立ってきたよ。
しかもよくも子どもの前でそんなことが平気で言えるもんだ。
たとえ冗談にしても、そんなことを聞いた子どもが、心理的にショックを受けることすら想像できないのだろうか。
アホさ加減にもほどがある。

ある意味、アスペルガー的な人なので、仕方ないか・・・。
空気読んだり、想像したりが苦手ですから。

笑えないジョークにはほとほと疲れてきたよ。
ってゆうか、腹が立ってきた。

でも、私の本当の気持ちはこれです。
私の気持ちを代弁してくれている本
「夫に死んでほしい妻たち」小林 美希著

自分が死んだら、子供たちや私が困る、って夫はしきりに思っているけど、
もし仮にそうなったらそうなったで、その事実を淡々と受け入れて前へ進むのみですから。

自分がそうなった後のことなんて、一切心配して下さらなくて結構ですから。



あすけんダイエット再・再・再・・・チャレンジ中

今から10ヶ月前。
2016年3月31日よりあすけんに登録して、あすけんダイエットに取り組み始めました。(ちなみに途中、中断のあるものの、今日で307日目)
とにかく食べたものを正直に入力。
当時はスマホを持っていなかったので、
パソコンで入力。

これが結構時間がかかる。
いや、それはお前がいっぱい食べているからだ!とつっこまれそうですが。

入力するのが面倒なら食べるのやめろ、ってことです。

いや~現実を直視する、というのは嫌なものです。

とにかく間食が多い。
あと、やっぱり余計に食べてしまっている。

画面のやさしそうなお姉さんの、手厳しいお言葉に何度凹んだことか・・・。

でも諦めずに続けた結果、
4ヶ月ほどでマイナス3kg達成できたまではよかったのですが・・・・
やはり入力する作業がだんだんと面倒になってきて、
目標を達成できずにやめてしまい、だんだんと体重が増えていった、という現実です。

時折、意を決して再チャレンジするのですが、続かない。

再び、意を決して再チャレンジするのですが、続かない。

何度もこの無限ループにはまっています。



でもあと2ヶ月ほどで、あすけんチャレンジから1年が経とうとしている今
なんと体重がダイエット開始時とほぼ同じになりつつあるという衝撃の事実。

いや、毎日体重測定しているから、徐々に体重が増えていっているのは
十分分かってはいたのですが・・・・(見てみぬふり)

でも、2016年末にようやくスマホデビューをしたので、ためしにあすけんをスマホでやってみたところ
意外とサクサクと入力できるではありませんか。

パソコンより画面の切り替わりが早い。

うん、これなら続けられそう♪

と思い至り、再チャレンジ中、ということであります。

ちなみに食事制限などは特にしておらず

野菜はなるべくたくさん食べる

3割炊きのもち麦ごはんを毎食食べる

減脂茶を飲んでいる

できれば、子どもといっしょにおやつを食べない

という程度のゆるい制限です。

運動もとくにしておらず、

月曜日から金曜日までは毎朝、テレビ体操を真剣に10分間行う。
(ちなみにこれは4年目に突入しています。真剣にお姉さんたちの動きを見ながらやると、自分がいかにこれまで間違った体操のやり方をしていたか、よ~くわかります。4年たってもお姉さんたちと同じ動きができないものもあります・・・)

寝る前にベターッと開脚目指してストレッチを行う。
(これは2016年12月18日の再チャレンジから55日目)

天気の良い日は三女のお迎えは歩いて行く。

くらいしかしておりません。

これまで40数年間、自分の体にコンプレックスを抱いて生きてきました。
太っている、体がかたい。
でも残りの人生、少しでも自分に自信をもって生きていきたい、と思うようになりました。

だから自分ができることはなるべく頑張る、続ける、あきらめない。

40代になっても、体は変わるということを少しづつですが感じられるようになってきました。

自分の体が変わってきた、と感じられる自分をうれしく思う自分です。


子供向け体験イベントへ向けて、毛糸を使った小物入れを試作中

短い時間で、5,6歳児でも取り組めるようなものを考え中。

ネットで見つけたものを少し自己流にアレンジ。

空きビンや牛乳パックなどに両面テープを貼り、太めの毛糸をすきまなくぐるぐると巻いていくだけ。
初めと終わりの毛糸の処理をどうするかが課題。
ぴろーんと飛び出てしまうので。
(写真ではうまく隠してはいますが)

初めと終わりのみ、ホットボンドで固めるか、

あっという間に終わってしまいすぎか・・・。

もちろん、もう少し大きめのビンや牛乳パックにすれば、長い時間かけてできるか・・・。
R-1とかの乳製品のあき容器ならもう少しかわいくなるかな。

作り終わっても、実生活で使えるからいいかな。

他にも実は
ダンボールで作った枠を使って、ミニはた織りをして、しおり作り(5,6歳児には少し難しいすぎるからアウトかな?)

くるみボタンのキットを使って、バッヂ作り(キットの数に限りがあるからな・・・)

毛糸を使ってネックレス作りなどなど(これはちょっと大人でも難しい)

いろいろ考え、試作をしているのですが・・・・

2017/01/31 10:55

もうひとつ毛糸を使ったネックレスも試作
こちらは子どもの保育所で見かけたものをアレンジ
保育所では、紙皿を6角形にカットして、穴あけパンチで穴をあけ、カラフルな毛糸を通して、壁かざりとして制作していました。

私が試作したのは、牛乳パックで、同様の形を作り、ネックレスとしてみました。

毛糸は太めで、カラフルでもないので、全然かわいくないですが・・・。
あくまでも試作なので。
通常の2つ穴用の穴あけパンチだと、真ん中の穴があけられないことが判明いたしました。
今回は牛乳パックを二つに折って、むりやりあけましたが。

とりあえず、作ったものを持っていて、OKが出るかどうか判断を仰ぎたいと思います。





衝撃の事実が発覚・錦織圭が某田舎の公園にいた?

今日、初めて知った衝撃の新事実。

私が行ったこともある、とある田舎の公園になんと、あの世界の錦織圭がいたらしい・・・。

もちろん私はそこで彼に出会っていませんが。

今まで全く知りませんでした。

先日も子どもたちとその公園へ行って来たばかり。

どうやら、現在お付き合いされている方が、なんと私が現在住んでいる町出身者らしい・・・。

さっそく女性週刊誌ネタをチェック。

やっぱり本当のようです。

いや~是非本物に出会ってみたい。

でもどうやら週刊誌では、錦織さんのご両親やコーチらが、この交際をあまりよく思われていないようで・・・。

この先どうなりますやら。

それにしてもすごい事実だ。

こんな田舎に来てくださるなんて。

その公園はなが~い滑り台があったり、地元名物○○茶を飲める場所があったり、雪が降るとそりを楽しめる急斜面があったり、天気のいい日には雄大な○○岳を望めるベストスポットです。

ガラス工房や焼き物の工房もあります。

縄文時代の竪穴式住居を復元したものもあります。

でも別のウワサによると、その公園には残念なことに不審者出没情報が・・。

こちらには出会わないように気をつけます。