参観日で見た!小学校でのタブレット学習はここまで進んでいた

昨日は小学校での学習参観日でした。
小5長女は、絶対に見に来るな!との命令が下されましたので、
仕方なしに小2次女のクラスへ。

45分間ぼぉ~っと突っ立ているのもなかなか苦痛だから、
意外と子どもが2人いると、教室間の移動時間が費やされ、
逆に助かったりするわけですが・・・・。

昨日はそんな思いを吹き飛ばすほど、大変興味深い授業でありました。
小2次女のクラスでは算数の長さの学習でした。

授業テーマは「長さクイズをしよう」

グループ(3,4人)で学校の中にあるものをタブレット(グループに1台)で撮影して、
(ちなみにウチの子のグループは卓球台の長さでした。他のグループは本棚とか靴箱とか・・・ここまで事前に済ませてあって)

長さを考えるためにヒントの画像を撮影し(例えば、卓球台の前で手を広げ撮影するとか。見当をつけるためですね。)

答え用の画像を作り(答えの○m○cmを写真上に書き込む)
(これも、教室内には効果的な色や太さなどの説明が貼ってありました)

それを発表する順につなげ
(指でつなげるだけだった・・・これが一番びっくり。私が知らないだけ?ipadでは普通なのかしら?)

それを先生のタブレットに送信し、プロジェクターで写して、
グループごとに発表するという内容。

いい大人がやっているプレゼンテーションと全く同じじゃないですか。
(いや、でもパワーポイントより断然作業しやすいと思う)

他のグループが問題として出した映像を見ながら、各グループが答える。
(答えはホワイトボードに書き込みでアナログでした)

先生のタブレットに全グループ送信し終わったら、各グループのタブレットは操作ができないようにロックされていた。
これもすごい、きちんと考えられている。タブレットで遊んでしまうことのないように。

これら一連の作業を2年生がなんの苦もなくすいすいとしていたのに、保護者の皆様方はびっくり。

我が家にはipadなんて存在しないのに、わが子がすいすいと作業をしているのには驚きました。

学校の先生とお話したところ、本当は一人1台ずつタブレットがあって、これまでしてきた学習を蓄積していけるようにすればいのだけど・・・とのことでした。

町の予算的にはまだそこまではできないそうです。

それでも次女のクラスは若い先生なのでこれができる、とのこと。

おとなりの年配の先生のクラスでは、ほぼタブレットは使われていないとか。

同じ学校内でも差があるし、

もちろん同じ町内でも学校間の差もありますし(たった2校ですが)

となりの町との差もあるそうです。(となり町ではタブレット導入が始まったばかりとか)





タブレット学習を始めて8ヶ月経過効果のほどは?

ついに始めてしまったタブレット学習

小5の長女と、小2の次女が2016年7月よりタブレット学習を始めました。
ちなみにそれはスマイルゼミ。

一方こちらはちょっとハイレベルなZ会。


小学2年生の取り組み方

小2の次女は学校から帰ってくるのが3時過ぎなので(週1日は4時過ぎ)、学校の宿題を終えると、タブレット学習に取り組みます。っていうか、ゲームをしたいがために、取り組みます。
我が家では月曜日から木曜日は、DSのゲームはしてはいけないきまりになっているけれども、タブレット学習についているゲームならやってもいいことになっているから。

タブレット学習を始めて、小2の次女は字がきれいになったと学校の先生から褒められました。
おそらく、タブレット学習での漢字練習に取り組んでいる成果だと思われます。
なぜなら、結構丁寧に書かないと丸がもらえないから・・・。
注)字がきれいになる効果はスマイルゼミのパンフレットにも記述されています。

タブレット学習を取り入れた本来の目的は、次女の算数への苦手意識の克服のためだったのですが、その目的は果たせていない、と思われます。いまだに2年生の算数の学習の最大の難所である、時計や長さやかさなどの単位があやふやですから・・・。

なぜかといいますと、基本、自分で取り組むのですが、やはり、その中でも自分の得意なことしかやらないわけですよ。
苦手意識のある算数は、何度も繰り返してやろうとは子どもは思わない。
ごくごく当たり前のことに全く気づいていませんでした・・・。

というわけで、未だに算数への苦手意識は克服できておりません。

小学5年生の取り組み方

一方小5の長女は、夏休みは時間がたっぷりあったので、タブレット学習に取り組めたのですが、2学期に入ると学校の宿題を終えるのに時間がかかり、とてもじゃないけど、平日にタブレット学習をする時間なんかなかった、という現状です。

では、土日にすればいいじゃないか、といっても土曜日は習い事があり、タブレット学習なんかす気も起きず、日曜日もする気が起きず・・・ほぼ放置状態が長い間続いています。

基本、言われたことしかやらない長女ですから、自ら進んでタブレット学習をしよう♪なんて思考回路はないわけです。

というわけで、6万円近くした費用が(年払いしてしまったので)無駄になってしまった・・・。

あくまでも我が家の長女に限った場合ですが。

小学生準備講座とは?

年長の三女は今年の1月から取り組んでいます。
(小学生準備講座、ただし英語は1年生から利用できるものが配信されています)
こちらは結構たのしく、一生懸命に取り組んでいます。
(DSを持っていないので、ゲームができるのはタブレット学習でしかできないから)
ちなみにタブレットも長女・次女のものより進化しています。
(大きさがすこし大きくなっているけど、薄くて軽くなっている)
軽くて、タッチペンのペン先もクリアなものになっていました。
(ただし、タブレット代として、別途9800円かかります)

何事もとりあえずやってみないと気がすまない性格ゆえ、見切り発車的に申し込んでしまったけれど、
やっぱり子ども自らが学習したい、という気持ちがあるかどうかが大前提であると気づかされました。

子どもに身に付けさせたいものがあるなら、機械に頼るのではなく、母親自らが動かなくてはいけない、と思わされました。

英語に関しては興味・関心をひく内容になっていますし、ネイティブの英語の発音が聞けるので、大変すぐれものです。
おかあさん、教えて?といわれても、私でさえ聞き取れないことがあるくらいです・・・なさけないですが。

3人合わせて、15万円弱かかりましたが、母としての大きな勉強代となりました。
ちなみに夫さんには内緒でやらせています。
だから父親の前ではタブレット学習の話はタブーなのです。

ついに長女退会する

2017/2/13追記
ついに長女だけですが、タブレット学習、退会しました。
フリーダイヤルに電話して、退会の意向を伝えるだけで、あっさりと手続きは終了しました。
すでに払い込んである1年分の会費は、残りの分がタブレット代を差し引かれて戻ってきます。
それでも2万円ほど戻ってくるので、よしとしましょう。
全く使われないまま、のこり4ヶ月を過ごすよりかはマシです。

あ~これでまたちょっと心がすっきりした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村