父と娘の弁当&お品書き(メッセージ)のニュースを見て思うこと



父と娘の弁当を介したやりとりのニュース

2019年5月13日月曜日の朝のNHKニュース(6時20分ごろ)で流れていた内容です。

14年前に妻と離婚して、男手ひとつで娘を育てている男性。

その高校生の娘さんに毎日お弁当を作っている様子が流れていました。

そのお弁当には毎日お品書きと称した娘への直筆でびっしり書かれたメッセージが添えられています。
高校入学後、お弁当が必要な日は毎日欠かさずお弁当を作り、お品書きと称した娘へ向けたメッセージをどんなに忙しいときでも必ず添えている、ということでしたので、その数は二百枚以上になっている、ということでした。
こちらのお父さんは行政書士さんで毎日お忙しく、娘さんとゆっくり話す機会もなかなかないから、お父さんの想いを伝えたい、という一心でもあったのです。

実はそのニュース自体は、その前日の夜(日曜日)にヤフーニュースに上がっていたと思います。
ちらっと見出しを見た覚えがあるので・・・。
内容までは確認はしませんでしたが・・・。
見出しを見て、おそらく上記のような内容だろうな・・・とは想像ができました。
この手のニュースは時折ありますからね・・・。

そんな前置きがありつつ、月曜日の朝、NHKのニュースでも取り上げられているな・・・と、私は認識していた、いうことです。

夫さんが興味をもつ?

NHKのニュースでも、今日はこのあとこんな内容のニュースを流しますよ・・・と列挙されるのですが、その見出しを見た夫さんが、上記の内容の父と娘との弁当を介したやりとりのニュースに珍しく興味をもった様子でした。

以下私の心の中のツッコミです。
(この時点で、日曜日の夜にヤフーニュースをチェックしてないの?・・・とまずがっかりなのですが)
(だって、夕食後は自室に引きこもっているのに?)
(いったい、キミはその時間何をやっているの?)
(そもそも、キミ、そんなニュースに関心あるの?)
(あまりにも自分と違い過ぎて、びっくりしちゃうだけだよ?)
ツッコミ終わり

朝食を食べつつ、その内容を大変見たかったご様子でしたが、朝の支度をする時間になり、実際はそのニュースを見ることはできなかった夫さんでありました。

以下私の心の中のツッコミです。
(幸か不幸か?見れなくて良かったね・・・)
ツッコミ終わり

見た方がいい?見ない方がいい?

前置きが長くなりましたが・・・果たして我が家の夫さんはこのニュースを見た方がよかったのか、果たして見なかった方がよかったのか・・・?

ちなみにこの時間帯は次女と三女(小5と小3)がこの場におりました。

で、実際にはこのニュースは、私と、次女、三女が見ていた、ということになります。

我が家のお父さんが、この内容のニュースを見たがった、ということにもまず驚きなのですが。

以下心の中のツッコミ
(こんな内容だろうな・・・とも想像ができなかったのか?)
(こんなところにも、アスペな人の症状が出てくるのか?)
ツッコミ終わり

こんな内容のニュースを娘たちと見る、ということにキミは耐えられるのでしょうか?

以下は勝手な想像ですが・・・もし見ていたとしたら・・・

あまりにもテレビの中の父親のやっていることがすごすぎて、自分にはこんなことはできない、と言い放ち、その場を去る。
多分、テレビの中のお父さんのやっていることを批判するような強烈な一言を言い放つだろうな・・・。
(そんな状況を見てしまって、がっかりしちゃう娘たちの顔が想像できるよ・・・)

以下心の中のツッコミ
(そもそも、弁当なんか作れないし、仮に同じような状況に今後なったとしても、弁当を作ろう、お品書きと称した娘へ向けたメッセージなんかおそらくやろうともしないだろうけど・・・キミは)
ツッコミ終わり

そして、もし本当にそのニュースの内容が気になるなら、今の世の中、速攻で録画できるだろうに・・・。
(キミはやろうともしない・・・そういうところがざんねんなのさ)
(もしくは、子どもたちに、内容を教えてね、と言っておく、とか・・・ちょっと高度すぎ?)

と、いうわけで、父親としてのあるべき姿を見損なってしまった我が家のお父さんなのでありました。チーン。
はい、ざんねん。

NHKさんが伝えたかったこと

まあ、世の中のお父さん全部が娘のために弁当を作って、メッセージを添えろ、なんてことはもちろん思いません。NHKさんもそんなことを伝えたかったのではないのです。伝えたかったのは、娘のことを想う父親の姿、だったと思うのです。

世の中にはここまでやっている人が実際にいますよ・・・あなたは同じようにできますか?
「できますか」というのはもちろん弁当を作れるか、メッセージを添えるかということでなく、「娘のことを想えますか」そして、その想いを娘へ「伝えられますか?」ということです。

残念ながら我が家のお父さんは、そんなことを学ぶ貴重なチャンスを逃してしまいました。

まあ、きっとこのニュースを見ても、我が家のお父さんはそこまで考えることはできなかった、とは思いますが。

きっとこのようなニュースを見ても、弁当を作ればいいんだろ、メッセージを添えればいいんだろ・・・くらいにしか考えらえないと思います。(もしかしたら、そんなことくらいなら、自分にもできる、と言ってのけてしまうかもしれません)

そりゃ、だれだってそんなことくらいならできるかもしれません。
でもその裏にある想いの方が実は大事なんだよ、子育てって・・・・。

まあ、母親は生まれた直後から、そんなこといちいち子どもに向かって言ったりしなくても、きっと自然と伝わっていると思います。ある程度、フツーに子育てしているならば・・・。

そしてそんなことをわざわざ言う必要もないし、上記のようなことを毎日する必要もない、基本的には。

だけど、やっぱり父親と母親は基本的にはちがうから、上記のようなこと(ほかの手段でももちろんいいのです。自分ができうる方法で)を通して、子どもにあえて伝えなければならないのだと思います。