新型コロナウイルスにまつわる不思議いろいろ



ネット上で見つけた新型コロナウィルスにまつわるいろいろなこと。
あくまでもネット上で見つけたことなので、信ぴょう性は定かではありません。
ちゃんとした論文をもとにした記事もありますが・・・。

新型コロナウィルスはすでに日本に何度も入ってきていた説→私自身も2019年12月にこれまでにかかったことがない不思議な風邪の症状
今思えば、私も新型コロナウィルスに感染していたのかも?と思わずにはいられない不思議な症状

老人が排出するコロナウイルスは強力説→福祉施設でクラスターが発生している。新型コロナウィルスご本人からしてみれば、その宿主に生息していても先が危ないので、猛毒化して、次の宿主を探してるの???

日本人はそもそもかかりにくい説→世界にはA・B・Cの3種類の新型コロナウィルスの型があって、日本を含む東アジアで流行している型はB型だそうな・・・。そもそも、B型、C型はA型から派生したもの。なのに、A型、C型は欧米で流行している型だそうな・・・。そもそも武漢発ではないってこと?A・C型は致死率高め???
A型はいったいどこから来たのですか???

都市封鎖をすると感染率が上がる説。諸外国でもそうですが、日本でも・・・。
そもそも感染率が上がってきたから都市封鎖をしたのであって、都市封鎖をしたから感染率が上がったわけではないとは思いますが・・・。

新型コロナウィルスで死亡するのではなく、自宅にとどまることを強いられるため、孤独に耐えられなくて死んでいく説。

新型コロナウィルスに感染するか、しないか。
感染しても、軽症か、重症か、亡くなってしまうのか・・・・。

その線引きはいったいなんなのだろうか?と思います。

江原啓之さんいわく、死は魂視点からみれば、決して悲しいことではないそうなので、新型コロナウィルスによって亡くなったからといって、むなしいとか、くやしいとか、無念とかそういうことではないのかも知れませんが・・・。

誰もが、死というものをこれほど身近に感じたことは戦争時以来、ここ数十年なかったことですから、そういう意味ではとても大きな意味があるのだと思います。

もしアフターコロナの世界があるとすれば、きっとだれもが1日1日を大切に生きる世の中になることでしょう・・・。

そして、やりたくもない仕事に従事するより、本当にやりたい仕事、一緒に飲みたくもない人とのつまらない会合より、本当に集いたい人との集まり、本当に自分がやりたいことにフォーカスした人生を歩んでいくことになるのでしょう・・・きっと。

アフターコロナの世界はそうであってほしいと思います。