アゴをひいて、鼻呼吸を意識したら猫背が直る気がする

2016年8月に古本屋さんでこんな本を見つけました。
「アゴを引けば身体が変わる 腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育」

伊藤和磨著
光文社新書 定価780円+税

腰痛もちでも、肩こりもちでもないんだけど(頭痛もちではあるけれどそんない重症ではない)、なんか気になったので買ってみました。

まえがきより抜粋
”人は痛みを自覚すると、それを取り除くことばかり考えるようになるものだが、あくまでも痛みは「結果(現象)」であり、「原因(本質)」ではない。根本的な原因は、患部に負担をかけている姿勢や動作フォームにあるのだ。”

とあります。
長年、猫背だ、といわれ続けてきて、ずっと気になっていたけれども、どう治せばいいのかがが、全く分からなかった私でしたが、この「アゴを引く」ということで、猫背が改善できるような気がして、思わず買って読んでみた、ということです。(まあ、猫背改善のいろいろ本は読んではみたけれど・・・・)

「アゴを引く」と背筋の伸びを感じ、頭から腰まで一本の糸で引っ張れているような感覚を感じます。
逆に「アゴを前に出す」と腹はゆるみ、背中が丸くなり、一気に気の抜けたようになるのが感じられます。

この違いをようやく実感として感じることができました。
(今更かいって感じだけど)

でも、ついつい気が緩むと、すぐにこれまで慣れしたしんできた猫背の姿勢に、体は戻ろうとします。
でも、最近の変化として、1分、1秒でも長く、「アゴを引く」生活を意識していると、いつの間にか「アゴを前に出している」自分がおかしい、ということに意識が向くようになってきました。

それともうひとつが鼻呼吸
まず、鼻呼吸をするにはアゴを引いていなかればなりません。
本には、”アゴを引いて、舌を上アゴの歯の裏側につければ、自然と鼻呼吸が促される”とあります。
ためしにやってみると、鼻呼吸をスムーズにするには、アゴを引いた状態でなければ、スムーズに行えないことがわかります。

いかに今まで自分がアゴを上げて、口で呼吸をしていたのかがよく分かりました。

そしてもうひとつわかったことが。
私は、今まで、歩いているとき、口を常にあけていた、ということ。

この「アゴを引く」と「鼻呼吸」と意識するようになってから、歩くときに気がついたのです。
あっ、歩くときに「アゴを引いて」「鼻呼吸」をしていると、なんだかスタスタと気持ちよく歩ける、ということに。

この感覚も初めて感じるものでした。

スタスタ歩ける自分、歩いても疲れない自分に、自画自賛です。

こう考えると、睡眠時無呼吸症候群かもしれない自分も、この鼻呼吸ができないことに由来するのでは?と思い至りました。
でも、もともと左の鼻のとおりが悪い、とは耳鼻科で言われたことがあるので、そのせいもあって、鼻呼吸がしづらかったのかもしれませんが。

長年いろいろなことに苦しんできた自分が、今変わろうとしている気がします。
本当に変われたと実感できることには寿命を迎えていそうですが・・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。