やっぱり体重は毎日はかって自覚した方がいいみたいだ


やっぱり自分のありのままを脳に叩き込め!

ここしばらく(1ヶ月くらい・・・)毎日体重をはかることをやめていました。
でもこれまでは、毎日はかっていたのです。(もう10年以上)
記録もしていました。
それでもやせなかったけど。
昔、ためしてガッテンで「はかるだけダイエット」というのがありましたけどね。
それを信じてずーっとはかっていたのですけどね。

もう体重にとらわれるのはやめよう、と思い至り、ここ最近は毎日体重をはかっていなかったのです。

でも、昨日10日ぶりくらいに体重計にのったら、やっぱり、というか案の上、体重は増えていました。

結論、やっぱり体重は毎日はかった方がいい。(あくまでも私の場合)

毎日、自分の体重をきちんと認識した方がいいみたいです。
自分の体重をきちんと認識しないと、エンドレスにおかしを食べ続けてしまいます。
やはり、自分の体重の重たさを認識して、わずかでも食べるのをやめようか・・・?という意識を働かせた方がよさそうです。

おどろくほど体形が変わっていない自分

丁度1年前のこの時期、あすけんダイエットを始めたのですが、一度は3キロほどやせたのですが、
結局、体重は以前より増えているし、驚くほど、体形も変わっていない。
(いや、むしろ、サイズが大きくなっているような・・・)
(サイズも1ヶ月に1度ほど、自分で測っています)

もう一度あすけんダイエットに取り組んだ方がいいのはわかっちゃいるのですが、
やっぱり毎食食べたものを入力するのは正直、面倒くさい。
スマホアプリで入力するのは、パソコンから入力するよりだいぶラクなことはわかってはいるのですが・・・。

でも自分が食べたものを認識するという行為が大事なことはわかっている。

そうか、わざわざあすけんに登録しなくても、とりあえず、手帳にでも書いておこうか・・・。

あすけんをやる前は普通にそうやっていたのだ。

あすけんに入力しなきゃと思うからやりたくないのであって、ただ手帳に記録するだけなら、もう一度できそう。
ただのレコーディングダイエット

今日から、また始めます。

でも、いったい、私は何を食べればいいのでしょう?

正直、今はいろいろな食べ方に関する書籍が出回っていて、わからなくなってきました。
家にある本だけでもタイトルをひろってみました。

・日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる 渡辺信幸著

・病気にならない生き方 ミラクル・エンザイムが寿命を決める 新谷弘美著
 この本を読んでから乳製品を控えるようになりました。

・50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則著
 ゴボウ茶がすすめられているのでチャレンジしたけど、続けられず・・・

・じつは体に悪い19の食習慣 南清貴

・なぜ「粗食」は体にいいのか 帯津良一・幕内秀夫著

・私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。 柴田真希著
 雑穀をすすめています

このほかにも図書館から借りてきて読んだ本も多々あります。

なにがなんだかわかりません。
自分がおいしいと思うものを適量たべるのが一番いいのではないか?と最近は思っています。
自分自身の体に耳を傾けるというか・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください