夫の存在に苦しんでいるのは私だけじゃなかった♪

2017年2月21日付けの読売新聞「人生案内」に、私と全く同じ悩みをかかえている人の相談が掲載されていました。
以下、新聞より引用
40代の主婦。結婚して20年になる夫の言葉が足りず、理解できません。
夫は元々、口数が少なかったのですが、40歳を過ぎてから、その傾向が強くなりました。
中略
子どもが小学生になると接し方が分からなくなったのか、会話も少なくなりました。
結婚して10年は本当に幸せ家族だったし、今もはた目には幸せに見える家族ですが、限界ではないかと感じることがあります。夫を変えることはできるのでしょうか。
引用終わり

全く、同じ悩みすぎて、うれしくなっちゃうくらいです。
我が家も結婚後8年、9年くらいまでは幸せだと思っていましたけどね。
でもそれは、ただの思い込みだったと気づきました。

我が家の場合は、夫が会社を辞めたい、と本気で言ったときから幸せはガラガラと崩れていきました。
結局、やめなかったのですが、今でもいやいやながら仕事へ行っているの毎日見ていると、正直嫌気がさしてきます。
本気でやめたいならやめればいい、やめる気がないなら、二度と会社へ行きたくない素振りを見せるなと言ってやりたいです。

どうして、子どもたちの将来のために頑張って働こう、と思えないのでしょうか?
どうして、お父さんはお前たちのために頑張って今日も働いてくるよ、と言えないのでしょうか?

人生に対するココロの持ちようが根本的に違うので、(=すべての物事に対して後ろ向き)
正直話すことも嫌になります。
エネルギーが吸い取られそうで・・・。

マイナスオーラを放つ人って、ほんと迷惑ですよ。
どこにもいますけどね。
かつては自分もそういう人間だったので、よくわかります。
ご迷惑をかけた皆様ごめんなさい、この場を借りてお詫びします。

でも人間は自分の気持ちの持ちようでいくらでも変われます。
今、この瞬間からでも変われるのです。
ただ、それを心から信じることができるかどうかだけなのに。

それに気づくまで10年ほどかかりましたけどね。

こればっかりはいくら周りから働きかけても無駄だと思います。
自分で気づくしかないんです。

交流分析の世界では他人と過去は変えらない、だから自分が変わるしかない(=自分の考え方を変えるしかない)
といいますけど、正直、難しい。

こういう人なんだ、と受け入れるのが難しい。
まだまだ、なんで私の考え方を変えなくてはならないのだ、と反発する自分がいます。

毎日が修行ですね。
心を平静に保つのが難しいです。

こちらの記事もいかがですか
夫の偏食に悩んでいるのは私だけではなかった♪
べっぴんさんから学ぶ家族の関係
夫さんよ、少しずつ自立した方がいいと思うよ
自分はうつ病だという夫はうつ病でないと思う・・・



こちらのブログもよかったらご覧下さいませ。
軽度アスペルガーかも?な夫をもつ妻のブログ