最近の流行りは旦那ネグレクト

結婚当初は甲斐甲斐しくいろいろとお世話をしてあげていたけれど
最近はなぜ私は、夫のハンカチにアイロンをかけなければならないのかさえ疑問を感じ、日々悶々としています。

と、いうわけで、徐々に徐々に夫ネグレクトしています。
どんだけネグレクトしようが大の大人が飢え死にするわけでもありませんので。
要は自分のことは自分でしろってことです。
私はあなたの召使ではない。

おまけに食事作り係りでもない。

あくまでも子どもの食事を作るついでにあなたの分も作っているだけですから。

洗濯だってそう、あくまでもついでにやってあげているだけですから。

本当は洗濯物だってしたくない。
いっしょになんか洗いたくない。

もちろん洗濯物だってたたみたくなんかない。

以前のかわいらしかった私は夫の洗濯物をたたんで、タンスにまで入れるところまでやっていたけれど、
よくよく考えたら、それって、私がしなくてもいいのではないかと思い至り、最近はたたんだ洗濯物は自分で片づけろと言わんばかりに、放置しておきます。

あとは、土曜日、日曜日の昼食。
12時になったら食事が勝手に出来上がっているもの、と言わんばかりの態度に本当にムカつきます。

12時まで2階に引きこもっていて、ごはんができたよ、と呼ばれたら下に降りてくる。

その態度に本当にムカつきます。

テーブルを拭いたり、お茶を用意したり、やることなんていくらでもあるのに、いっさいやろうともしない、いやそんなことをすることに思いが至っていない、非常に残念な夫さん。あんたはいったい何様だ?

最近は頭にくるので、わざとその時間外出していることにして、昼食を作ること自体を放棄しています(笑)

こづかいが64000円もあるんだからそこから昼食代でも捻出しろって感じです。

そもそも家庭の中での男女平等なんてまったくもって進んでいない。
イクメンなんて騒がれているけど、実際やっている内容なんて母親がやっていることの数パーセントくらいでしょ。

家事分担だって。
主要な家事はほぼ妻がやっているでしょ。
少なくとも我が家ではいまだにそうですけど。

この不公平感は半端ないです。
年々殺意さえわいてくるくらいです。
少しは危機感感じろよって。

おそらく夫の中では、自分は正社員、妻はただのパート労働。
だから自分は家事なんてしなくていい。
妻がやるもの。
こういう思考回路でしょうね・・・。

どんなに私が忙しそうに立ちまわっていても自分の分担された家事しかしない。

他に自分にできることはないだろうかと考えもしない。
想像が全く働かない。
=空気が全く読めない。

これじゃあ、普段の会社での仕事もどんな風にやっているかうっすら想像ができます。
だから左遷されるのでしょうけど。(笑)

あまりにもうだつの上がらない夫すぎて嫌になります。

旦那デスノート・リアルに欲しいかも・・・

リアル旦那デスノートが欲しい

先日美容院へ行き、女性週刊誌を読んでいたら、
巷では「旦那デスノート」なるサイトがひそかに人気らしいと知りました。

どうやらサイトを運営しているのは男性らしいのですが・・・。

あまりにも内容がひどすぎるので、逆に擁護する書き込みもあるとか・・・。

私自身はまだ、そのサイトを覗いたことがないのでなんとも言えませんが・・・。

ちなみに30代向けのサイトはあるけど、40代向けはまだないらしい。

今日、7月11日付の新聞の朝情報番組欄の内容にも「旦那デスノート」が・・・。

どうやら時代は、ようやく私の思考に追いついてきたみたいだ。

そんなことは3年ほど前から私も心の中でひっそりと抱いていましたけど・・・。

もちろん声を大にして言えませんがね。

夢や希望は手帳に書いたり、人に言ったりすると実現しやすい、いや実現すると言いますからね。

いいことも、わるいことも。

私の中では、心の中ではとっくの昔に抹殺していますけど。

家の中でもほぼ完全無視ですから。

そこにはいない人として扱っています(笑)

最近は私の思いを察してか、イヤ、身の危険を感じてか?夫さんは2階の寝室に引きこもることがめっきりおおくなりました。めでたし、めでたし。

一生、そこから出てこなくてもいいんだけど。
もちろん会社に行く以外は。

逆精神的DVで訴えられそうですが・・・。旦那ネグレクト。
最近は土日の昼食を作ってやるのも面倒になってきたので、作ってやらないことが多くなりました。
用意しなくても何も言ってこない、か弱い夫さんです。

