自分を愛するということってどゆこと?



本当に久しぶりにこのブログを更新します。

ほぼ1ヶ月ぶりくらいかな?

何してたんでしょう?私は・・・。

このブログに心の中を吐き出さなくても、何とか生きていけるようになってきた、ということです。

つまり、夫に対しての不平、不満をうまくスルーする力がついた、ということでしょうか・・・。

はたまた、自分自身への自己肯定感が少しはマシになった、ということでしょうか・・・。

しかーし、昨日の「世界一受けたい授業」を見て、またムクムクと吐き出したい思いがわいてきました。

「妻が口をきいてくれません」なんて本が流行っている?そうですが、そんなん我が家ではかれこれ5年くらいリアルで進行中ですよ(笑)

昨日のテレビを見ると、最後は何事もなかったかのように仲直りし、ハッピーエンドになったようですが、現実はそんなにうまくいくわけがありません。

まあ、その本も実際の話をもとにしているみたいですが。

果たして、夫さんはこの番組を自室で見ていたでしょうかね・・・?

間違ったメッセージを受け取っていなければいいのですが・・・。

番組内の実例では、妻側は「まだ、好きなのに・・・」ということになっていましたが、そこんところは私は全然ちがいます。

私はあきらかに夫さんのことは「嫌い」です。

世の中の絶賛家庭内別居中の夫さん側が勘違いしそうでコワイわ・・・。

さてさて、話はかわって、タイトルの「自分を愛するということ」なんですけど、最近読んだ本で、衝撃を受けた本があります。

『あなたが生きづらいのは「自己嫌悪」のせいである。』安富歩著

なぜ「自己嫌悪」してしまうのか・・・。

それは親からのあらゆる負のメッセージを受けてきたからなんだ・・・と、ようやく腑に落ちました。

そしてそこから抜け出すには、「自愛」=自分を愛することが大切なんだ・・・、ということ。

しばらくブログを休んでいたのですが、自分の中ではいろいろと大きな変化があって、一番大きかったことは、母に「NO」と言えたこと。
(対面ではなく、電話ですが・・・)

それでも、それが46才にしてようやくできたことが、自分でもうれしかったです。

そして、今日本屋さんで、見つけて思わず買ってしまった本。

「NOを言える人になる」鈴木裕介著

自分のやったことは間違ってはいなかった、と確信できました。

母に対しても、夫に対しても・・・。

そしてもう一つ本屋さんで見つけて思わず買った本。

「死ぬ気で自分を愛しなさい」カマル・ラヴィカント著
(こちらはまだ読んでないけど・・・)

世の中の流れがなんだか大きく変わろうしているらしいけど(株の空売り関連では特に!)自分自身の心の中もようやく大きな変化があったな・・・と思う今日この頃です。