わずかだけど、ただの自治体臨時職員にもボーナスが支給された。

本当に、本当にわずかだけど。

何年ぶりにもらうボーナスでしょう?
結婚前の正社員時代、最後にもらった2003年夏。
結婚を機に会社をやめ、専業主婦に。
そして少しずつ働く時間を徐々に伸ばしてきました。
あれから14年。

3人の子を産み、末子が今年ようやく小学1年生。
子育てしながらも、コツコツと少しずつ働く時間を延ばしてきました。
今年ようやく、厚生年金にも加入させてもらうまでたどり着けました。
感慨深いです。

そしてなぜか今年は6月臨時加給分という名のボーナスをいただくことができました。

なぜ?

一応臨時職員として5年目か6年目か?それすらもあやしい・・・。
しかも働き始めの頃は週に2日のみなんていう、ふざけた働き方だったにも関わらず・・・。

夫さんは6時45分には家を出て、最低でも帰宅するのは夜の7時過ぎ。
忙しい時期は帰宅はいつも9時、10時。
(世の中にはもっと遅く帰宅されている方もたくさんいらっしゃいますけどね・・・)
ほぼ第一子誕生のときからワンオペ育児。
保育所の送迎、平日お風呂に入れること、などなど、ほぼ私一人でずっとやってきました。

もちろん食事作り、寝かしつけ、宿題を見ること等々。

頼れるのは土日のみ。
それもただの子どもの遊び相手のみ。
(これだけでも十分じゃないか、というご意見もあるとは思いますが・・・)

かつては長女の習い事の送迎を数回連続で頼んだだけで、またか・・・と露骨に嫌な顔されましたからね。
それ以降、断じて夫になんか習い事の送迎を頼んでなんかいませんけどね。=私が毎週送迎しています。

もちろん掃除、洗濯、食事作り、食材の買い物などをやってくれるわけではありません。

車で5分ほどのところに義実家はあるけれど、車の運転できないお姑さん。
頼れるようで頼れない。
しかもご高齢。

それでもお願いできることはお願いしてきたけど・・・。

わずかなボーナスなんだけど、なんだかこれまでの苦労が報われた気がしました。

だれもこの14年間の苦労をねぎらってくれる人なんていませんが。
もちろん夫もねぎらいの言葉なんてかけてくれやしません。

たった数万円のボーナスですけど、
これまでの頑張りがすこしだけ認められたような気がしました。

ただのつぶやきです。
お読みいただき、ありがとうございました。