マスクより先に給付金10万円×人数分をいただきました。



数日前にわが県でもようやく某マスクが配達される・・・というニュースを耳にしたのですが、待てど暮せど、一向に配達されてきません。まあ、私の住む町は我が県の中で最も端に位置し、最も田舎町ですから、優先順位的に最下位なのでしょうね。いや、いや、でもでも高齢化率は一番高いのですから、早めに配達した方がいいけどね・・・。

5月中のタイムリミットは明日だぞ~。急がないと・・・。まあ、配達されてもおそらく我が家では、だれも使用しないのですが・・・。

そして今日、月末の通帳記帳をしてきましたら、なんと!給付金が振り込まれているではありませんか!

こちらは、田舎の小さな自治体ですから、逆に仕事が早いのでしょう・・・。

家族5人分、しっかりと入金されていました。ありがたや~。

でも、休校中のオンライン授業に備えて、子どもが主に使用するパソコンをGW中に買い替えたので、きっちり10万円消えていきました・・・。

あと子どもの分はしっかりと今後に備えて教育資金として預金ですから、実質使えるのは残り10万円のみです。

その10万さえも、トイレの修理代に消えていきそうです・・・。(トイレの水の調子が悪いので・・・)

緊急事態宣言が解除されて、ほっとしているこのタイミングで10万円をいただけるのは逆に良かったのかもしれません。(我が家の場合ですが)

マスクは、県で2箱分を確実に購入できる券などが配られてよかったのではありますが(ちなみにこちらは50枚入り2200円でした。現在も販売中ですが、売れ行きがあまりよろしくないらしいです。高いし、色が水色で、いかにもメイドインチャイナですから)、学校が始まると、子どもの分(子どもサイズ)が必要になってきます。2月上旬に購入制限がかかる前に買っておいた買い置きがなくなれば、もう子どもの分はないので、不安です。

まあ、三女は手作りマスクでもいいのすが、次女、長女は・・・・。

なので、ちょっとお高いですが、ハンドメイド系のものを購入したり、シャープの抽選に応募してみたり、ミズノの抽選に応募してみたり・・とまたまた悪戦苦闘の毎日が始まります。

早く以前のように各サイズともに、潤沢に不織布マスクが安価で出回ることを期待します。