夫さんさえいなければ楽しい帰省になるのにな・・・。

今日から自分実家へレッツゴー

今日から2泊3日の予定で隣県の自分の実家へ帰ります。
夫さんも来るらしい。
子どもたちが小さいときは子どもの面倒を見る役目が夫さんにはあったけど、
末っ子も小学生になって手がかからなくなり、
私一人でも高速ぶっ飛ばして、3人連れて余裕で帰省できるのですが・・・。
なぜか夫はついてくる。

まあ、実母が一応夫さんも誘わないと申し訳ないでしょ・・・と言って、一応夫さんにも声をかけろと言っていましたので、一応念のためお声かけしたのですが、周囲の、暗に無理に来なくてもいいよ、のオーラを全く察知することもできず、毎年ノコノコとついてきます。

昨年も、強く!無理に来なくてもいいよ、とお声かけしたのですが、全く効き目なしで、ノコノコとついてきましたから・・・。

空気の読めない残念な夫

かるーく発達障害が疑われるので、空気を読むことなんてできないのでしょうけど・・・。
はっきり言わないとダメなんでしょうけどね。

いやいや、でも普通に結婚13年もすれば、妻の実家になんか行きたくない夫さんなんて、世の中にたくさんいらっしゃるでしょうけど。

自分が招かれざる客だと気づかないのかしら?

ってゆうか、いい年したおっさんが(もうすぐ54歳)妻の実家にのこのこやってくるって、普通におかしいと思うのですが。

ひろーい実家ならまだしも、せまーいマンションの実家なんですけど。

そのどでかい存在自体がかなり邪魔になると思うのですが。

そんなことは全く意に介さない、残念な夫さんです。

地獄のドライブ

高速で約3時間。
地獄のドライブがもうすぐ始まります。
運転席からなるべく離れたところに座ろうと思います(笑)
臭いに耐えられませんから。
同じ車に乗るのはほぼ1年ぶり。
それだけで私にとってはかなりのストレスですから。

また勝手に頭のなかで変なプランを考えているんだろうな・・・?
あ~いやだいやだ。

一緒に食事をするのも嫌だ。

我慢していた私

私、昔は我慢していたんだろうな、って最近気づきました。
夫の提案するプランに有無を言わさず同意して無理に合わせていた。

でも今は、夫の提案するプランには同意しない。
昨日も今年の夏はUSJに行きたい、と言ってきました。
残念ながら私は行きたくありません。
家族旅行なんてもう行きたくありません。
子どもたちには申し訳ないけど。
全く楽しめない自分をカンタンに想像できますから。
苦痛でしかありませんから。
なので、私は行きません、と返事をしました。
それに同調し長女も、私は行かないと返事。
行きたいなら夫さんと子どもたち(下2人)で言って下さいと伝えました。

そしてその返答を受け、それでも行くことを決意する夫さん。
普通、そこで、そんなん家族じゃない、とか反論しようと思わないのかね。
あなたが考える家族ってなんなんでしょうね?

自分たちだけ楽しんで申し訳ないとは思わないのかね?
自分だけお金を使って申し訳ないと思わないのかね?

私には無駄遣いを指摘するくせに、やれスキーへ行く、やれUSJに行く・・・と大きなお金を使っているのは夫さんですけどね。

夫さん、その行動、社会人としても家庭人としても間違ってますから・・・。

餃子焼けましたけど・・・

日曜日の夕食時の出来事。
メニューはスーパーで買ってきた1箱36個入り398円の格安餃子。
ホットプレートで焼き始めて、さあ、焼けたぞ♪と思ったら、夫さんがいない。
子どもたちに
「お父さん、どこいったの?」
ときいても
「さぁ?」
「車もないから、どっか行ったんじゃない?」

せめて土日くらいそろっていただきますしたほうがいいと思うけどね

我が家では土曜日や日曜日の夕食だからといって、家族そろったところで
「いただきま~す」
なんて一切しない、調和のとれていない家族なので
このタイミングで夫さんがいなくても
ぜんぜんお構いなしなんですが。
夫さんがいなくても勝手に食べ始めますから。
それくらい、威厳の全くない夫さんですから。

