神様からのご褒美、というか強制休養指示


クリスマス会のキャンセル

土曜日と日曜日に連続して、クリスマス会が予定されていたのですが、私自身の日曜日の習い事のクリスマス会は、先生がお怪我をされてしまったようで、中止になりました・・・。

2日連続もいやだな~なんて心の中で思っていたのですが、神様からのお計らいで、あなた、忙しすぎから、ちょっと休みなさいってことなんでしょう、中止になりました。よかった。

なんか、最近、落ち着かない日々が続いているので、正直ほっとしました。

こんなことって、あるよね・・・ってことで。

プレゼント交換用に買ってしまっていた入浴剤も、我が家で使えるのでよかった・・・。

風邪もまたよし

12月上旬から10日間ほど、ずーっと風邪を引いていました。熱はないけど、咳が止まらない系の風邪。おまけに三女が小学3年生なのに、水疱瘡に・・・。

なんだかんだで、午後休みとか、病院へ行ってから出勤とかで、たくさん有休を消化できた・・・。

わたくしたち、自治体臨時職員は、時給制で、給料アップなんて今後も見込めないのですから、私にできることの精いっぱいは、有給休暇を完全に消化することくらいです。

なぜだか知らないが、有給がたくさんあるので(一応、自治体臨時職員としては6年目くらいか?)ありがたく使わせていただいています。
そして、使うときも、誰に許可を取らなくともスムーズに取れるので、これまたありがたい。

そしてそして有休をとっても誰にも文句も言われない。
これらの点だけは正規の職員にはかなわないでしょうね、きっと・・・。