小学生3姉妹・5人家族・5月の家計簿報告

毎月恒例、5月の家計簿報告します。
使っているのは婦人之友社から発行されている「予算生活の家計簿」
通常の費目に自動車費と妻・自由費という費目をプラスして使っています。

家族構成は
夫 50代前半(団体職員。ただいま他機関へ出向中=左遷?)
妻 40代前半(毎日メインパートを4時間半プラス、サブパート3時間、おまけに土日は早朝のアルバイトを3時間ほど・・・と奮闘中。稼いだお金は子どもの将来の教育費&自分のための老後資金としてせっせと投資信託&個人型確定拠出年金へ・・・・おおきくなれよ・・・激しく期待)
長女 小6(習い事は習字)
次女 小3(習い事なし)
三女 小1(習い事なし)

 予算2017年5月決算
副食物費84000100493
主食費22500
給食費3人分
47495
給食費2ヶ月分含む
調味料費1100011734
食費合計117500159724
光熱費1650016747
住居・家具費87000
住宅ローン45783
89650
衣服費200009197
教育費28500
長女のみ習い事あり
25591
交際費5000540
教養費55003072
娯楽費10000360
保健・衛生費76500
長女歯科矯正予定あり
15440
妻・美容院
消耗品まとめ買いあり
職業費89000
夫こづかい64000
通勤定期代
36201
出張費戻りあり
特別費2900021450
妻・実家への帰省費
公共費1500100
自動車費284000
2台所有
ミニバン購入予定あり、だったけど今年はやっぱり買わないらしい・・・。
95752
軽自動車の任意保険代
妻・自由費3000012171
書籍まとめ買い
ラクマ売り上げ入金
純生活費合計800000485993

給食費の引き落としが2ヶ月分まとめてだったので、主食費、そして食費全体がえらいことになっています・・・。

おまけに5月は自動車税の支払いもあり・・・。

収入<支出(税金・社会保険料含む)の結果でした・・・。

6月に入り、2017年も中盤にさしかかりました。

車を買う予定が夫さんからの申し出によりなくなったので、昨年の外壁張り替えに引き続き、今年も大きな出費を覚悟していたのですが、とりあえず、今年は貯金ができそうで一安心です。

ちなみ2016年からお世話に銀行はこちらです。
普通預金の金利が他とは違います。
楽天証券と口座を連動させればもっとお得に。

2017/6/13追記
ついでにすごいことになった食費の内訳も報告しちゃいます(笑)
副食物費A(いわゆるおかず代) 87649
内訳 魚類 予算 12000に対し、実際は9632
   肉類 予算 15000に対し、実際は23863(どんだけ肉を食べすぎているのやら・・・)
   野菜類 予算 18000に対し、実際は24412(こちらも食べ過ぎ?単価の高いアーモンド(生協で箱買いやら、煮梅用の梅3キロなども購入。今さらだけど煮梅用なので本当は果物の分類に入るのかも、と今気づく)
   豆・豆製品 予算5000に対し、実際は3811
   牛乳・乳製品 予算5000に対し、実際は1762
   卵 予算 3000に対し、実際は1658
   調理食品 予算 3000に対し、実際は3357(フリーズドライのトムヤンクンスープまとめ買い&チルドのぎょうざなど)
  果物 予算 14000に対し、実際は18614(生協で国産みかんの缶詰の箱買いあり)
  その他 生協宅配手数料 540

考察:肉、野菜の買いすぎです=食べ過ぎ。まあ、野菜は食べ過ぎてもいいのだけれど・・・。

副食物費B(我が家の場合はおかし代)
予算 9000に対し、実際は12844
一応、言い訳をしておきます。長女が友達の誕生日会用に、ケーキの材料を買ったので。(微妙な費目わけになるのだけれど・・・実際は交際費?それとも家庭教育費?)
今後の季節に備えて、ポッキンアイスのまとめ買いもしました。

主食費A
予算 8000に対し、実際は9525
カップめんのまとめ買いあり

主食費B=外食費&給食費
予算 14500に対し実際は37970
小学生3人分の給食費が2ヶ月分となっています。
他、GW中の実家帰省の際の外食費も入っています。

調味料費
予算 11000に対し、実際は11734
734円の微妙なオーバー
こちらもアイスコーヒーボトルのまとめ買いあり

改めて、生協でのまとめ買いが出費を大きくしている元凶だと気づく。
でも、家の前まで運んでくれるし、大変ありがたいので、おそらく今後もまとめ買いはやめられないでしょう・・・きっと。

うちの子たち食べ過ぎなの?それとも母の節約スキルが足りないのか?

とある統計結果と見て衝撃を受けました。
40代5人家族の副食物費の平均(53591円)と比べて、我が家の食費が1万4千円ほどオーバーしている・・・。(67763円・2016年副食物費1ヶ月平均)
一応、必要な栄養から割り出した適正な食費の予算を立てているんですけど・・・。
しかも我が家は夫実家から野菜類をもらうことが多いので、若干少なめに予算を設定しているのですが・・・。

やっぱり我が家は食べ過ぎているんだ・・・。
私と長女の体形をみると納得。

買いものへ行くのが面倒なので、
生協の宅配で頼むものが多すぎるのか・・・。(生協はスーパーに比べると値段は割高なので、商品の質は明らかにいいですけど)

割安な食材でやりくり、かさ増し料理・・・・なんてスキルがまったくないので
特に考えもせず、いつもフツーに作ってますけど。

やっぱり節約スキルを身に着けて、
安い食材を使って、やりくりした方がいのだろうか・・・?

今までの自分の食事作りの一連の行動がが全否定されたようで相当ショックを受けました。

それにしても皆さんは何を食べているのでしょう?

ざっと副食物費の金額だけを見ただけなので、食費合計でどうなのかは見てはいないのですが・・・。

とくに高級な食材を買っているわけでもなく、いたってごくフツーの食材を買ってはいるのですが。

しかも我が家は乳製品はあまり買わないので、その分ほかの家庭と比べて出費も抑えられていそうなのに。

ちなみに副食物費とはいわゆるおかず代といわれるもので、肉や魚、野菜、乳製品、卵、果物などの購入代金のことです。おかし代や、惣菜購入代なども含まれています。

参考・2017年1月食費内訳

参考・2017年2月食費内訳

参考・2017年3月食費内訳

参考・2017年4月食費内訳

ちなみに本日5月分も月末締めをしましたが、5月分はもっとえらいことになってします(笑)後日公開します。
ちなみに冷蔵庫も冷凍庫も、食品庫も現在、パンパンな状態になっています・・・。

なんか、4月からほぼフルタイムみたいな仕事状態になったため(でも実際は3つのパート&アルバイトの掛け持ちなので、身分はパートで変わらず)常に食材が家にないと不安な心理状態になっているからだと思います。

いやーそれにしても、家計簿をコツコツと記帳して1年の合計を出しているからこそ分かることで、(とある団体に入っていますので、全国の会員が同じ基準で家計簿を記帳していますから・・・)確かな数字のパワーというものはやっぱりすごいと実感したのであります。(食べ過ぎている分、体形に如実に表れている)