自分をたいせつにする本、服部みれい著を読んでみた

自分をたいせつにするって?どゆこと?

自分の本当の気持ちに気づいて、それをたいせつにすること、なのだな・・と理解しました。 中・高校生向けに書かれているような本なのですが、ここに書かれている内容を本質的に理解できるのは、年を重ねた人だけなのではないかな・・・と思いました。 自分自身、10代、20代でここに書かれている内容を理解できていたら、なにもここまで生きることに悩まなかったでしょうに・・・と思います。 でも知らなかったからこそ、がむしゃらに歩んでこられたのかも知れません。 自分の本当の気もちなんかに気づいていたら、フツーの会社になんか就職できやしないわな・・・。 就職面接なんて、どれだけ偽りの自分を演じられるか・・・にかかっているようなものだから。 数十年前までは、それで良かったのかもしれないけれど、もう今はそういうことをしたくない人がたくさんいるんだろうな・・・。 本当の自分で生きていきたい、と心から願う人が。 偽りの自分でいることが苦しいことだ、と若い人でも気づく人がたくさん出てきているのでしょうね。

家族の中でさえも

私は家族の中でさえも、偽りの自分でいたくないな、と思い始めました。 えっ、家族の前でも偽りの自分なの?って思う人もいるでしょう。 良き妻、よき母親、良き嫁、全部演じてきました。 一番最初に仮面が取れたのは、良き母親でした。 子どもがはがしてくれた、とでもいいましょうか・・・。 こうあるべきでしょ、という母親像に限界を感じて、一気に仮面を脱ぎました。 良き母親だったら○○するでしょ、フツーみたいなことをどんどんやめていきました。そしたら、本当にラクになりました。 良き妻も、良き嫁、良き娘もどんどんやめていきました。 別にどう思われようともういいや、とも思えるようになりました。 演じていて一番つらいのは自分自身ですから。 自分が一番よくわかってますから。 もう自分自身をつらい目に遭わすのはやめようよ、と思えました。 まだまだ周りに忖度している自分はいますが、でも自分でわかっていてそうするのと、わからないままでそうしてしまうのとでは大きな違いです。  
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分をたいせつにする本 (ちくまプリマー新書 380) [ 服部 みれい ] 価格:1012円(税込、送料無料) (2021/10/30時点)

楽天で購入