「投資なんか、おやめなさい」荻原博子著を読んでみた

結局どうすりゃいいの?

アマゾンの新刊本を眺めていたらキャッチーなタイトルの本が・・・。
投資を始めて1年の初心者は一気に不安に陥りました。
いやいや、きっとこれは退職金を手にした60代以上の人に対してのメッセージに違いない、と一度は心をおさめたものの、やっぱり書かれていることが気になる~ということで、丁度楽天のポイントの有効期限が切れそうだったので、楽天ブックスで買ってしまいました・・・。これこそ、いいカモではないか・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投資なんか、おやめなさい (新潮新書) [ 荻原 博子 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/9/17時点)

一応、初心者向けの投資関連の本はいくつか読みましたので、投資初心者が気をつけるべきことはいくつか知識としては知っていました。
なので、気をつけなくてはならない、すでに知っている内容のことも書かれてはいましたが、私自身が一応これはいいのではないだろうか?と思い、始めた積み立て投資や確定拠出年金がダメなことも書かれていて、やはりショックを受けました。

ドルコスト平均法に異を唱えておられ、投資できるお金が1000万円以内の人なら、利益を上げる方法はほかにもある、と述べられていますけど、やはり毎日証券会社のホームページとにらめっこする時間もそんなにないので、多少手数料がかかっても、積み立て投信にお任せしたくなります。

一応、手数料が安い投資信託を買ってはいるのですが・・・と荻原さんに反論したい。

また、運用を他人任せにする投資信託では長期投資は難しいとも述べられています。
コツコツと手数料を取られてしまうだけ・・・とのこと。

今のところプラスにはなっているので、今後様子を見たいと思います。

「はじめに」には『2018年前後から世界的な不況に突入するのではないか、と言われています』と書かれています。
今後どうなりますやら・・・。

そして私が今年加入したばっかりの確定拠出年金についてもダメ出し。
こちらも手数料だけ取られて結局目減りしてしまうそうな・・・。
しかも60歳まで引き出せないから、と。

まあ、たしかに最初の段階で2700円ほど、そして毎月160円ほど手数料がかかりますからね。

もう、こちらも様子を見るしかありません。
だって、もう始めてしまったのですから。

一応、投資信託をはじめて、1年ほど経過して現在プラスを維持しているので、いい気になっているところに、こんなタイトルの本を見つけてしまい、一気に不安に駆られてしまう投資信託初心者なのでした。

ちなみに荻原さんはデフレ状況下での現金を重視していて、銀行に預けておくだけで相対的に現金の価値があがるとおっしゃっています。
そうはいっても何もせずにぼーっとしていられないのが私です。
とにかくこれはいいのでは?と思うことは何でもやってみたいタチなので。

やっぱり何事も自分で勉強をして騙されない知識と方法を自分で身につけるしかありません。

そんなわけで、今は、もう一度投資信託について書かれている本を読み返して勉強中。

積み立て投資信託買い増ししてみた。

書籍で投資をお勉強

ここ数ヶ月投資に関する書籍を読んでいます。
古本屋さんで買ったものも含めて。いや、ほぼ古本屋か。

「日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい」
22年勝ち残るNO.1ファンドマネージャーの超投資法
ひふみ投信 ファンドマネージャー 藤野英人
定価1500円+税のところ古本屋さんで税込み360円

「投資は世のため自分のため」
長期投資の先に広がるステキな世界
澤上篤人
定価1300円+税のところ古本屋さんでなんと200円

日本人だけが知らない「がんばらない投資法」
ほったらかしでも一億円貯まる
資産構築コンサルタント 中井俊憲
定価1300円+税 こちらは書店で購入

半値になっても儲かる「つみたて投資」
星野泰平
定価838円+税のところ古本屋さんで360円

どれも数年前に出版された書籍ですが、書かれている内容は今でも通じる内容。

ネットで投資!初心者

ちなみにネットで投資を始めたのが2016年10月。
はじめは楽ラップと通常の買い付けで投資信託を買いました。

と、同時に積み立て投資も始めました。
買った銘柄は、このころ読んでいた投資関連の書籍を参考に2銘柄購入。

ちょうど半年ほど経過していますが、いまのところ投資信託では累計、27万円ほど購入したのですが、
1万円ほどの利益が出ています。
売ってはいないので、確定した利益ではないですが。

そして、今朝、新たに積み立て投資信託を申し込んでみた、という次第です。
ちなみに買った銘柄はまたまた書籍を参考にすすめられているものを買ってみた。
2銘柄1万円ずつ積み立てで。

10年後、20年後を見据えて

今すぐ必要なお金は定期預金で用意してあるので、完全な余裕資金で運用しています。
夫には内緒で。自分の給料振込口座から資金を移しているので。
そもそもネット銀行に口座を開設していることも知らないし、ネット証券に口座を開設していることも知らない。
夫が知らないことがどんどん増えていっている~。
こわーい。
そもそも夫さんは自分は早く死ぬ死ぬと言っていますから。
その後のために私は自分年金として準備を進めてるだけです。

