小学生3姉妹・5人家族・5月の家計簿報告

毎月恒例、5月の家計簿報告します。
使っているのは婦人之友社から発行されている「予算生活の家計簿」
通常の費目に自動車費と妻・自由費という費目をプラスして使っています。

家族構成は
夫 50代前半(団体職員。ただいま他機関へ出向中=左遷?)
妻 40代前半(毎日メインパートを4時間半プラス、サブパート3時間、おまけに土日は早朝のアルバイトを3時間ほど・・・と奮闘中。稼いだお金は子どもの将来の教育費&自分のための老後資金としてせっせと投資信託&個人型確定拠出年金へ・・・・おおきくなれよ・・・激しく期待)
長女 小6(習い事は習字)
次女 小3(習い事なし)
三女 小1(習い事なし)

 予算2017年5月決算
副食物費84000100493
主食費22500
給食費3人分
47495
給食費2ヶ月分含む
調味料費1100011734
食費合計117500159724
光熱費1650016747
住居・家具費87000
住宅ローン45783
89650
衣服費200009197
教育費28500
長女のみ習い事あり
25591
交際費5000540
教養費55003072
娯楽費10000360
保健・衛生費76500
長女歯科矯正予定あり
15440
妻・美容院
消耗品まとめ買いあり
職業費89000
夫こづかい64000
通勤定期代
36201
出張費戻りあり
特別費2900021450
妻・実家への帰省費
公共費1500100
自動車費284000
2台所有
ミニバン購入予定あり、だったけど今年はやっぱり買わないらしい・・・。
95752
軽自動車の任意保険代
妻・自由費3000012171
書籍まとめ買い
ラクマ売り上げ入金
純生活費合計800000485993

給食費の引き落としが2ヶ月分まとめてだったので、主食費、そして食費全体がえらいことになっています・・・。

おまけに5月は自動車税の支払いもあり・・・。

収入<支出(税金・社会保険料含む)の結果でした・・・。

6月に入り、2017年も中盤にさしかかりました。

車を買う予定が夫さんからの申し出によりなくなったので、昨年の外壁張り替えに引き続き、今年も大きな出費を覚悟していたのですが、とりあえず、今年は貯金ができそうで一安心です。

ちなみ2016年からお世話に銀行はこちらです。
普通預金の金利が他とは違います。
楽天証券と口座を連動させればもっとお得に。

2017/6/13追記
ついでにすごいことになった食費の内訳も報告しちゃいます(笑)
副食物費A(いわゆるおかず代) 87649
内訳 魚類 予算 12000に対し、実際は9632
   肉類 予算 15000に対し、実際は23863(どんだけ肉を食べすぎているのやら・・・)
   野菜類 予算 18000に対し、実際は24412(こちらも食べ過ぎ?単価の高いアーモンド(生協で箱買いやら、煮梅用の梅3キロなども購入。今さらだけど煮梅用なので本当は果物の分類に入るのかも、と今気づく)
   豆・豆製品 予算5000に対し、実際は3811
   牛乳・乳製品 予算5000に対し、実際は1762
   卵 予算 3000に対し、実際は1658
   調理食品 予算 3000に対し、実際は3357(フリーズドライのトムヤンクンスープまとめ買い&チルドのぎょうざなど)
  果物 予算 14000に対し、実際は18614(生協で国産みかんの缶詰の箱買いあり)
  その他 生協宅配手数料 540

考察:肉、野菜の買いすぎです=食べ過ぎ。まあ、野菜は食べ過ぎてもいいのだけれど・・・。

副食物費B(我が家の場合はおかし代)
予算 9000に対し、実際は12844
一応、言い訳をしておきます。長女が友達の誕生日会用に、ケーキの材料を買ったので。(微妙な費目わけになるのだけれど・・・実際は交際費?それとも家庭教育費?)
今後の季節に備えて、ポッキンアイスのまとめ買いもしました。

主食費A
予算 8000に対し、実際は9525
カップめんのまとめ買いあり

主食費B=外食費&給食費
予算 14500に対し実際は37970
小学生3人分の給食費が2ヶ月分となっています。
他、GW中の実家帰省の際の外食費も入っています。

調味料費
予算 11000に対し、実際は11734
734円の微妙なオーバー
こちらもアイスコーヒーボトルのまとめ買いあり

改めて、生協でのまとめ買いが出費を大きくしている元凶だと気づく。
でも、家の前まで運んでくれるし、大変ありがたいので、おそらく今後もまとめ買いはやめられないでしょう・・・きっと。