そもそも一家そろったところでいただきますをいう、なんてことを夫さん自身がが推奨していない。
その考え方からして根本的に間違っているけどね。
逆を言えば、そういうところをしっかり徹底させていないから威厳がないともいえる。
すべては自分が蒔いた種。

それにしても餃子が焼きあがるこのタイミングで姿を消すとは・・・?
しかも何も告げずに。

「食」に関心のない人だから致し方ないか。
私からしたら、餃子の焼きあがるこのタイミングで席を外すなんて行動は考えられませんが・・・。

夫さんのニンニク→牛乳神話

数分後、夫さん帰宅。
子どもたち。
「どこ行ってたの?」
夫さん
「牛乳買ってきた。」

そしてなぜ牛乳を買ってきたのかを一切、説明しようともしない。

夫さんの思考回路を推測しますと・・・

今日の夕食は餃子だ。
ニンニクが入っているであろう。
におい消しのために牛乳を飲まねば。
冷蔵庫をのぞくと牛乳がない。
よし、買ってこよう。
そして、誰にも行き先を告げず、近くのドラッグストアまでレッツゴー!

ちなみに我が家では、牛乳を常備していません。
時おり、フルーチェを作るとき、コーンフレークをおやつに出すときくらいしか買ってきません。
なぜなら、私は牛乳をカルシウム補給源と思っていないからです。
むしろ体に悪いのでは?と思っているので。
基本的にはあまり買わないことにしています。

それゆえ、夫さんは牛乳を飲みたいときは、自分のこづかいで牛乳を買ってきます。

父親が手本を示さなくてどうする?

お父さんの行動がいかに間違っているかは子どもたちにしっかり説明しました。

どこかに行くときには行き先をしっかり告げること。

子どもでもわかることです。

父親ができなくてどうする?

サイテーです。

父親としても、社会人としても。

頭、いかれてます。



入学式に行く気満々の夫に急きょ出張が入りホッとする

空気が読めない残念な夫さん

明日は三女の小学校の入学式。
夫さん(現在53歳)は長女のときも、次女のときも、頼んでもいないのに、自ら休みを取り、育メン気取りで入学式に出席していた。
(あの~、言っておきますが、入学式に来てもいいのは若いお父さんだけですから。)
いい年して、恥ずかしくないのかしら・・・と思いますが。
(そんな夫を選択したのは自分ですが・・・選択を間違ってしまったのは重々承知しています)

ところが、今年は、4月から部署移動になり、そして、急きょ泊りがけの出張が入ったそうな・・・。
めでたし、めでたし。
心の重荷が下りました。
(=今日の夜は夫さんがいないのでパラダイス)

仮面夫婦ぶりを世間にさらさなくてもよくなって、ホッとする私でした。

子どもはあなたが思うほど気にかけていませんから

お父さんが入学式に出席するか、しないかなんて、正直、子どもは大して気にしていませんから。
それなのに、入学式に出席できなくなってしまって、ごめんな・・と三女にデパートで高級チョコレートの詰め合わせなんか買ってきてしまうアホなおとうさんです。(三女にだけ買うとケンカになるから、と次女と長女にも同様に買ってくる)

そんなご機嫌とりなんかするヒマあったら、子どもの友達の名前でも覚えろって感じですが・・・。

独りよがりな夫さん

ピントがずれているんですよ。
心をかけてあげなきゃいけないところを間違っている。

お金をかけなきゃいけないポイントもずれていますけどね。
(洋酒入りの高級チョコレートなんて子どもはあんまり好きじゃなからね)

おそらく夫さんは今後、三女に向かって、入学式に出席できなかたことを何度も何度もしつこく話すでしょう・・・。(あ~いやだ、いやだ、そんなことを想像できてしまう自分が)

だって、夫さんはこれまでも子供自身が覚えていようがない赤ちゃん時代に起こってしまった悪い出来事
(夫の不注意で子どもが階段から落ちたのに、私の実母のせいにしたくせに)や、
かかってしまった病気やけがのこと
(生まれるときにへその緒が首に巻き付いていた、心臓に穴があいていた等々→それって、暗に私を批判しているように聞こえますから・・・)
を何度も何度も子供に話していましたから・・・。