なんだかよくわからないことが多いけど

とにかく早く始めたもん勝ちのような気がします。
NISA枠を使えばお得だし。
今までは元本が保証されない投資なんて・・・と思っていたけど
NISAやiDecoが始まり、盛んに投資をすすめるメッセージがあふれています。

積みたて投資をすすめる書籍も売れているし。

私のセンサーが盛んに反応していますから、まちがいない気がします。
(あくまでも勝手な個人の判断ですが)

楽天証券でこっそりと老後資金を用意し始めました

ことの発端はこづかい倍額要求の乱から

なにしろ2016年7月夫さんの「こづかい倍額要求の乱」以来、夫さんには秘密にしていることがだんだんと増えてきました。
どうせ、相談したって却下されるのがわかっているから。
そうならば、いっそのこと何も相談せず、勝手にやってしまえ~♪といろいろなことに手を出しています。

あっ、もともと「こづかい倍額要求の乱」というのは、
子どもたちにタブレット学習をさせたいな、と思って申し込んでもいいかどうかのお伺いを立てたところ、
そんなことに無駄遣いをするくらいなら、俺のこづかいを増やせ、と言ってきたことがことの発端です。

しかも、こづかい増やせの要求の根拠は、「管理職手当てというのは部下に飲み会等でおごる必要があるからあるわけで、
自分は小遣いが少なくて、部下におごることもできない。
だから、管理職手当て分をすべてこづかいにしろ」といってきたわけの分からない夫独自の勝手な論理です。

ある程度、夫さんが自由に使えるお金を持たせておけば、いちいち細かいお金を要求されることもなく、
払わせてしまって悪いな・・なんて私が思う必要もなく、意外とお互い自由であることが判明致しました。

昔はそれでも少なくて悪いな・・・とは思っていた、でも今は

たとえば、こづかいが少なかったころは・・・
散髪代、夫が勝手に子どもたちと行った外食、夫の体調管理が悪いばっかりに頻繁に医者へ行く費用などもそのたびごとに請求されていた、もしくはこちらから、小遣いが少ない中から出させるのは悪いな・・・とおもんぱかって、かかった費用を渡していたのですが・・・

最近ではこづかいがいっぱいあるからそれくらい払えるでしょ・・・と思っていちいち少額を渡さなくなった。

っていうか、倍額になったこづかいのほかにも夫が自由に使えるお金として、140万ほど渡したので
本当になくなったらその金を使えばいいでしょ・・・・
と私の心の中では思っているので。

先日、我が家の金庫をのぞいて夫さんの通帳を拝見いたしましたら
(ちなみに、夫の通帳は自由に見れる環境です。でも私の通帳はもうその金庫には入れていませんので、
夫さんは私の秘密の通帳は見ることはできません)
びっくりしたことに、この140万円を普通預金に入れているではありませんか!!!

まあ、普通預金も定期預金もたしてい金利は分からないかもしれませんが・・・
私の中では普通預金と定期預金では大きな違いですけど・・・
140万ものお金を使う予定がないのに、普通預金へ入れておくこと自体が信じられません。

投資デビューそれは老後のために

なにを隠そう、私も昨年7月までは投資なんか全くしたことがないド素人であったのですが、
楽天銀行で口座を開設したことをきっかけに
10月には楽天証券でも口座を開設し
投資デビューをしたのであります。

先に楽天銀行で口座を開設しておけば、楽天証券の口座開設はスムーズでした。

ちなみに私は楽天カードを作ったのが先でしたけどね・・・。
なぜかというと、上記の子どもたちのタブレット学習を夫さんに内緒で申し込んで、夫にばれないようにカード払いををしたかったからなんですけどね。それまでは、自分名義でも引き落としは夫さんの口座からのカードしか持っていなかったので。
7000ポイントもらえることも魅力だったけど。

投資デビューといってもビビリなので、まだまだ投資額は少ないですが・・・。
しかも手堅く、堅実に投資信託のみです。

まあ、それでも今後20年以上かけて老後資金を準備しようと思って始めたわけですから。
ちなみに今話題の個人型確定拠出年金ではありません。一応NISA枠ですけど。

だって、今後働き方が変わる可能性もあるから、変更の手続きとか面倒くさそうなんだもん・・。
年金の種類(1号・2号・3号)によって年間にかけられる額が違うって・・・。
どうしてこんな面倒くさいシステムなんでしょ・・・。

夫さんのいうとおりにしていたら定期預金の利息分しか増える見込みはないのですから。
もう、自分でいろいろと勉強していくしかありません。
夫さんに何を言われようとも。

まあ、夫さんは私よりも11才年上で、自分は早く死ぬのだと勝手に思っていますから
その後を悠々自適に一人で暮らせるように私は着実に準備を進めるのみであります。

早くその日が訪れるのを待ちわびるのみであります。
PVアクセスランキング にほんブログ村