バリューコマースの広告掲載に新機能。よりお手軽に広告掲載が可能に。

ブログをやっている方でアフィリエイトもやっている方々には必見。
バリューコマースの広告掲載の方法に新機能が・・・。

なんと自動で広告を選んで掲載してくれるシステムが2017年5月25日に登場したのです。
広告のサイズや掲載場所も自分で選択できます。

サイズを選んで貼るだけ!
成果の出やすい広告を自動表示

その名も「おまかせ広告
独自のロジックで成果の出やすい広告を自動的に判別し、広告を配信してくれるのです。

なんとお手軽なのでしょう。

これまでのように記事内容に合うような広告を選ぶ手間もいっさいなし。

初心者でも安心。
9種類のバナーの中から一つを選んで、広告タグ作成ボタンをクリックし、タグを取得して、ブログに貼るだけ。

バリューコマースにまだ、加入していない方はこちらからどうぞ。


梅しごとスタートしました。忙しいけど今年も煮梅作ります。

毎年この時期になると作る「煮梅」。
青梅を砂糖で煮るものです。
これを作ろうと思ったきっかけは、
新潟県内では有名なお菓子屋さん「大阪屋」の夏の定番商品「流れ梅」の中に入っている梅だけをたくさんたべた~いとう欲求からでした。
(ちなみに全国発送していますので、興味のあるお方は検索してみてくださいませ)

「流れ梅」の中に入っている梅は小さな小梅ですが、私は普通にスーパーで売っているサイズの青梅で作ります。
流れ梅に入っている梅は本当に小さいサイズなので、どうやってあの梅を手に入れているのかも興味あります。
独自のルートがもちろんあるんでしょうけど・・・。

作り方は、婦人之友社から発行されている「四季のジャムと甘煮」という書籍をの中のレシピを参考にしています。

この本には煮梅だけでも4種類の作り方が掲載されています。

皮が破けないようにする丁寧な作り方から、たくさん梅があるときには重宝な簡単な作り方まで。

もう10年くらい毎年作っていますが、丁寧な作り方にもチャレンジしたこともあったけど、近年はだんだんと手を抜く傾向にあります・・・。

そして、今年初、昨日今年1回目を作り始めました。
なにが面倒って、うめのなり口を取るのが面倒なんですけど、今年は次女がお手伝いしてくれて、3kg分、全部取ってくれました。

そして、次の難所は、梅に竹串などでひとつ、ひとつ穴をあけること。

昨晩、うっかりして、穴を空けるのを忘れたまま、一晩、水につけてしまいました・・・。
大失敗です。

でも、一晩後に穴をあけてもしょうがないので、穴を空けずにそのまま決行です。
一応、本には、梅の皮が破けてしまうのを防止するために穴をあける、とあるので、皮がやぶけてもいいならば、穴はあけなくてもいいのではないか・・・と思い至りました。
見てくれが悪くなるだけなので。
そしてどんなに慎重に作ってもある程度は皮は破けてしまうので・・・。

一晩水につけたあとは、ごくごく弱火で一度火を通す。(レシピには7,8分とありますけど)
この加減がまた難しい。

そしてそのあとはごくごく細い流水で4,5時間水にさらす。

その後、水を捨て、梅の重さの60%の砂糖をかけ、しばらくおき、もう一度ごくごく弱火で火を通す。(←今ココ)
(ちなみにまたまた三女が熱を出したため、この気の遠くなるような梅仕事が今、できています。三女に感謝)

あとは、瓶を煮沸して、できたものを入れるだけ。

夏のお楽しみの完成。

梅はもちろんそのまま冷やして食べます。

残りのシロップは水で割って、梅ジュースとして飲みます。これが、またおいしい。我が家の子どもたちには人気です。

この夏の楽しみのために今頑張るのです。

どんなに忙しくても。

似たような商品は検索すれば、あるのでしょうけど、値段も高いだろうし、味も好みでないでしょうから。

毎年、身近な人たちにおすそ分けしていますが、大変喜ばれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

皇帝梅・梅甘露煮・極上紀州産・
価格:2160円(税込、送料別) (2017/5/31時点)



うちの子たち食べ過ぎなの?それとも母の節約スキルが足りないのか?