どこかの国会議員さんみたいにおもいっきり言ってやりたいものですがね。
ちなみに先日は、某国会議員さんのセリフとあくまでも前置きした上で、子どもたちといっしょにそのセリフを大きな声で叫んでいました。(一応、夫さんは同じ部屋にいたけど)

夫さんさえいなければ楽しい帰省になるのにな・・・。

今日から自分実家へレッツゴー

今日から2泊3日の予定で隣県の自分の実家へ帰ります。
夫さんも来るらしい。
子どもたちが小さいときは子どもの面倒を見る役目が夫さんにはあったけど、
末っ子も小学生になって手がかからなくなり、
私一人でも高速ぶっ飛ばして、3人連れて余裕で帰省できるのですが・・・。
なぜか夫はついてくる。

まあ、実母が一応夫さんも誘わないと申し訳ないでしょ・・・と言って、一応夫さんにも声をかけろと言っていましたので、一応念のためお声かけしたのですが、周囲の、暗に無理に来なくてもいいよ、のオーラを全く察知することもできず、毎年ノコノコとついてきます。

昨年も、強く!無理に来なくてもいいよ、とお声かけしたのですが、全く効き目なしで、ノコノコとついてきましたから・・・。

空気の読めない残念な夫

かるーく発達障害が疑われるので、空気を読むことなんてできないのでしょうけど・・・。
はっきり言わないとダメなんでしょうけどね。

いやいや、でも普通に結婚13年もすれば、妻の実家になんか行きたくない夫さんなんて、世の中にたくさんいらっしゃるでしょうけど。

自分が招かれざる客だと気づかないのかしら?

ってゆうか、いい年したおっさんが(もうすぐ54歳)妻の実家にのこのこやってくるって、普通におかしいと思うのですが。

ひろーい実家ならまだしも、せまーいマンションの実家なんですけど。

そのどでかい存在自体がかなり邪魔になると思うのですが。

そんなことは全く意に介さない、残念な夫さんです。

地獄のドライブ

高速で約3時間。
地獄のドライブがもうすぐ始まります。
運転席からなるべく離れたところに座ろうと思います(笑)
臭いに耐えられませんから。
同じ車に乗るのはほぼ1年ぶり。
それだけで私にとってはかなりのストレスですから。

また勝手に頭のなかで変なプランを考えているんだろうな・・・?
あ~いやだいやだ。

一緒に食事をするのも嫌だ。

我慢していた私

私、昔は我慢していたんだろうな、って最近気づきました。
夫の提案するプランに有無を言わさず同意して無理に合わせていた。

でも今は、夫の提案するプランには同意しない。
昨日も今年の夏はUSJに行きたい、と言ってきました。
残念ながら私は行きたくありません。
家族旅行なんてもう行きたくありません。
子どもたちには申し訳ないけど。
全く楽しめない自分をカンタンに想像できますから。
苦痛でしかありませんから。
なので、私は行きません、と返事をしました。
それに同調し長女も、私は行かないと返事。
行きたいなら夫さんと子どもたち(下2人)で言って下さいと伝えました。

そしてその返答を受け、それでも行くことを決意する夫さん。
普通、そこで、そんなん家族じゃない、とか反論しようと思わないのかね。
あなたが考える家族ってなんなんでしょうね?

自分たちだけ楽しんで申し訳ないとは思わないのかね?
自分だけお金を使って申し訳ないと思わないのかね?

私には無駄遣いを指摘するくせに、やれスキーへ行く、やれUSJに行く・・・と大きなお金を使っているのは夫さんですけどね。

夫さん、その行動、社会人としても家庭人としても間違ってますから・・・。

餃子焼けましたけど・・・

日曜日の夕食時の出来事。
メニューはスーパーで買ってきた1箱36個入り398円の格安餃子。
ホットプレートで焼き始めて、さあ、焼けたぞ♪と思ったら、夫さんがいない。
子どもたちに
「お父さん、どこいったの?」
ときいても
「さぁ?」
「車もないから、どっか行ったんじゃない?」

せめて土日くらいそろっていただきますしたほうがいいと思うけどね

我が家では土曜日や日曜日の夕食だからといって、家族そろったところで
「いただきま~す」
なんて一切しない、調和のとれていない家族なので
このタイミングで夫さんがいなくても
ぜんぜんお構いなしなんですが。
夫さんがいなくても勝手に食べ始めますから。
それくらい、威厳の全くない夫さんですから。

