40代になるとあちこちガタがきますのう・・・。

2016年夏発覚した、低音性難聴(耳鼻科で検査して、薬を処方され、少し飲んだけど、今は放置)

2016年末発覚した睡眠時無呼吸症候群かもしれない私。(簡易検査だけしたけど、今すぐ精密検査が必要なほどでもないので、放置)

2017年新年早々、目の下がけいれんする現象。
(先日眼科を受診。1ヶ月分の目薬をもらってきた。しばらくは様子見)

どれも、重大な病気でもなんだけど、確実に今までには経験していないこと。
とにかくひとつひとつ対処していくしかない。
今すぐ死に至るわけではないけど、なんとなくおかしいってことが増えた。

人生の下り坂を一気に駆け下り始めたかのようだ・・・・。

その他には、白髪が増えた。お腹がぽっこり。(それは以前からだけど)
人の名前とかすぐに思い出せない。
大事なものをどこに片づけたか思い出せないなどなど。

それで実はも全然落ち込んだ、暗い気分なんか全然なくて、むしろこれからの人生ももっと楽しく生き生きと・・・なんて思い描いている自分がいる。

それはなぜかというと・・・・
昨年から始めた新しいことがいくつかあるから。

まずは歌。
のどに負担をかけず、腹筋を使って歌う歌い方がだんだんとできてきて、歌えることがたた単純にうれしい。発表会なんかも今のところないので、プレッシャーもないし。

ベターッと開脚目指したストレッチ
昨年9月くらいからやっているけど、未だ、ベターッとはできないけど、確実に前よりはできるようになった自分に対して単純にうれしい。

ブログ
不満をただぶちまけたかっただけのブログだったけど、少しずつ同じ境遇の人からの反応がきて、私だけじゃない、と思うことができてうれしい。

アフィリエイト
ブログに広告を載せて、収入を得ることができる夢のようなシステム。
まだまだ、1ケタ、2ケタの微々たる収入だけど、いつかはどーんと、夢は大きく。

ラクマ
家にある読み終わった本がブックオフで買い取ってもらうより、単純に高く売れることがうれしい。
子どもたちの服や靴なんかも。

投資信託
今、話題の積み立て型投資信託にチャレンジ。
老後の資金を今から用意し始めた。

土日の早朝アルバイト
ようやく、子どもたちに手がかからなくなり、土日の早朝なら私がいなくても大丈夫、と見越して、アルバイトを始めた。たった週2日でもちりも積もれば山となる。

スマホ
ようやく、スマホデビュー。しかもYモバイルでiPhone5s。
念願のスマホデビュー。
やっぱりスマホは便利。
ラクマのコメントもすぐに見れます。

全部で8こ。
どれも、今のところ楽しくやっている。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

睡眠時無呼吸症候群かもしれない私が寝るときにやっていること

2016年末に実家へ帰省したときに、
実母から指摘され、発覚した
睡眠時無呼吸症候群(かもしれない私・・)

いくつになっても母というものはありがたい存在です。
四十路を越した、わが子の健康状態を気にして、言いにくいことでもズバリ言ってくれます。
「あんた、いびきかいてたよ。しかも途中で息が止まっていた」と。

10年以上となりで寝ていても
夫に「お前、いびきかいているぞ」なんて今まで一度も言われたことがありません。

それは私を気遣ってくれてのことなのか、はたまた、関心が全くないのか。
睡眠時無呼吸症候群という症状を知らないだけかもしれないけど。

いびきをかいているのは、子どものころから指摘されていたので分かってはいたのですが、
まさか、息が止まっているとは知りませんでした。
自分では確かめようがないですから。

もともと、鼻、のど関連は子どものころから弱かったので、気にはなってはいたのですが。

さっそくネットでリサーチ開始。
ちょうど古本屋さんでも睡眠時無呼吸症候群について書かれた本を発見し、
即購入。「意外とこわい睡眠時無呼吸症候群」成井浩司著

すると、今まで気になっていた体の状態がなんと、睡眠時無呼吸症候群からくる症状であるらしいことが判明しました。

たとえば、夜中に何度も目が覚める。
口臭がある。
体重が減らない。
朝、起きて、頭痛がする。
などなど。

なんか病院へ行くほどのことでもないんだけど、なんか気になる症状、というのが、全部この睡眠時無呼吸症候群の症状にあてはまっていたのです。

でもいざ、詳しい検査をしてもらおうにも、近くには専門の病院もありません。
しかも検査は泊り込みでしなくてはならないため、子どもをおいて行けるはずもありません。

しかし、そんな人のために朗報が。
なんと、自分がどの程度の症状かを調べてくれるスクリーニング検査というものが、自宅でできることが本の中で紹介されていました。(ちなみに5700円かかります。)
気になる方は、NPO法人「睡眠健康研究所」で検察してみて下さい。
検査の申し込み方法も掲載されています。

さっそく検査を申し込み、一晩検査してみると、
やはり、無呼吸状態があることが判明。
しかし、今すぐ精密検査が必要なほど切迫した状態ではないことが分かりました。
(A=正常~E=要医療機関受診までの5段階で判定されます)
今後も1年に1回はスクリーニング検査を受けてくださいね、とのことでした。

そこで、自分で出来る=ドラッグストアで買える予防法をただいま実践中。
具体的には、口に貼るテープです。
寝るときに口に貼るだけ。
あとは、横向きに寝る。
それだけ。

鼻を広げるテープも買ったけど、ちょっと値段が高いので、とりえず口に貼るテープだけを継続しています。

スマホのアプリで、自分の寝ているときの状態を調べられるものがあるので、今後はそれにもチャレンジしてみようと思います。