父亡き後の実家をどうする?ベストな選択は何だ?




先日父の初めての月命日を迎えたばかりなのですが、早くもこんな話題が・・・。

これまでの心境の変化。

父がまだ存命だったときは、あんなボロ家なんか、売ってしまえ、なんて軽く考えていだけど、いざ父が亡くなり、意外ときれいな状態の実家を見てみると、まだまだこの家は人が住めるのではないか・・・?なんて淡い期待が頭をよぎり、ちょっとリフォームして、賃貸に出そうか、なんて考えも出てきたけど、いやいや待て待て、あんな家リフォームしたって、いったい誰が住む?と冷静になり、更地にして駐車場にしようか、はたまた思い切って売ってしまって、何もかもなしにしてしまおうかと、思い悩んでいるところです。

きっとだれもが通る道でしょう。

まあ、某政令指定都市のはずれの方にある、住宅街の中にある築40年の家ですから、まずそのままで住みたい、なんて人はいないでしょう。

直すとしたらほぼ全部直さなくてはならないでしょうから、金銭的に無理。

まあ、場所的には結構いい場所なので、更地にすれば売れるでしょう。更地にするにもお金がかかるし。

駐車場にしてもいいかも?

今現在の心境はこんな感じ。

さて今後どうなりますやら、兄と話し合いです。

いやな思い出がたっぷりつまった家なのに、いざ父が亡くなると、とたんに懐かしくなる。
2歳から17歳まで過ごした家。

兄と私で決断できるのでしょうか・・・?
(両親は離婚しているので母には口を出す筋合いは一切ない。すでに十分、口を出してきてはいるけど・・・。)