とある統計結果と見て衝撃を受けました。
40代5人家族の副食物費の平均(53591円)と比べて、我が家の食費が1万4千円ほどオーバーしている・・・。(67763円・2016年副食物費1ヶ月平均)
一応、必要な栄養から割り出した適正な食費の予算を立てているんですけど・・・。
しかも我が家は夫実家から野菜類をもらうことが多いので、若干少なめに予算を設定しているのですが・・・。

やっぱり我が家は食べ過ぎているんだ・・・。
私と長女の体形をみると納得。

買いものへ行くのが面倒なので、
生協の宅配で頼むものが多すぎるのか・・・。(生協はスーパーに比べると値段は割高なので、商品の質は明らかにいいですけど)

割安な食材でやりくり、かさ増し料理・・・・なんてスキルがまったくないので
特に考えもせず、いつもフツーに作ってますけど。

やっぱり節約スキルを身に着けて、
安い食材を使って、やりくりした方がいのだろうか・・・?

今までの自分の食事作りの一連の行動がが全否定されたようで相当ショックを受けました。

それにしても皆さんは何を食べているのでしょう?

ざっと副食物費の金額だけを見ただけなので、食費合計でどうなのかは見てはいないのですが・・・。

とくに高級な食材を買っているわけでもなく、いたってごくフツーの食材を買ってはいるのですが。

しかも我が家は乳製品はあまり買わないので、その分ほかの家庭と比べて出費も抑えられていそうなのに。

ちなみに副食物費とはいわゆるおかず代といわれるもので、肉や魚、野菜、乳製品、卵、果物などの購入代金のことです。おかし代や、惣菜購入代なども含まれています。

参考・2017年1月食費内訳

参考・2017年2月食費内訳

参考・2017年3月食費内訳

参考・2017年4月食費内訳

ちなみに本日5月分も月末締めをしましたが、5月分はもっとえらいことになってします(笑)後日公開します。
ちなみに冷蔵庫も冷凍庫も、食品庫も現在、パンパンな状態になっています・・・。

なんか、4月からほぼフルタイムみたいな仕事状態になったため(でも実際は3つのパート&アルバイトの掛け持ちなので、身分はパートで変わらず)常に食材が家にないと不安な心理状態になっているからだと思います。

いやーそれにしても、家計簿をコツコツと記帳して1年の合計を出しているからこそ分かることで、(とある団体に入っていますので、全国の会員が同じ基準で家計簿を記帳していますから・・・)確かな数字のパワーというものはやっぱりすごいと実感したのであります。(食べ過ぎている分、体形に如実に表れている)



やっぱり面倒だったiDeco。2号被保険者の場合。

iDecoの手続きがようやく進んだ~♪と思ったのもつかの間、
申し込み時は夫さんの扶養に入っていて、3号被保険者だったけど、
4月からめでたく?パートにも関わらず、2号被保険者となれることになり、
せっかく手続きを進めていたiDecoの手続きがまたまた振出しに戻ってしまいました。

さっそく変更手続きの書類を取り寄せてみると・・・
なんと、雇用主のハンコがいるではないか・・・!

自分一人では手続きが進められない、と判明。
ガーン。

小心者の私はここで凹む。

たかだかパート従業員の分際で、
会社(役場の臨時従業員だけど)へこの書類を持っていって、事情を説明して
ハンコまでもらわないといけないのかい!

レベル高すぎる~。

いっそのことiDeco自体をやめてしまいたい衝動にかられました・・・。
でも実は今日まさに1,2回目分の掛け金(46000円)が引き落とされるし~。

節税効果もあるし~。

自分年金積立たいし~。

正直辞めたくないし~。

と思い悩むこと数日。

たかだかこんなことでここまですすめてきたことをおじゃんにするのはもったいない、と思い直し、
今日、役場の窓口へ行くぞ!と改めて決意したのでありました。

なぜ、決意できたのかと申しますと・・・

幸いにも三女さんが熱を出し、
メインのパートを休むことになり
役場へ持っていく時間の余裕ができたのであります。

まさに天からの恵みの時間。
(フツーに働いていていたら、窓口へ持っ行く時間すら実は忙しすぎてなかったりする)

それにしても、3号被保険者だったら結構簡単に進められた手続きも
2号被保険者だと、しかもただのパート従業員だったりすると
いろいろと面倒だということが判明したのであります。

小さな会社であれば、手続きの窓口もすぐそこにあるだろうから簡単だけど
もし、これが、大手の会社のパート従業員だったとしたら
まず、本社総務課宛に書類を送らなければならなかったりするのかしら・・・?

まずその時点で私ならあきらめてしまうだろうな。
ハードル高すぎ。

しかもあの人個人年金やってんだ~、投資やってんだ~なんてことがばれてしまうではないか・・・
もちろん投資だけではないけれど
ただの定期預金として掛け金を預けておくこともできるらしい・・・

もうなにもかもがいやずぎる

こっそり一人で手続きを進めたかったよ~

でも意を決してこれから窓口へ行ってまいります