母・妻・主婦はいったいどこでくつろげばいいのでしょう?



私もひとりになりたい

夫の部屋である書斎はあるけれども、妻の部屋なんてない
子どもの部屋はあるけれども、母の部屋なんてない
家事コーナーとか家事室はあるけれども、主婦の部屋なんてない

世の中、男女平等、女性はもっと活躍を、なんていうけど
いつまでたっても
女性は
家の中で
たったひとつの部屋を与えられることもない
そもそもそこからして
おかしいでしょう
なんで部屋がないの?

20年以上たっても変わらない住宅事情

私は20年以上前
学生時代の夏休みの宿題で
将来住みたい家の図面を考えたとき

真っ先に自分の部屋を持ちたいと思った

あれから20年以上経つのに
日本の多くの家庭では
いまだに
妻の部屋・母の部屋・主婦の部屋なんて見かけない

もちろん注文住宅で初めから
そのように建てている家もあるでしょうけど
ごく一般的なモデルハウス等では
いまだ見たことがありません

なんで女はないがしろにされるのでしょう

本当に我慢がならない

私が家を建てるなら・・・

ちなみに我が家は私が嫁いできたときには
すでに諸事情により
家が建てられていたので
(夫はバツ1で、家を新築したのに、前妻さんがその家には住みたくないと言い出し(夫実家と近いため?)離婚したそうな・・・まったくもって意味不明な離婚理由ですけど)

私が夢見た
私の部屋なんてものは
存在しない

もし、今後家を建てるようなことがあったら
絶対に私の部屋を作るのに
(ほぼ100%そんなことは起こりえないけど)

なので、唯一空いている
リビング横の和室を私の部屋とするべく
徐々に徐々に
私の荷物を増やしていく

そこにおいてある
子どものおもちゃや子どもの衣類を入れてあるタンスは
もうそろそろ各自の部屋へ
移動させたい

でもなぁ~
エアコンもついていないので
夏は暑いんだよね

居場所は自ら作るもの

とりあえずその部屋が完成するまでは
キッチンの一番すみっこにある
パソコンコーナーが唯一ほっとできる場所

ここは私が作り出した場所
食器棚とか冷蔵庫とかを動かして
なんとかパソコンラックが入るスペースを確保して

もちろん私しか触ることのできない専用のパソコン
唯一の難点は
ガスコンロが近いので
汚れやすい

でもレシピをみたりしながら料理を作れるので
本当に楽

一人になりたいときは
いつもそこにいます

本当はそこにパーテーションでも立てて
個室風にしたいくらい

自分を取り戻せる場所

子育てが一段落しつつある今
(と、いってもまだまだ続くけど一応そんなに手がかからなくなった、という意味で)
我が家での、自分の立ち位置を模索中

母であらねばならない比重がだいぶ減ってきて

主婦をしなくてはならない比重も、手抜き加減を覚えたおかげでだいぶ減ってきて

もともとほぼないに等しい妻である比重なんて、さらにほぼゼロに近づいていき

ようやく本来の自分の比重が大きくなってきた、と感じている自分です

自分でいられるってすばらしいって本当に思います

2017/12/18追記
ついに寝室を別にしました。
と、いっても私は子供部屋で寝ているのですけど。
普段から一緒の空間にいることさえ苦痛なのに、寝るときまで苦痛を味わいたくないから。
人生の三分の一を夫と過ごしたくはありません。

子どももしくは、一人でいいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください