超簡単、就職超氷河期世代支援プログラム


正規雇用を30万人増やす?

正規雇用を30万人増やすだって?
いったい、どうやって?
AIに仕事をどんどん取られていくこのご時世に、いったいどこの業種で正規で雇ってくれるのでしょうか?
まあ、、大方、介護・看護・運送業界でしょうね・・・。資格取得のための費用を補助しますよ的な政策でしょう、きっと・・・。

別に私たちはもう正社員になんかなりたいわけじゃない。
(今更、イチから会社員って・・・そう思っているのは私だけ?)
(しかもブラックな業界でなんか働きたくなーい。)
(たいてい、20代の頃、ブラックな業界で働いていて、心も体も壊してしまった、っていうパターンですから)
(私もそうです。飲食業界で正社員だったもので、12時間以上拘束されるのは当たり前だったから)
(身も心もボロボロになったので、もうあのようなバカみたいな働き方はしたくないし、できないの)

今のままの働き方でいいから、とにかく時給を上げてください。たったそれだけのことで、大方の問題は解消できるでしょうに・・・。
130万以上の収入になったら、厚生年金にも加入させてげればいいのだから・・・。
(まあ、雇う側が反発するでしょうけど)

そして、同じ職場で長年勤めている人にはきちんとボーナスも下さい。
それから有給もちゃんと取らせてください。
パートやアルバイトでも有給をちゃんと取らせてください。(まず、パート・アルバイトでも有給を取得できるのだ、と周知徹底する!)

ただそれだけです。

ただそれだけでいいじゃないですか?

もう一歩踏み込むなら、今現在パート・アルバイトで雇っている人を正規雇用で雇って下さい。
これが一番の理想。
8時間よりも短い時間での正社員、ということで。

あなたは、毎日5時間、6時間、7時間勤務バージョンの正規雇用ですよ、ということでいいじゃないですか。

変な計画立てて、意味不明な就職セミナー開いて無駄なお金使うくらいなら、いま働いている非正規雇用者の時給を一律上げてください。正社員として採用した企業側にお金配るくらいなら、非正規労働者ひとりひとりにお金を配って下さい。

正規労働者と非正規労働者で賃金格差が大きいのは日本くらいです。

みんな同じように働いているの。自分の貴重な人生の時間を割いて。
パートだって、アルバイトだって。

その雇ってくれている会社のためやお客様のために、時間を割いているの。

その時間の捧げ方に違いなんてないの。

まあ、やっている内容の違いは多少はあるにしても・・・。

某地方自治体での実際にあったお話

話変わって、数年前、私が住んでいる自治体で、中途採用の採用試験がありました。
たしか、40歳か45歳まで受験可能だったから、もちろん私も受けてみましたよ。
大々的に、新聞にも出ていたので、受験者も結構いらっしゃいました。

数ヶ月間、ちゃんと勉強もしました。
いわゆる公務員試験対策本を買って・・・。

でも、実際に合格したのは、その自治体の首長の知り合いの方。
完全に出来レース。
(本当に小さな自治体なので、バレバレです)

まじめに受験した私がバカでしたよ・・・。
私の数ヶ月間を返してくれ~って感じでした。トホホ・・・。

その自治体も首長がしたことは、同じように、人生のリベンジをかけて、受験した方々の気持ちを踏みにじるような行為ですよ。