ついに書籍化、だんなデス・ノート

ついに書籍化されました。
「だんなデスノート」

アマゾンにつながります。
アマゾンの書評では厳しい意見が多々ありますね。
私自身は中身を読んでいないのでなんとも言えませんが。
でも書評を書きこむ、ということはその厳しい意見を書き込んでいる方々は少なくとも、本を買って読んだ、ということですよね。

ヤフーで買いたい方はこちら

いやいや、楽天で買いたい方はこちらへ
【新品】【本】だんなデス・ノート 夫の「死」を願う妻たちの叫び 死神/著

ちなみに私はまだ買っていません。
早く買わなきゃ(笑)

そして家の中の目立つところに置いておかなきゃ(笑)

よぉ~く熟読して、実行しなくては、ですね。

それを買っただけで、リアルに実行されたらうれしいのに~。
あ~こわい、こわい。

こんな恐ろしいこと書いていたら、リアルデスブログになってしまいますね。

ちなみに我が家は、だんなネグレクト状態ですから。

といいつつも、一応、朝食の用意はする(パンとコーヒーのみ)
弁当は一応作る(おかずはほぼ夕食の残りだけど)
夕食は作るけど、温めるのと食器洗いは夫がする。

夫さんの洗濯物は一応洗ってあげるているし、たたんでもあげてはいるけど、片づけは夫さんがご自分で、という感じです。

結構、やってあげているじゃない(自画自賛。十分、十分。これ以上なにをしろと?)

最近は、土日の昼食を作ってあげることが大変苦痛になってきたので、私はその時間はなにかと用事を作ってわざと外出しています。

だって、12時まで2階に引きこもって、出来上がるまで下りてこようとも、もちろん配膳などの手伝いもしようとも思わないのですから、本当に腹が立ってくるので、もう土日の昼食を作ること自体を放棄しています。

勝手にしろって感じです。
64000円のこづかいの中から、自分で昼食を買ってこい、ってな感じです。
もしくは家にあるもので工夫して自分で作りなさい。

「いつまでも あると思うな 土日の昼食 自動的には出てきません」

子どもたちの母親としてのやるべきことはしますけど、妻としての仕事はもうしたくはありません。
もちろんレスですから。
求められもしませんけどね。
いったい、何を求めて結婚をしたのかさえもわかりません。
以前にもこちらのブログで書いたとは思いますが、恥ずかしながら、3人の子どもは私の努力で授かりましたから。

昼食どころか、土日の夕食を作ることも苦痛なんですけどね。
昼食とおんなじで、出来上がるまで2階にいて、わざわざ呼ばないと来ないのですから。
いったい、何様のつもりでしょう?

おまけに自分だけさっさと食べ終わると、自分の分だけの食器をさっさと洗って、さっさと2階へと戻って行く。
題して、ひきこもり夫。

コミュニケーション力ゼロです。

会話力もなし。



なのでリアルだんなデス・ノートとなることを激しく熱望している40代パート主婦です。

こんな怖いこと書いていたら、GoogleAdSenseさまから目をつけられてしまいそうで怖いわ・・・。
別の要因で、広告配信停止になってしまいそう・・。