カサンドラ妻の体験記を読んでみた



やっぱり、キミはアスペルガー夫でしょ・・・。
そして、ワタシはカサンドラ妻って、ことで・・・。

エピソードが我が夫さんにも当てはまりすぎていてこわい・・・。
そして、カサンドラ妻であろう、ワタシに関するエピソードも当てはまりすぎていて、こわい・・・・。

アスペルガーであろう夫さんと関わる中で、うつ病を発症し、死の一歩寸前まで行かれた著者。

あ~アスペルガーの人って、人をうつ病にさせもするし、死に至らしめる可能性もあるんだ~って、正直恐怖を覚えました。(いや~ん、私も死んじゃうかも?→多分、私は大丈夫だけど・・・そこまで神経が繊細でもないんで、しかも夫さんがアスペルガーではないか?とすでに知っっているから=対処法を知っている)

いや~それにしても、恐ろしや。

それでも、アスペルガーの人が悪いわけでもないし、ましてやカサンドラ妻が悪いわけでもない、そうな。
あくまでも、ひとつのとある特性。=そういう人なんだ、と割り切ればよし。

じゃあ、私はいったい、どうすればいいのでしょう?

本に書かれている対処法
①離れる、去る
②我慢する
③まるごと好きになる

私は、①と②の中間、といったところでしょうか。
ちなみに③は絶対に無理。(かつては試みたが、限界を感じた、というのが正解でしょうか)
私には、そこまで広い心はありません。(マザーテレサじゃないんだから)

離婚しないでいてあげている=子どもとのかかわりを残してあげている、これだけでも許して。

ガマンしつつ、できるだけ離れています。(物理的にも、心理的にも・・・絶賛家庭内別居中)
半径1メートル以内に近づこうものなら、別の意味でドキドキしてしまいます(笑)
私の身の安全(精神的な意味で)を守るためには、致し方なし、と理解してほしいです。

本を読み進めて、最も驚いたのは、この本の中のアスペルガー?かもな夫さんは著者と離婚したあと、再婚されたそうな・・・・。→お相手が、すべてを温かく包んでくれる③の人であることを願います。

人をうつ病にまで追い込み、死の一歩寸前まで追い詰めたにも関わらず、全く反省もせず、っていうか、アスペルガーの人は自分が悪いなんて、微塵も思ってはいないでしょうから・・・・きっとノー天気に再婚できるのでしょうね。(勝手な憶測です)

はい、なにを隠そう、我が夫さんもバツ1のお人ですから。よ~くわかります。
本当に、パッと見わかりませんから。すっかり騙されちゃったよ。(あはは・・・。笑いごとじゃない!)

私は、これ以上の被害拡大を断固阻止するため、離婚をしないであげているのよ~、と上から目線。

苦しむ人は私で終わりにしないと。

いやいや、我が夫さんのすべてを理解してくれるお人は、どこか別のところにいるのかもしれませんが・・・。

55歳まで生きてきて、この状態なのですから、もう十分でしょ、ということで。

この本を読んだおかげで、私が日々実践している家庭内別居は、間違っていない、と正当化できました。
だって、これ以上夫さんと関わると、きっと私の精神が崩壊していくでしょうから・・・・。

私は自己防衛しているのよ。

夫さんと通じる道のシャッターを私の方から降ろしているのよ。

きっと、私がこんなことを思っている、なんて全く気づいていないでしょうけど。

きっと、アスペルガーかも?な夫さんの頭のなかは、わけのわからない=自分は何も悪くないのに→なんで話してももらえないんだろう???と頭の中はクエスチョンマーク状態なのでしょうね・・・・。

それでも、どうして?と聞いてすらこない、コミュニケーションが全くとれないアスペなお人ですから。

気になる方はこちらから楽天へどうぞ。
画像をクリックするとつながります。

1回読み終わった後、しばらくは恐怖を覚えました。
アスペルガーの人と関わる、ということの恐ろしさを。

そして、身近な人がどんなに苦しんでいても、気づかない、気づこうともしないアスペルガーの人の鈍感さに。

私は申し訳ないけど、すべてを包み込むことはできません。
そこまで人間できていないので。

いさぎよく降参しよう、と思えましたので、読んで良かったです。

電子貸本おすすめです。
好きなジャンルの漫画をこっそりスマホで読めますよ。
レンタル100円から。
続きが気になってあっという間にお金が消えていくけど・・・。
ヒマつぶしにはもってこいです。
ちなみに私のおすすめ漫画は「私の少年」と「ヤンキーショタとオタクおねえさん」です。


ブログ運営なんかより、まずは資格をとりたいわ、なんてお方はネットで学べるスクールもありますよ。

私も独自ドメインを取得して、word pressでブログ運営をやってみたいわ・・と思われる方は、まずはドメインをとってみましょう。