人との関わりを少なくして何を学べるのか?


結局人は、人との関わりの中で悩み、苦しみ、涙し、そこで成長できるのだろうけど、私は夫さんとの関わりの中では、たった一人で苦しみ、もがき、悩んでいるに過ぎなかった・・・。

だから、もう苦しみたくないので、私から物理的に距離をとり、数年前から会話、ということをしなくなりました。ある意味、自分の心を守るために、私がとった作戦、というか行動です。

必要な時は、子どもづてに伝えるか、メモ書きで、貼っておくか、です。

こういう異常な状態が続いているのに、相変わらず夫さんはのんきなものです。

この状態の解消に乗り出そうとは一切していない。

もう、その、そういう心理状態の夫さんを想像するだけで、本当に私の心の中はざわざわとし、嫌悪感が体のなかに広がっていくのを感じています。

ここまでの状態になってしまったのは、ひとえに私が人とコミュニケーションを取ることが苦手だからです。
自分の思いや考えを相手に伝えられないのです。

それは子どものころからずっとそうなのです。

一番身近な人にそれができないのです。母親や父親に対して、そうだったのです。
まあ、伝えようにも、父と母は仲が悪く、それどころではなかった、というのもあります。
自分たちの人生で手いっぱいだったのですから。

子どものころからそういったトレーニングができていないのですから、大人になってもできるわけがない。

だから、夫さんの前でも、いい妻、できのよい妻、ものわかりのよい妻を演じてしまっていたのです。
ある意味、私って名女優?

でもそれは本当の私ではない。
だから、つらくなるのです。
つらいのです。
本当の私を生きたい、と最近は強烈に思います。
本当の自分でいたい、と。

でも、今はもう演じるのをやめた、というか夫さんの前では「無」の自分です。
まあ、ただの家政婦くらいの存在です。

ロボットよりもタチが悪いかも・・・。

感情を一切なくして、「無」の境地で夫さんの前では過ごしています。(笑)

でも、それはとてつもなく「孤独」でもあります。

一番近くにいるのに、なんにも心が通っていない。

こんなことを考えているなんて、夫さんは理解不能でしょうね・・・。

結婚、というか、夫婦というという学び舎では、本来学べるべきことを学ばずに、正反対のことを学んでしまった私。

さて、ここからどうしましょうか?

もう一度、夫さんをこころから理解したい、とは微塵も思っていない私。

さて神様はこんな私にどんな審判を下すのでしょうか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください