童話館の絵本の配本サービスをついにやめた

投資額は30万以上?

長女(小5)が1歳半の頃から約10年あまり・・・
毎月2冊ずつ本が配本されるサービスでしたが
ついに昨日やめる連絡をしてしまいました。
結構あっさりと受け答えされていて、こっちの方が申し訳なかったくらいです。

絵本を通して子どもたちと共有する時間は、かけがえのない時間でした。
家にある200冊以上の本すべてに思い入れがあります。

毎晩、毎晩、絵本の読み聞かせをしていました。
配本され始めた当初は、家にある絵本の数も少なかったわけで、同じ本を何度も何度も繰り返し読んでいましたけどね。もうそれこそ、飽きるくらいに。

今はどれを読んでもらおうかと子どもたちが迷うほど大量にありますけどね。

どの本もとりあえず、今は手放さないことにしています。
(自分が買った本は断捨離できるけど、童話館から配本されていた本たちはどうしても断捨離できません。それくらい思い入れが深い本ばかりです。)

ブックオフやフリマアプリなんかをのぞくと、童話館から配本されている絵本がたくさん出品されていますけどね・・・・。今のところ、私にはできません。

絵本の読み聞かせの効果はあったのか?

私は子どもの頃、本を読むことが好きではありませんでした。
でも今は本を読むことが好きですけどね・・・。

子どもたちにはぜひ、子どもの頃から本を読むことが好きな子どもに育ってほしいと願って、絵本の配本サービスに申し込みました。

どの子も本を読むことは好きなので、一応一定の効果はあったとは思います。

童話館から配本される絵本は「絵」にもこだわりがあって、同じ題名の絵本であってもとりわけ絵にリアリティがあるものが配本されています。

そのおかげかはわかりませんが、長女は絵を描くことが好きになり、地元の小さなコンクールでも何回か表彰されたこともあります。

絵本の次は何を?

ズバリ、読売子ども新聞です。
週1回木曜日に届きます。ネットから申し込みができるのでお手軽です。
子ども新聞ですけど、内容は大変読みごたえがあります。
1ヶ月500円、1年で6000円です。
絵本の配本サービスから比べると、大変安上がりです。

本当は中学生新聞も申し込みたいけど・・・・。
子ども新聞とセットで申し込むと1ヶ月1000円。
まだ、申し込みができずにいます・・・。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

新・小学1年生におすすめな絵本

友達ってどうやって作ったらいいの?

我が家の子どもたちが小学1年生になるときに
童話館ぶっくくらぶから配本された絵本です。

「こんにちはといってごらん」
マージョリー・W・シャーマット 作
リリアン・ホーバン 絵
さがの やよい 訳

2012年童話館出版発行
定価 1200円+税

ともだちがひとりもいないバネッサが、学校でともだちができるまでについて描かれています。
ともだちを作りたいけど、勇気がでない、そんな心情が新1年生になる子どもたちにぴったりの1冊です。
どうしたら友達を作れるのか、クラスメイトに声をかけるにはどうしたらいいのかも描かれていて
これを読んでいれば、1年生になる不安も、少しは解消されるのではないかと思います。



うちのこ、さんすうできるかしら???
と不安な方にはこんな本のシリーズををおすすめ
「さんすうだいすき」遠山 啓著

>さんすうだいすき 10巻セット[本/雑誌] (児童書) / 遠山啓 ゴトー孟 / ※ゆうメール利用不可

価格:25,920円
(2017/3/16 10:45時点)
感想(0件)

少し上の学年のお子さんにはこちらがおすすめ
「算数の探検」遠山 啓著
こちらもシリーズになっています。

>【送料無料】 算数の探検 1 たす・ひく・かける・わる / 遠山啓 【全集・双書】

価格:3,888円
(2017/3/16 10:49時点)
感想(2件)



子どもが興味を持つように仕込んでいるいろいろなこと

いろいろと仕込んでも無駄になることも多いけど
子どもの将来への投資、と思ってしていること

絵本の読み聞かせ

子どもが1歳頃から始めたこと
絵本の読み聞かせ
毎月2冊づつ年齢に合った絵本が送られてくる配本サービスに加入して10年目
(ちなみにそれは童話館ぶっくくらぶ)
かけた投資額30万円以上か・・・現在も次女と三女は継続中
毎月金額は変動するので正確なものは割り出したことはないけれど
たいてい、送料込みで1ヶ月2500円くらいから3000円くらい

長女は小2くらいからだんだんと読み聞かせをしなくなってしまったけど
学校ではかなり本を読んでいるらしく、好きな歴史分野においては
私より知識が豊富かも
そして、何よりもうれしかったのは
絵を描くことが好きなこと
コレは、良質な絵本を見ていたおかげか?と勝手に思っている
(ちなみに童話館では同じ題名の絵本でも、特に良質な絵の絵本を選んで配本してくださいます)

一方、次女は残念ながら、絵を描く能力やセンスは育たなかったけど(ホント、残念なほどに)
音読がとっても上手
気持ちを込めて読むのが上手
黙読もかなりのスピードで読めるので
図書館からまとめて10冊借りてきてもすぐに読み終わってしまうほど
読むのは得意でも作文とか感想文を書くのは全然ダメですけどね

三女はいまだ、未知数
これからどう花開くか、というところ


子ども新聞の購読

これは昨年から開始
我が家は夫さんが出勤するときに新聞を持っていってしまうので
朝、子どもが新聞に触れる機会がないので
どうしたものかと思っていたのですが

とりあえず子ども新聞でも購読しようかと思って契約中(配達は週1回ですけど)
こちらは1ヶ月500円
時事ワードも結構出ているので
社会勉強になるかと淡い期待
なによりも最新の科学技術とか、世の中で流行っているものとかの記事が、実は大人でもおもしろい

新聞が配達される日は、結構競い合って新聞を見ようとしています
あくまでも読むのではなく、見ている
なぜかというと、クイズやパズルをしたいから

まあ、それでも新聞に触れているので
まあ、よしとしています

先週から始めたこと

Eテレでやっている外国の子供向け番組を
英語で聞くようにして
日本語字幕を表示させる
(ちなみにそれは「サム&キャット」)

小5長女がだんだんと英語に興味をもってきたので
とりあず、ネイティブの英語に触れるように、と思って

字幕は漢字もあるから
次女や三女には読めなくてかわいそうなんだけど

英会話なんて習わせるお金の余裕がないので
とりあえずお金をかけなくてもできることを、と思って

あくまでも日常生活の一部として