そもそも一家そろったところでいただきますをいう、なんてことを夫さん自身がが推奨していない。
その考え方からして根本的に間違っているけどね。
逆を言えば、そういうところをしっかり徹底させていないから威厳がないともいえる。
すべては自分が蒔いた種。

それにしても餃子が焼きあがるこのタイミングで姿を消すとは・・・?
しかも何も告げずに。

「食」に関心のない人だから致し方ないか。
私からしたら、餃子の焼きあがるこのタイミングで席を外すなんて行動は考えられませんが・・・。

夫さんのニンニク→牛乳神話

数分後、夫さん帰宅。
子どもたち。
「どこ行ってたの?」
夫さん
「牛乳買ってきた。」

そしてなぜ牛乳を買ってきたのかを一切、説明しようともしない。

夫さんの思考回路を推測しますと・・・

今日の夕食は餃子だ。
ニンニクが入っているであろう。
におい消しのために牛乳を飲まねば。
冷蔵庫をのぞくと牛乳がない。
よし、買ってこよう。
そして、誰にも行き先を告げず、近くのドラッグストアまでレッツゴー!

ちなみに我が家では、牛乳を常備していません。
時おり、フルーチェを作るとき、コーンフレークをおやつに出すときくらいしか買ってきません。
なぜなら、私は牛乳をカルシウム補給源と思っていないからです。
むしろ体に悪いのでは?と思っているので。
基本的にはあまり買わないことにしています。

それゆえ、夫さんは牛乳を飲みたいときは、自分のこづかいで牛乳を買ってきます。

父親が手本を示さなくてどうする?

お父さんの行動がいかに間違っているかは子どもたちにしっかり説明しました。

どこかに行くときには行き先をしっかり告げること。

子どもでもわかることです。

父親ができなくてどうする?

サイテーです。

父親としても、社会人としても。

頭、いかれてます。



入学式に行く気満々の夫に急きょ出張が入りホッとする

空気が読めない残念な夫さん

明日は三女の小学校の入学式。
夫さん(現在53歳)は長女のときも、次女のときも、頼んでもいないのに、自ら休みを取り、育メン気取りで入学式に出席していた。
(あの~、言っておきますが、入学式に来てもいいのは若いお父さんだけですから。)
いい年して、恥ずかしくないのかしら・・・と思いますが。
(そんな夫を選択したのは自分ですが・・・選択を間違ってしまったのは重々承知しています)

ところが、今年は、4月から部署移動になり、そして、急きょ泊りがけの出張が入ったそうな・・・。
めでたし、めでたし。
心の重荷が下りました。
(=今日の夜は夫さんがいないのでパラダイス)

仮面夫婦ぶりを世間にさらさなくてもよくなって、ホッとする私でした。

子どもはあなたが思うほど気にかけていませんから

お父さんが入学式に出席するか、しないかなんて、正直、子どもは大して気にしていませんから。
それなのに、入学式に出席できなくなってしまって、ごめんな・・と三女にデパートで高級チョコレートの詰め合わせなんか買ってきてしまうアホなおとうさんです。(三女にだけ買うとケンカになるから、と次女と長女にも同様に買ってくる)

そんなご機嫌とりなんかするヒマあったら、子どもの友達の名前でも覚えろって感じですが・・・。

独りよがりな夫さん

ピントがずれているんですよ。
心をかけてあげなきゃいけないところを間違っている。

お金をかけなきゃいけないポイントもずれていますけどね。
(洋酒入りの高級チョコレートなんて子どもはあんまり好きじゃなからね)

おそらく夫さんは今後、三女に向かって、入学式に出席できなかたことを何度も何度もしつこく話すでしょう・・・。(あ~いやだ、いやだ、そんなことを想像できてしまう自分が)

だって、夫さんはこれまでも子供自身が覚えていようがない赤ちゃん時代に起こってしまった悪い出来事
(夫の不注意で子どもが階段から落ちたのに、私の実母のせいにしたくせに)や、
かかってしまった病気やけがのこと
(生まれるときにへその緒が首に巻き付いていた、心臓に穴があいていた等々→それって、暗に私を批判しているように聞こえますから・・・)
を何度も何度も子供に話していましたから・・・。

思い出しただけでも吐き気がしてきます。

お前は何もしていないくせにえらそーな口をたたくな、と言ってやりたい。