思い出しただけでも吐き気がしてきます。

お前は何もしていないくせにえらそーな口をたたくな、と言ってやりたい。

アスペ気味な夫さんには子どもの気持ちなんてわからない・・・。

小学3年生になる次女は今日が始業式&クラス替え。
一番仲良くしている子とまた同じクラスになれるかどうか
ドッキドキの日なのに、今日も朝から夫さんは心無い意味不明な質問を子どもに浴びせかける。

夫さん:一番仲良しの子だれだったっけ?えっーと名前は???
(もう、この時点からしてアウトですけどね)

夫さん:クラス離れちゃうかもね。
(そんな言い方いなくっても・・・・)

他にもなんか言っていたけど、あまりに無神経すぎて、私まで思考停止してしまい、忘れてしまいましたよ・・・。

次女もどう答えていいか分からず、一言も返せていませんでしたけど・・・。

一番大事な日にズドンと心に爆弾落とされたかわいそうな次女でした。

あとで、次女に、ちゃんとフォローしておきましたけど。
私:○○ちゃんと同じクラスになれるといいね。

なぜ、肯定的な言葉をかけてあげられないのでしょう?
なぜ、人を不安にする言葉を発するのでしょう?

もう、我が夫さんながら、本当に残念な気持ちになります。

こうやって、周りの人たちを不快にさせているんだろうな・・・。

その発言、ジョークになっていませんから・・・なんてことが頻繁にあります。
早く気づいてほしいものですけどね。
たぶんムリでしょう。

だって、今までそうやって生きてきたのですから。
自分は全くおかしくない、と思って生きてきたのですから。

自分はおかしいかも?って自分で気づくしかありませんから。
自分で気づいて、直せるところは直そうと思うしかありませんから。

もちろん夫さんは私が勝手にアスペルガーかも?と思っているだけで、本人にもそんなことは伝えていませんから
気づくはずもありませんが。

お父さんウザいと思っているのはうちの子だけじゃなかった♪

3月22日付けの読売新聞「人生案内」より
お父さんが必要以上にスキンシップという名のボディタッチをしてくる
休日は朝から酒を飲んで、話しかけてくる等々
相談者はお父さんと離れて暮らしたい、とそこまで思い詰めていましたが・・・・

まあ、よくある思春期の女の子からの相談ですけど

思い詰めるレベルは違うにしても
我が家でもウザレベルは同じくらいでしょう。

我が家の3姉妹の現状は
長女・・・お父さんウザい度レベル9
次女・・・お父さんウザい度レベル1
三女・・・お父さんウザい度レベル0.5
といったところでしょうか・・・。

お父さん大好きだった次女(小2)、三女(年長)もそろそろお父さんウザい度が発現するころになってきました。残念ながら。

あくまでも、我が家の場合ですけど、お父さんはなんでウザいと思うのかを分析すると
一言でいうと
何にもわかっちゃいないのに、えらそーに上から目線で物申すからですかね・・・・。

一例を申しますと・・・
今、まさに片づけようかなって子どもが思っていたのに「片づけろ」という
今、まさにやろうかなと子どもが思っているのに「宿題しろ」という

子どもをよく見てもいないのに
あれしろ、これしろ、ああしなさい、こうしなさい・・・・とまあ、よく言っていること、言っていること。

母親と子どもとの強靭な信頼関係の中ではやっていいこと、言っていいことも

父親と子どもの希薄な信頼関係の中ではやっちゃ悪いこと、言っちゃ悪いことに容易になりますからね。

そこんとこ、ウチの夫さんはなにか勘違いしていて、私と同じようなものの言い方で子どもたちに言っても、そもそも信頼関係がないのに、いきなり強い言い方をしたって、子どもたちにしてみたら???なわけですよ。

なに?なに?このヒト?のレベルです。
なに、言ってくれちゃってんの?ってな感じです。

傍で見ていて、残念なレベルで、全く受け入れられてませんから・・・・。

どうしてこんなに残念なのでしょう?
一生懸命お父さんしているのに。

ひとつ思うのは
ただ子どもに対して優しいだけではダメということ。
子どもが喜ぶからと思って(=子どもに受け入れられたいから)、おいしいものを食べさせたり、楽しいことを経験させたり・・・・
ただそれだけをしていても決して子どもからの信頼は得られない、ということ。

そんなことだけをするのが父親の役割では決してないはず。

子どもに対する厳しさ(愛があるからこその)も持ち合わせていないとダメなんだ、ということ。