新型コロナウィルスは今度こそ、世界が変化していく合図なのかな?



2012年にアセンションが起こる・・・と言われていた時に、半分くらい信じていた、というかそうなってほしいと望んでいた私。
並行世界とか、パラレルワールド、次元上昇とか・・・。
それ関係の書籍もたくさん読みました。
当時、ヒカルランド出版の本もたくさん読みましたよ。

これまでの物質中心主義世界から変化していくと・・・。

今回の新型コロナウィルスこそ、本当の合図なのかな?なんて思っています。
だれがだれに合図を送っているんだ?って感じですけど。
一応、高次の次元から私たちへの合図だと信じたい。
そうじゃなきゃ、一体何って感じですが・・・。
(怖くてそんなことここには書けません。見つかったら、ブログ消滅させられそうですから)

学校で休校措置がとられたことで、学校の存在意義が今後問われていくでしょう。
学校で勉強をする意味とは?という根本的なことすら問われていくことになるでしょう。

一人、一人の子どもにAI機能がついているタブレットを持たせ、その子に合った学習教材が提供されていく・・・早くそうなってほしいものです。

既存のスーパーやドラッグストアも、ネットで注文して配達してくれるようになったら、買いものも楽なのに。
一応、それはあるんだけど、うまく機能していないから、開店前に並ぶお客様がいらっしゃるのでしょうね・・・。

これから企業の倒産とか、解雇が増えていって、暗い話題が増えていくのでしょうね・・・。

公務員以外は、ある程度安定した職なんて、この世の中からなくなってしまうかもしれないくらい・・・。

そうなるとベーシックインカムも急に現実味をおびてくる。

この一連の流れは、いい流れと捉えればいいのか、それとも逆なのか・・・。

今後の世の中の流れに、注視していきたいと思います。

なんで急にこんなことを記事にしているのかといいますと、私はもともと江原啓之さんの書籍を20代の頃からよく読んでいまして、スピリチュアルなことに関心があったのです。

折りに触れて江原さんの書籍を読み返してきました。

江原啓之さんのyoutubeを最近よく聞いていたら、本田健さんやハニーさんらの動画も見るようになって、数年ぶりにスピリチュアルな世界にはまりつつある、というのが最近の私です。

やはりこういう世の中の転換期がおこる意味とか、これからどうなっていくのかとか。
先の世界を見通せる人達はどのようにとらえておられるのか、知っておきたいと思うのです。

今後、家から出られない状況になったり、自由におカネをおろせなくなる状況になったりしても困らないように、ある程度備えておきたいと思います。

あっ、そういえば、昨夏大量に作った梅やすももの甘煮のビンづめやら、5キロほどの梅干しとか、結構役に立つかも?
甘いのと、しょっぱいのがあったら当分困らなそうだ・・・。

一番の心配は、自分自身がこれからの世の中で、何を仕事としていけばいいのかってことです。
メインパート=不登校関連の仕事は4月からどうなるかな?

サブパート=学童補助の仕事もどうなることやら?

土日アルバイト=ドラッグストアの早朝品出しは、当分は大丈夫そうかな。でも、この仕事も数年後にはあぶないかな?おそらく今後はお客様がスマホで注文して、配送センターから直接個人宅へ宅配、みたいな流れにかわっていくのでは?と思います。

一番の夢は、このブログからの収入で、食べていけるようになること。
今、現在では夢のまた夢ですが・・・。ゼロが3こくらい足りません。

さっそく江原啓之さんの本を紹介します。

あとはこれを買おうか迷い中。
ガスボンベで発電できるってところがいい・・・。
まあ、今回は災害ではないから、インフラは停止しないとは思いますが・・・。