我が家の収支年計表&資産管理表はエクセルでカンタンに

毎度おなじみ家計簿ネタです。

家計簿は婦人之友社の予算生活の家計簿を使って13冊目。

賞与を含めた1年の収入予測をして、それを12等分して、1ヶ月に使うことのできる金額を割り出し、それを各費目ごとに予算わけをする、という一般の会社と同じようなやり方で、家計簿としてはちょっと変わった家計簿です。

でもその歴史は古く、その原型は100年以上も前に、羽仁もと子氏(雑誌:婦人之友の創刊者・日本で最初の女性新聞記者)によって作られました。

記入の仕方もちょっと変わっていて、毎月の各費目の予算から使った分を差し引いていき、その月に使えるお金を常に把握することができる、という便利なものです。

そして、ひと月の終わりには、予算に対して使ったお金、剰余金(予算に対しての余ったお金)を出していき、それを各月累計していく、というやり方です。

毎月のやり方はこんな感じに進めていくのですが、この家計簿の優れた点は、収支年計表があることなのです。

ちなみにこちらの家計簿を愛用している方々の団体では、毎月の剰余金を書き、収支年計表も書き、ひと月の収入と支出が合っていることを確め、それを1年間抜かりなく続けることができたことを完全記帳とよんでいます。

これはなかなかできることではありません。
なぜって、結構計算が大変だからです。
でも一応、カンタンにできるようにはなっているのですけど・・・。

それでも手計算だとやっぱり間違えてしまうことも多々・・・。
計算まちがいが発覚すると、もうそれだけでやる気が失せてしまうことも・・・。

そんな過去を経験し、近年では収支年計表だけはエクセルでちゃちゃっと打ち込んでしまっています。
そして合計や平均の計算はエクセルさんにお任せってことで。
お話を聞くところによると、こちらの団体では、意外と30代、40代の若い世代はこんなやり方で収支年計表を作成している方々が多いようです。もちろんパソコンのできる方は60代、70代の方でも同様になさってはいますが。

一番初めにやるときはちょっとだけ表を作るのに時間がかかりますが、できてしまえばこっちのもの。
手書きの表では6ヶ月平均と1年の平均しか記入する欄がないのですが、エクセルで作った表なら3ヶ月平均や9ヶ月平均なんかもサクサクっと出せてしまいます。

ひとつ、この家計簿で残念なのは資産を記入する箇所がない、ということ。数年にわたって築いてきた財産(預金等)を記入しておくページというものが存在しないのです。
なので、これまでは白紙のページに前年末の銀行預金等の各残高を記入し、合計していたのですが、これもだんだんと記入することが大変になってきたので、こちらも近年ではエクセルで打ち込んでしまっています。

自動車購入資金、生活準備金、こどもそれぞれの教育資金・・・ってな感じで、預金名義、預け入れ額、満期期日などを打ち込んで・・・。

そんな感じで、日々の家計簿の記入は大変なのですが、これを続ければ収支年計表&資産管理表に打ち込んで、ながめることができる、という壮大な目標に向かって毎日の記帳に励んでいるのであります。

って、いうかぶっちゃけ、毎日のお金の記録はできなくても毎月月末にそのひと月のプラスかマイナスかだけでも把握しておくだけでもモチベーションが全然違うと思うので、とりあえず、今日は通帳記帳をして、残高を記録し、明日の夜に財布の中の現金を記録しておくだけでもいいと思います。